和訳【The Pagans/ What’s This Shit Called Love?】The Pagansとは Not Confused!迷わず行け

メッセージ性が強い曲は真面目だから、怒っていようと難解であろうと好き。

作った人間の熱を感じられるからだ。

明るい気分になりたいから、チャラいのをと思って聴くとカスカスな思いだけなために、聞いていて飽きてしまう。

結局のところ、その人の怒り、悲しみ、喜び、希望が聴きたいのだ。

とか、何とか偉そうな事を言っているが、とどのつまり、ラブソングが好きなだけなのだ。

歌詞なんて気にしない、、、って人多いけど、勿体な。

音楽の楽しみ方を一つ減らしてるようなモノよん。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国オハイオ州クリーヴランド出身のパンクロックバンド、The Pagans ペイガンズ。

スポンサーリンク[ad#go1]

1974年に結成。

初期パンクの流れを組む、疾走感ある楽曲が特徴。

一気にアメリカンパンクロックの注目株になるが、疾走しまくる性格故に、メンバーチェンジが激しいバンドになった。

今日Lyraが和訳するのは、彼らの結成当時の第一次(笑) The Pagans 期のメンバーの時のシングルだ。

The Pagansのスタジオアルバム『War of the Superbike』。

彼らの代表曲と言えるラブソングだ。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon ↓↓) 1st Studio Album “War Of The Super Bike” [Explicit] [CD, Streaming,MP3] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

The Pagans were an American punk rock band from Cleveland, Ohio, United States, that was originally active from 1977 to 1979. They reformed several times, from 1982-1983, from 1986-1989 and again in 2014-2017. Along with fellow Cleveland band The Dead Boys, the Pagans were part of the first wave of American punk music, and were also part of the second wave of Cleveland proto-punk and post-punk bands such as Pere Ubu.

Their song “What’s This Shit Called Love?” was covered by the Meatmen on their 1985 album War of the Superbikes.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= What’s This Shit Called Love? =

I saw it in books, I read it on TV
It  don’t mean nothing to me
Little  girl I’ve got a question
Come on, baby, teach me a lesson

What’s this shit called love?
I  don’t know
What’s  this shit called love?

I don’t know, baby I don’t care
Ain’t  got nothing that I wanna share
Look at you, is it feel something
Anything could better than nothing

Somebody help me please

1
2
1,2,3,4

What’s this shit called love?
And I don’t know
What’s this shit called love?

 

コイツを本で見たことがあるよ

TVでも読んだことがあるぜ

こんなもん

俺には何の意味もありゃしねぇ

なあ可愛いアンタに質問があるんだ

やってくれよベイビー

俺に教えてくれよ

 

こんなクソみたいな気持ち

愛ってヤツかよ?

わからねぇ

コイツが愛って奴か?

 

俺にはわからねぇ

ベイビー

気にしないよ

俺が分かち合いたいものは何の意味もありゃしねぇんだから

お前を見つめる

何かを感じるよ

何も無いよりはマシじゃないかな

 

誰か俺を助けてくれよ

1.

2.

1.2.3.4.

 

こんなクソみたいな気持ち

愛ってヤツかよ?

わからねぇ

コイツが愛って奴か?

Songwriter:.The Pagans

Translator: Lyra Sky 和訳

もう、単純に「好きやー!」が良い。

最高よ。

で、メンバーの動いてるところ皆んなみたいと思って探したけど、画像がイマイチなこれがマシな方なの。

良いのなくてゴメンね。でも再結成のライブみたいでオーディエンスも良い感じだから載せておきますね。

 

アメリカ合衆国オハイオ州クリーヴランドは、意外とパンクが盛ん。

彼らThe Pagansもそのパンクシーンの勢いに乗って現れたバンドだ。

彼らは、1977年に結成したバンドだが、その前に活躍していたThe Deadboys のフォロワーとして後に、頭角を現したパンクバンドになる。

それは、今で言う所の American Punk Rock Musicの 1st Wave だ。

この時期のアメリカンパンクロックには勢いがあり、根強いファンも多かったと言う。

因みに、2nd Waveもあり、それはProto Punkや Post Punkの部類にカテゴライズされていて、クリーヴランドではPere Uboなどがいた。

この時期にも再結成したThe Pagans も一緒にライブしていた。

1st Waveの中でも彼らは、このコンパクトな曲の中に、パンクバンドとしての潔さと、どこか聴きやすいメロディの良さを持っていたために、いつの時代のパンクキッズにも受け入れられ行ったのだろう。

(click  to amazon ↓↓) 1st Studio Album “War Of The Super Bike” [Explicit] [CD, Streaming,MP3] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

1974年にMad Staggersのガレージバンドとして、MikeとBrianのHudson 兄弟が中心となって結成されたThe Pagans 。

【Six & Change】が最初のシングルリリースで、メンバーは初期オリジナルメンバー。最後の方に詳細を書いておくので興味のある方は、そちらを読んで欲しい。

その後、vocalのRobert Connが抜けた為に、ギターをしていたMikeがvocalに転身する。

この時、代わりにギターは、Mike Metoff (Tommy Gunnとして知られる)が加入した。

しばらく安定したバンドメンバーだったが、👍こちらのMike (Metoff)は、 The Cramps クランプスに加入する(1983-1984) (→ 【The Mad Daddy】 和訳 Very Gifted Vulgar Couple! 悪趣味は美徳)に参加して大忙しに、、、。

結局、活動中アルバムもシングルもきちんとリリースし活動もしていたものの、5回も解散、再結成を繰り返し安定しなかった。

後にMike Hudson はジャーナリストになり、Niagara Falls Reporterの新聞社で働き、再結成を繰り返した。

Chelsea Hotel でオリジナルメンバーに近い形で再結成したのを最後に、2017年10月27日にヴォーカルのMike Hudsosonが死去。61歳だった。

スポンサーリンク[ad#go1]

パンクが好きではない人には、パンクは髪の毛をおっ立てて、ただフラストレーションを喚き散らしているだけだと思われがちだ。

確かにそれだけのバンドもいるし、

反骨精神や反体制派の意見を、普通の若者たちの代わりになって、意見するのがパンクの精神だと思う。

ただパンクパンドの中には、良質なラブソングを歌い、叫び、聴いているモノが共感してしまう魅力的な曲を作り出すバンドもいる、と言いたい。

前に紹介した The Undertones (→ 【Teenage Kicks】 和訳 解説 Get Excited! 青春万歳)などなど沢山あるから、聴いてみて欲しい。

Buzzcocks バズコックスのラブソングも切ないからオススメ。(→【Ever Fallen In Love】 和訳 Pete Shelley R.I.P. ピート・シェリー逝去)

 

人は見かけによらない、とは正にパンクスのことのように感じてしまう。

【What’s This Shit Called Love?】なんて、まるでヤンキー漫画に出てきそうな恋バナだ。

若い男子をターゲットにしていたのかな?と思われる、ティーンエイジャーの初恋の歌に感じる、、、または、久しぶりにマジな恋に落ちてしまった男の気持ちだ。

まあ、動揺してるみたいで「TVを読む」なんて、本とTVがゴッチャになっている慌て

方が KAWAIIと思ってLyraもキュンキュンしましたよ。

何か男心、わかりやすい人が良いや。

複雑な人は無理だなあ、と思った。

この【What’s This Shit Called Love?】みたいな単純なのが良い。

この主人公はメチャ悩んでいるけど。

悩むより、行動を起こそっ。

きっとLove Loveな2人になれるよっ!

 

スポンサーリンク[ad#go1]

The precursor to the Pagans was basement garage rock band the Mad Staggers, formed in 1974 by brothers Mike Hudson (guitar) and Brian Hudson (drums), and bassist Tim Allee. They formed the Pagans in 1977, adding singer Robert Conn (née Bill Digiddio) and issuing a debut single that year, “Six and Change”. By 1978, Conn had left (joining Defnics), with Mike Hudson switching to vocals and the addition of guitarist Mike “Tommy Gunn” Metoff. The Pagans released three additional singles: “”Street Where Nobody Lives” (1978), “Dead End America” (1979) and “Not Now No Way” (1979). After failed album sessions, the band broke up in November 1979.

Metoff subsequently formed the Clocks, later known as Radio Alarm Clocks, while Allee played in Broncs.

In 1982, Mike Hudson and Metoff joined forces again in new band Les Raving Sounds, which transformed into a new lineup of the Pagans, also featuring Conn on bass, Bob Richey on drums and Chas Smith on keyboards. This lineup toured and released The Pagans LP (later reissued as The Pink Album) before splitting again in 1983. Metoff then joined The Cramps from 1983-1984.

In 1986, Treehouse Records issued Buried Alive, a vinyl LP compilation of their recordings, sparking another Pagans reunion and resulting in the release of The Godlike Power of the Pagans Live (1987). This lineup (Mike Hudson, Metoff, Allee, Richey and additional drummer David Scott Liston) ended in 1989, although recordings from 1988-1989 were later issued on the 1990 German album Family Fareand live release The Blue Album (2008).

Metoff, Allee and Liston all recorded as part of Cheetah Chrome and the Ghetto Dogs; their 1987 recordings were issued as an eponymous EP in 1993.

During the 1990s, Mike Hudson briefly played with GG Allin and the Murder Junkies, recorded the Unmedicated solo album (not released until 2006), and sang for the Highrollers and the Styrenes.

Original drummer Brian Hudson, who had also played for the Kingpins, Jules Baptiste/Red Decade, Chris Bond Band, the Ashley Alexander Big Band, Backbønes and the Droogs during his 1980s career, died in 1991.

In 1994, a CD compilation of Pagans material, Everybody Hates You, was released by Crypt Records. In 2001, Crypt issued two other compilation CDs: Shit Street and The Pink Album…Plus!. Mike Hudson, Metoff, Allee and Richey held one-off reunion performances at the Rock and Roll Hall of Fame in Cleveland in 2003, and in Chicago in 2005.

Smith, who also played in Cobra Verde and Einstein’s Secret Orchestra, died in October 2007.

Metoff formed Motherfucker 666 with Jeff Dahl, Allee joined Lurid, while Conn later performed the music of the Pagans alongside similarly styled originals in his band Chelsea Hotel.

Mike Hudson, later a journalist and editor-in-chief of the Niagara Falls Reporter newspaper, chronicled the band’s history in his 2008 autobiographical book Diary of a Punk: Life and Death in the Pagans. He reformed the Pagans again in 2014 for the Hollywood High album, backed by an all-new lineup of Loren Molinare (guitar), Mike D’Amico (bass), Tony Matteucci (drums) and Ben Reagan (guitar). In 2015, he brought in another new lineup of John Dzubak (guitar), Eric Schrader (bass) and Justin Lack (drums).

Mike Hudson died on October 27, 2017, from sepsis at the age of 61

Members

Original lineup Mk. 1 (1977)
  • Mike Hudson – Guitar
  • Brian Hudson – Drums
  • Tim Allee – Bass
  • Robert Conn – Vocals
Original lineup Mk. 2 (1978—1979)
  • Mike Hudson – Vocals
  • Brian Hudson – Drums
  • Mike “Tommy Gunn” Metoff – Guitar
  • Tim Allee – Bass
Second lineup (1982—1983)
  • Mike Hudson – Vocals, guitar
  • Mike “Tommy Gunn” Metoff – Lead guitar
  • Robert Conn – Bass
  • Bob Richey – Drums
  • Chas Smith – Keyboards
Third lineup (1986—1989)
  • Mike Hudson – Vocals, guitar
  • Mike “Tommy Gunn” Metoff – Lead guitar
  • Tim Allee – Bass
  • Bob Richey – Drums
  • David Scott Liston – Drums
Fourth lineup (2014—2015)
  • Mike Hudson – Vocals
  • Loren Molinare – Guitar
  • Mike D’Amico – Bass
  • Tony Matteucci – Drums
  • Ben Reagan – Guitar
Fifth lineup (2015—2017)
  • Mike Hudson – Vocals
  • John Dzubak – Guitar
  • Eric Schrader – Bass
  • Justin Lack – Drums

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。