ブラック・ミラー【アシュリー・トゥー】ネタバレRachel Jack and Ashley Too あらすじ感想 Black Mirror

  2.あらすじ: 後編 

*ネタバレ有り

 

この時、アシュリーの叔母キャサリンが自宅にいなかったのには理由があった。

実はこの日、アシュリーに関するイベントのステージに立っていたのだ。

キャサリンはマイクをつけてたくさんの観客の前でステージに立っていた。そして大々的な発表があると皆に言う。

そしてステージに紹介したのが、「キャサリン・エターナル」と呼びだした、ホログラムのアシュリーの姿が映し出された。

人間の何倍も大きい姿のリアルなアシュリー。天井まで届く高さに、皆が驚く。自由に踊り動けるアシュリーのホログラムに皆が感動しているようだった。

バックステージにアシュリーの様に踊るダンサーが装置をつけていて、声は起きていた時のアシュリーの録音した時の声を使っているのだが、皆は本物が出てきたと思っているのだ。

 

(click to amazon↓↓) “Black Mirror Season3” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

そして会場が歌って踊るアシュリー・エターナルのライブに盛り上がるのだった。

その時、ステージにジャックの運転するネズミ駆除の車が突っ込んで来た!

そして車の中からは本物のアシュリー、本人が登場!

ステージの真ん中で驚いて入り叔母キャサリンにむかって、中指を立てるのだった。

キャサリン「クソッ」

それからしばらくして、、、

アシュリーは、どこかのライブハウスで盛り上がる観客の前で歌っている。ステージ上で自分の好きなように作った曲を歌うアシュリーは楽しそうに笑う。そしてその横には、ジャックがベースを弾いているではないか!2人はロックバンドを結成したのだ。そして妹のレイチェルは、2人のライブを見て大喜び!

アイドルのアシュリーが好きで見にきたファン達は、アシュリーの変貌ぶりについていけない人達もいて、「こんなの違うわ」と言ってライブハウスから出て行く。

だがアシュリーが本当に好きなレイチェルや同じファン達や新しいファンは、ライブハウスで盛り上がっている。

今夜のアシュリーも、絶好調だ!

3.Lyraの感想

かなりLyraは気に入ったし最高にスッキリした第3話でした。でも良くも悪くもいつものブラックミラーとは非常に違う、変わった作品でしたね。

このシーズン5もよく出来たオムニバス。全て計算されているのがあっぱれ。
第1話と第2話は近未来っぽいヴァーチャル話。
数年後にはこうなるだろう未来。

1話は愛する妻がいて何も不自由がない普通人の男性が、ゲームにハマってやばいことになるはなしだったが、面白い内容に反して終わり方が、曖昧で物足りなさは残ってしまったし、どっちつかずだからモヤモヤが残ってしまう。どうせならどっちか選べよ、て感じ。

そして2話は可哀想な話で後味が悪い。
逆恨みにも取れる話を非常にやるせない味付けにしてるため、無慈悲なエンディングが暗くなった。が、この第3話は真逆で終わり方がすっきりしていてオチに向かってすとん!とはまるところにはまっている。まるでエンジェルフィットや!

元々この第3話はLyraが狙っていた話でマイリーサイラスが出てるから、このブラックミラーを又、見たくなったのだ。その期待をどけても1番ハッキリ、すっきりしていて良かった〜。

このシーズン5がまた始まるということで前もって話題にはなっていたけれど、その中でも1番話題になっていたのが今作「アシュリー・トゥー」だった。あのお騒がせ歌手マイリー・サイラスが主演だからだ。

皆さんご存知マイリーは、あのディズニーチャンネルドラマ『ハンナ・モンタナ』で主役のハンナを演じたことで有名で、一気にスタンダムになった有名アイドルになった歌手・女優です。現在はロックぽい曲を歌うようになっていますが、歌手活動以外にも様々な作品に出演している女優さんでもある。

プライベートでは色々なゴシップで大騒ぎしていますが、最近は真面目に音楽活動をしていて女優業は久しぶりな感じですね。ビリーアイドルと共演した李、HMの歌を歌ったり最近は変身したなあ、て感じ。

だから、「このドラマを見た時にリアルな話に近いからマイリーは主演をかって出たんじゃないかな?」と思いました。

スポンサーリンク

アメリカのアイドルで世界中の若者に影響力があるアシュリーが、悪いおばさんに何年にも渡り薬もられていたり、自分の好きな作詞作曲もできず、アイドルのまま、と言うか、操り人形でいるのが嫌になったアシュリーが、逃亡計画をする、と言うのも、リアル話に近いだけに、見ていて可哀想になってしまいました。

この計画がおばさんキャサリンにバレてしまい、薬をもられて意識不明重体に。
それをアシュリーの大ファンで友人がいないJKの女の子と、鼻ピアスが可愛いちょいグレた姉が、助けると言う話が、良い感じにまとまっていて気持ち良いエンディングになってくれたので、他の2話のモヤモヤや暗い気持ちを吹き飛ばしてくれた感じがしました。

これは、自立と成長と家族愛の話だね。もちろんこの第3話も【ブラックミラー】らしく人工知能やヴァーチャルライブとか、最近出てきた誰でも持田香織の声で歌えるAIと同じことをやっているので、ファンタジーでも絵空事でもなく、リアルに感じる話だったから、面白くて良かったと言うのもあります。

でもいつもと違うブラックミラーだけど、ラストの悪人やっつけて、自分らしく生きることを勝ちとり、収まるところに収まって、ハッピーエンドだから後味悪くない所が異色で新しいブラックミラーを見た気がします。きっと賛否両論あるとだろうけど。この新鮮さも大事だと思う。

だってただ明るいだけの話ではないからだ。

アシュリーの初めの部分は、歌と後半のアシュリー・トゥーとの掛け合いなど作品自体の雰囲気は明るい。でも本当は、作曲をしても歌えなくてアイドルとしてしか生きていけない葛藤は暗くのし掛かる闇の様。生きる上で誰しもが悩む葛藤でもあるから、絵空事ではないのが良いです。

デビュー当時のマイリーが「ハンナ・モンタナ」のイメージを脱却出来ずにしばらくをティーン向けの曲だったし、先程話した様に、最近は真逆のヘヴィなロックばかりを歌う様になった姿をそのまま描いている様で、それを知っている私や昔からのファンは、より強くこのストーリーに惹きつけられたと思います。

実際のマイリーのパパは、あのビリー・レイ・サイラスだから、ショービジネスの先輩として理解あるだろうし、こんなキャサリンみたいな悪い家族ではないと思うけど、ダイアンレインの親とか、リバーフェニックスなど、大人気の子役スターの親の中には、リアルに叔母キャサリンみたいに金を巻きあげる人もいるため、作り物の話だと簡単には片付けらない現実味もあるのです。

アシュリーを元にしたAIロボットのアシュリー・トゥーも可愛い。

AIロボットだけどアシュリーの脳みそコピーだから、本人とも言えるわけで‥と考えたら怖いな。

多分言葉づかいが、恐ろしく悪いからリミッターをかけていたんだろうけど、使っていたのが4%だけだったってのが、笑う!どんだけやばいのアシュリーっ。   

あと個人的には姉のJackのキャラが良い。姉妹はママが亡くなってから孤独で悲しみから抜け出せなかったこともあり、Rachelは内向的に、Jackはベースと音楽にのめり込み外界をシャットアウトしている。そんな状況でも半グレには見えても、暗いばかりではなく、妹を思いやる健気な姿が素敵だし、鼻ピアスにロックTのルックスでも普通の女の子らしさもあって一生懸命生きていて愛おしくなった。

 

今回のシーズン5は、ブラックミラー特有のエロシーンは、第1話にお任せって感じで、Sad Storyは第2話が担当し、この第3話ではセクシーさは皆無だが、ハッピーエンドでスッキリしていて爽快だ。誰が見てもきっと気分が前向きになれる話だと思います。

因みに楽曲は、全てNine Inch Nails ナイン・インチ・ネイルズの楽曲である。

少し弄っていて、トレント・レズナーの歌詞を『ブラック・ミラー』の作者であるチャーリー・ブルッカーが書き直したものだ。この中でラストに歌われた曲はこのブログで和訳解説しているので良かったら読んでくださいね。↓↓

Nine Inch Nails【Head Like A Hole】和訳 宗教政治と献金 Religion And Money

 

ブルッカーは、メディア向けのイベントで、自分が歌詞を変えることをトレント・レズナーは快く承認してくれたと語っている。

「トレントはすぐに趣旨を理解して、Eメール経由で速攻で納得してくれたよ。彼に脚本を見せて、僕は彼の歌詞を明るい感じに書き換えたんだ」

さらに番組内で使用された『プリティ・ヘイト・マシーン』収録のヒット曲【Head Like a Hole】の歌詞については、

「僕は世界一優れた作詞家というわけではないけど、彼女が最初に歌う曲は、「お前にふさわしい報いを受けるだろう」という歌詞の代わりに「あたしは野心と気力で燃えている」としたんだよ」と語る。

野心と気力に燃えている!

最高ではないか。

「リアルなマイリーのバイオグラフィーか?」なんて色々考えられるのも楽しいし、この生き様の良さも素晴らしい。

自分らしく生きることの素晴らしさ!

まあ、自分らしくって、あんなにアシュリーみたいに汚い言葉遣いになる事じゃないけど(笑)、ありのままでいられて、そんな自分を愛してくれる場所で、自分が思い描いた様に生きていくことが幸せなんだとLyraは強く強く心から思います。

だから、きっとジャックやレイチェル達に見守られて生きていけるアシュリーも幸せなんだわ!

 

(click to amazon↓↓) “Nine Inch Nails/ Pretty Hate Machine” [Analog] ナイン・インチ・ネイルズ、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓) “Black Mirror Season4” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

Memo

Rachel, Jack and Ashley Too” is the third and final episode of the fifth series of the anthology series Black Mirror. The episode was written by series creator and showrunner Charlie Brooker and directed by Anne Sewitsky; it was released on Netflix on 5 June 2019, alongside “Striking Vipers” and “Smithereens”.

  • Miley Cyrus as Ashley Ortiz / Ashley Too (voice)
  • Angourie Rice as Rachel Goggins
  • Madison Davenport as Jack Goggins
  • Susan Pourfar as Catherine Ortiz
  • Marc Menchaca as Kevin Goggins
  • Jerah Milligan as Busy G
  • Daniel Stewart Sherman as Bear
  • James III as Habanero
  • Nicholas Pauling as Dr. Munk

(click to amazon↓↓) Fnko Pop “Black Mirror- Ashley Too Do” [Figure] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

 

よく出来たオムニバス。
第一話と第二話は近未来っぽいヴァーチャル話。
数年後にはこうなるだろう未来。
1話は愛する妻がいて何も不自由がない普通人の男性。
ただ最近幸せ過ぎてマンネリしてる。
そんなノホホン男が、親友とゲームすることになり、たまたま仲良しなガタイが良いメイトが選んだキャラが色っぽい女の子だったから、あら大変!
これまたたまたま、そんな気になって…やっちゃったらヴァーチャルな世界なのにピッタリ。
あの相性が最高に合う同性の友人か
愛する妻か…ハートは妻なんだが、って所が何とも言えないキモさと、性欲には勝てないのか?とか考えると、女だから奥さんの気持ちになってしまい、こんな旦那は嫌だわ、と言う嫌な気分にはなりますね。
ただストーリーとしては、リアルにありそうだから、そのうち人類よりAIと付き合うと言う選択をする人が主流になりそう。
終わり方は、曖昧な感じで物足りなさは残る。どっちつかずだから。どうせならどっちか選べよ、て感じ。
ただリアルには同性の親友とはやる気になれないのだから、妻にしとけよ。とモヤモヤします。

そして2話は可哀想な話で後味が悪い。
逆恨みにも取れる話だから、誰が悪いとか言えないのだが、愛する彼女を死なせてしまった男性の復讐劇。
SNSを見ていたら運転中にチラ見して…事故ったという責任から誘拐に発展。
最後は可哀想な終わり方。
無慈悲なエンディングが暗くなります。

 

3話はLyraが狙っていた話でマイリーサイラスが出てるから、このブラックミラーを見たのですが、その期待をどけても1番ハッキリ、すっきりしていて良かったです。
アメリカのアイドルで世界中の若者に影響力があるアシュリーが、悪いおばさんに何年にも渡り薬もられていたり、自分の好きな作詞作曲もできず、アイドルのままと言うより操り人形でいるのが嫌になったアシュリーが、逃亡計画をするのですが、おばさんにバレてしまい薬をもられて意識不明重体に。
それをアシュリーの大ファンで友人がいないJKの女の子と鼻ピアスの姉が、助けると言う話。
自立と成長と家族愛の話かな。
これも人工知能やヴァーチャルライブとか、最近出てきた誰でも持田香織の声で歌えるAIと同じことをやっているので、ファンタジーでも絵空事でもなく、リアルに感じる話で面白くて良かったです。

ラストも悪人やっつけて、自分らしく生きることを勝ちとり、収まるところに収まって、ハッピーエンドだから後味悪くないし、「マイリーサイラスの最近のヘヴィメタやハードロックアーティストとのコラボは、こんな心情があったから?」
なんて思えるし楽しいですよ。自分らしくって、あんな汚い言葉遣いになる事じゃないけど(笑)、ありのままでいられてそんな自分を愛してくれる場所で生きていくことが幸せなんだと思います。
だからきっとアシュリーも幸せなんだわ。

 

スポンサーリンク


Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。