【Sultans Of Ping FC / Where’s Me Jumper?】 和訳 Marx & Disco! 親日家の探し物は見つかるか? Lyrics

 

 

 

「知る人ぞ知る」存在。

って、やっぱり格好良いの?

レアや、マニア向け、B級…

何だかワクワクすっぞ!(Dragon Ballのていで)

They’re be well know but to the few.

Is it valuable thing?

Rare, For Manic peole, B greade Movie…

Wow,I’m so excited!

今日Lyraが和訳 & 解説するのはアイルランドはコーク出身のPunk Rock バンド The Sultans Of Ping FC サルタンズ・オブ・ピンFC。

フォロワーさんとアイルランドの音楽についてお話していた時に、このバンドの話をしたらご存知なかったので、今回その方の為にThe Sultans Of Ping FCをご紹介します。

いつも良くして頂いているお礼に。

スポンサーリンク

1988年にNiall O’Flaherty ニール・オフラエティ(日本語表記はニールだけど、ナイアールじゃない?)、Pat O’Connell パット・オコネル、Paul Fennelly ポール・フェネリー、Ger Lyons ゲア・リヨンズの4人で結成。

見た目は良くいるアイルランド系バンドマンだが、Liveだとヘロヘロしながら暴れるという頑張り具合がなかなかキモくて良いバンドです。

バンド名の決め方も変わっていて、Dire Straitsの局”Sultans of Swing” からヒントを得たらしい。

変だね。^_^

でも、「その変だね」とか「嫌な感じ」とは言ったらいけないんだって。

ダイアーストレイツに罰当たりなことなんだって、、、

そう言うことを言っているNiallが本気かどうかは分からないよ。

だってリップサービスしまくって真実は隠しちゃうタイプに見えるの。

今日Lyraが和訳した【Where’s Me Jumper 】が正に真実を隠してる風なのだから。

真実を語りながら深い話をしてるのか?

ただの愚痴なのか?

それはLyraの和訳の後にお話ししましょう。

( Click To amazon ↓ ↓ ) The Sultans Of Pin FC ” Casual Sex In The Cineplex”  クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

The Sultans of Ping FC are an Irish band formed in 1988 by Niall O’Flaherty, Pat O’Connell, Paul Fennelly and Ger Lyons.

The band’s name is a play on the Dire Straits song “Sultans of Swing”, dating from a time when “it was sacrilege to say anything whatsoever funny or nasty about Dire Straits”.

 

スポンサーリンク

= Where’s Me Jumper =

My brother knows Karl Marx
He met him eating mushrooms in the people’s park
He said, “What do you think about my manifesto?”
“I like your manifesto, put it to the test-o”
Took it straight down to meet the anarchist party
I met a groovy guy, he was arty-farty
He said, “I know a little Latin: anicus anicae”
Said, “I don’t know what it means,” he said, “Neither do I”
Eat natural foods, bathe twice daily
Fill your nostrils up with gravy
Don’t drink tea and don’t drink coffee
Cover your chin in Yorkshire toffee

Dancing in the disco, bumper to bumper
Wait a minute, where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?

Dancing in the disco, bumper to bumper
Wait a minute, where’s me jumper ?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Oh no

Dancing in the disco, go, go, go
Dancing in the disco, oh no, oh no, oh no
Dancing in the disco, go, go, go
Dancing in the disco, oh no, oh no

It’s alright to say things can only get better
You haven’t lost your brand-new sweater
I know I had it on when I had my tea
And I’m sure I had it on in the lavatory
Oh no

Dancing in the disco, go, go, go
Dancing in the disco, oh no, oh no

Dancing in the disco, bumper to bumper
Wait a minute, where’s me jumper ?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?

It’s alright to say things can only get better
You haven’t lost your brand new sweater
Pure new wool and perfect stitches
Not the type of jumper that makes you itches
Oh no

Dancing in the disco, go, go, go
Dancing in the disco, oh no, oh noAnd my mother will be so, so angry
And my brother will be so, so angry
And my girlfriend will be so, so angry
And my dog will be so, so angry’Cos I was dancing in the disco, bumper to bumper
Wait a minute, where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Where’s me jumper?
Oh no
僕の兄貴はカール・マルクスを知ってるよ
会った時、ネープリゲトでキノコをを食べていたんだと
彼はこう尋ねて来たってよ
「私の声明をどう思うかね?」
兄貴はこう答えたんだ
「貴方の声明文は好きですよ〜!
 あの環境機器メーカーに載せちゃえばあ?」
真っ直ぐ無政府主義者達が集まるパーティー参加しに行ったよ
僕はそこでイカス男に出会ったんだ、なんかお洒落で優雅な感じって言うの?
そしたらソイツが尋ねて来たんだ
「俺はラテン語がチョット分かるんだよ、アニカス・アニケス」
何だか分かんないから、どう言う意味?て言ったよ〜
そしたら「俺も分かんない」だって
自然食品を食えよ
1日2回は風呂に入ってよね
旨い汁は鼻の穴からすすって溜めといて
紅茶は飲んじゃダメ
コーヒーも飲んじゃダメ
ヨークシャー州のウェールズ人で顎は隠しておかなきゃね
ディスコで踊り狂う、数珠つなぎで踊ろう
ちょっと待って、僕のセーターどこ行ったのかな?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
ディスコで踊り狂う、数珠つなぎで踊ろう
ちょっと待って、僕のセーターどこ行ったのかな?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
ああ、嫌んなっちゃうよ
スポンサーリンク
ディスコで踊る〜  踊れ、踊れ、踊れ!
ディスコで踊る〜  ああ、やだ、ああ、やだ、ああ、やだ!
ディスコで踊る〜  踊れ、踊れ、踊れ!
ディスコで踊る〜   ああ、やだ、ああ、やだ、ああ、やだ!
物事は良い方向にだけ進んでる、って話すのはいいんじゃないの?
おニューのセーター無くしちゃった訳じゃないもんね
分かってるよ、オヤツ食べてる時は僕は着てたもんね
それに、おトイレにいる時も、僕は着てたのをはっきり覚えてる、、、ヤバ、やっちゃった?
ディスコで踊る〜、踊れ、踊れ、踊れ!
ディスコで踊る〜、ああ、やだ、ああ、やだ、ああ、やだ!
ディスコで踊り狂う、数珠つなぎで踊ろう
ちょっと待って、僕のセーターどこ行ったのかな?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
 僕のセーターどこ行ったの?
物事は良い方向にだけ進んでるって話すのは良いんじゃないの?
おニューのセーター無くしちゃった訳じゃないもんね
純羊毛でさ、最高なステッチ入りだよ
あんなムズムズさせるタイプのセーターはもう無いよ
ああ、ダメだ!
ディスコで踊る〜、踊れ、踊れ、踊れ!
ディスコで踊る〜、ああ、やだ、ああ、やだ、ああ、やだ!
やだな、それに、母さんがすっごく、すっごく怒るだろうな
兄貴もすっごく、すっごく怒るだろうな
僕の彼女もすっごく、すっごく怒るだろうな
僕の犬もすっごく、すっごく怒るだろうな
だってさ、僕ったらディスコで踊り狂ってただろう、
 

数珠つなぎで踊ってたじゃない?

ちょっと待って、僕のセーターどこ行ったのかな?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
僕のセーターどこ行ったの?
 僕のセーターどこ行ったの?
ああ、嫌んなっちゃうよ
Translator: Lyra Sky

歌詞の初めに出て来るワード Karl Marx は、あの有名なドイツの社会主義者であり、経済学者のマルクスのこと。

そんな人と歌詞の中に出て来る主人公のお兄ちゃんが知り合いな訳無いんだけど、マルクスに自分の掲げる声明が良いかどうか聞かれてしまう場所が、people’s park。

そのまんまだと国民公園の事なんだけれど、マルクスはドイツ人だから、ドイツには、Nepliget ネープリゲトというブタペストに国民公園があるので、深読み大好きLyraだからNepligetにしたよ。

だから、ドイツ関連で1番の歌詞はまとめてました。

manifesto にかけて test – oと言っているのはダジャレ。

そんな感じに言葉遊びがアチコチにある歌詞だからLyraの好物に近い。

だから、今回選んだの。

Jumperもイギリスではセーターや作業着のことだけど、Discoでダンスしてるからジャンプしてる人の意味にもなるんだよね。

最悪な意味もあるんだけど、このバンドはShoege シューゲイザーじゃないから、そちらの意味では無い。

となると、歌詞のラストにも説明が出てきたのでセーター探しの歌にしました。

今、日本では、正にタイムリーな「酒に酔っ払って記憶が無くなりました」系の歌ざんす。

バーかクラブで知り合いと世間話、それも嘘っぽい話をしながら、失せ物に気づいて、お気に入りだったから大慌てする、という歌だ。

 

( click to amazon ↓ ↓ ) album CD “Casual Sex In The Cineplex”          クリックしてアマゾンへ

  

曲調がToy Dollsに似た感じのおちゃらけたPunk Rock 。

Toy Dolls のLive を見た事があるけれどノリと勢いOnly。

後はお客を巻き込んで騒ぐというのが面白かった。

だから、こういうPunk Rock, Indie Rockは、気を抜いてノリで聴けば良い。

でも、Sultans Of Pin FCには、どこか物悲しさが伝わって来るからボケーっとノリだけでは聴いていてダメな気がして来るから不思議だ。

それは、やはり、歌詞の捻くれ者具合のせいね。

青臭い少年にも思える男の笑い話に、無くしたセーターが大事なハートのように思えて来る。

ただ、単にディスコで踊れ!と言ってる掛け声が、

苦しい現実から逃避しろ!と言ってる情けない人間の自白に聞こえてきてしまう。

あー、またLyraの深読み。

だけど、あのアイルランドの寒い夜にセーター無くしたら凍えてしまうわよ。

それも、お気に入りの、おニューの、ウール100%の可愛いステッチ入り、、、。

自宅に帰ったら家族に、彼女に、愛犬にまで叱られる。

かなり残念さが伝わって来るでしょう? (笑)。

この無くしたものは、ハートだね。

そして、ハートをなくした人間にはアイデンティティさえも無くしてしまう、、、。

極感と極寒の歌なんだ。

目の前の災難に目を瞑るようにして、果たして主人公は探し物を見つける事が出来るのかしら?

トイレで最後に着ていた記憶がある、、、なんて言ってたけれど。

良からぬ事をしていたから無くしたんだね。

もう、ヤバイことはしちゃいけないし、現実から目を背ける事もしちゃダメよ。

 

スポンサーリンク

Sultans Of Pin FCは、1992年にこの【Where’s Me Jumper】をEpicからリリースしてイギリスでチャートイン。アルバム26位。アイルランドではシングル8位の人気ぶり。

日本でも丁度Suedeや Manic Street Preachersなどのイギリスのバンドブームがジワジワ来ていたから便乗して(Fanの人ごめんなさい)良い感じの出だしを切った。

来日もしたし The Sultans Of Pin FCのメンバーは、かなりの親日家だったから日本のファンも結構いたし、真似してる人達もいたよね。

“Michiko” というシングル出したし、日本だけアルバムリリースと言うのもやった。

ただ、本国のレコード会社の移籍とか色々、大人の事情が起きてしまう。

心機一転、The Sultans Pin と改名してやり直すけど、いまいちセールス的に伸び悩んでしまい3枚のアルバムリリースした後、1996年に解散してしまう。

その後、音楽活動続けるものや教鞭に立つもの、メンバーそれぞれの道を歩み、2005年にまた再結成。

現在も地元アイルランドやイギリスでライブツアーしているようだ。

お休みしていた期間も入れたら30周年!

今年30周年記念ライブやるみたいだから、ひょっとしたら新譜リリース、からの来日決定!なんてあったりするかもよーん。

Punks好きさんや、

Indie Rock好き、

Ireland アイルランド好きの人はSultans Of Pin FCのロックを聴いてみてね。

馬鹿騒ぎ出来て楽しいよ。

そして、チョッピリ捻くれ者のアイルランド人の愚痴でも聴いてみよう。

Irish Beer 片手にね!

Impact

“Where’s Me Jumper” featured as the theme song to the 2012 Sky1 series Moone Boy,  and was the closing song in the 2016 Irish comedy, the Young Offenders.

The band later explained that the song was based on a real incident in Nottingham hotspot The Black Orchid, however the item lost was in fact a cardigan.”Give Him a Ball and a Yard of Grass” is the theme song used by Irish national radio station News talk  106 -108 on their ‘Off The Ball’ sports show.

 スポンサーリンク

 = Sultans Of Ping FC =

 Orgin: Cork, Ireland
Genres: Punk rock, indie rock
Years active: 1988-1996, Reformed 2005
Members: Niall O’Flasherty
Pat O’Connell
Ian Olney
Morty McCarthy
Sammy Stieger

Band members

  • Niall O’Flaherty – vocals
  • Pat O’Connell – guitar
  • Paul Fennelly – bass (until 1990)
  • John McAuliffe – bass (until 1991)
  • Alan McFeely – bass (1991–1996)
  • Ian Olney – bass (from 2005)
  • Morty McCarthy – drums (from 1991)
  • Ger Lyons – drums (until 1991)
  • Samuel Steiger – guitar (from 1995)

Following a number of line up changes the band came to the attention of the UK and Irish music press,  when “Where’s Me Jumper” was released in 1992.

After several other independently released singles,  the band signed to Epic Records,  through a deal organised by Rhythm King Records’ Martin Heath.

With Epic, the band released their debut album Casual Sex In The Cineplex,  and its follow up Teengae Drug, with additional tracks gaining a Japan – only release.

Teenage Drug was renamed Teenage Planet Sexy War in Japan, and included the single “Michiko”.

Renaming themselves as The Sultans, they released their third album Good Year For Troublein 1996. However, the album cover’s artwork caused problems, as major record chains like HMV and Virgin decided that the display of bondage and S&M was too explicit.  By this time, Rhythm King had been absorbed into  Arista Records, as Martin Heath became the head of the department. The record label released the band from their recording contract.

Following a split 1996, McCarthy joined the band Pharmacy, O’Flaherty was involved in producing the Japanese girl band Mika Bomb, while McFeely formed the rock and roll band, Sister, and later recruited a former member of The Young Offenders, Steve Hackett. McCarthy moved to Stockholm where he taught English.  Vocalist Niall O’Flaherty subsequently pursued a career in academia.

The band reformed as The Sultans of Ping in 2005, and played a number of gigs with Jim Bob of Carter The Unstoppable Sex Machine.

In 2006, the group played a show with Radio 2’s Mark Radcliffe, and his band The Family Mahone,  as part of Manchester’s  yearly Irish Festival. The band played several subsequent gigs in 2007, at the Brixton Academy in London (with Carter The Unstoppable Sex Machine), in Glasgow, and in Roscommon.

They have played a number of gigs in 2008 including Southend, London and Cork.

Drummer Morty McCarthy has written a book on Cork slang entitled Dowtcha Boy. The title of the song “Give Him a Ball and a Yard of Grass”, which appeared on their first album, about Nottingham Forest player Nigel Cough based on a quote from football manager Brian Clough about John Robertson.

The song contains several more of his sayings in its lyrics. This was given away free with Nottingham Forest Fanzine ‘Brian’ as a one track flexi -disk in April 1992.

The band were announced as the support act for Carter The Unstoppable Sex Machine’s ‘Norf and Sarf’ show at London’s Brixton Academy in November 2011.

In April 2015, the Sultans played a one-off sold out gig at the Soundhouse, Leicester.

Today Niall O’Flaherty is a Lecturer in the History of European Political Thought at King’s College London. specialising in 18th and 19th-century thinkers such as Thomas Robert Malthus and Charles Darwin.

Pat O’Connell is in banking in London. Alan McFeely moved into film music. Morty McCarthy teaches English in Sweden.

Discography

Albums

As The Sultans Of Ping FC:

  • Casual Sex In The Cineplex ( Rhythm King Records – Feb 93) No.26 ( UK Album Chart)

As The Sultans Of Ping:

  • Teenage Drug (Epic Records – Mar 94) No.57 (UH Album Chart)

As The Sultans:

  • Good Year For Trouble ( Arista Records – June 1996)

Singles

As The Sultans Of Ping FC:

  • “What About Those Sultans?” EP featuring “Stupid Kid” / “Riot at the Sheepdog Trials” / “Eamon Andrews”
  • “Where’s Me Jumper” (Divine Records  ATHY 01 – Feb 92) No. 67 UK Singles Chart)No. 8 (Ireland)
  • “Stupid Kid” (Divine Records ATHY 02 – May 92) No. 67 (UK Singles Chart) No. 11 (Ireland)
  • “Veronica” (Divine Records ATHY 03 – Oct 92) No. 69 (UK Singles Chart)
  • “You Talk Too Much” (Rhythm Kin@ Records 6588877 – Jan 93) No. 26 (UK Singles Chart)No. 4 (Ireland)

As The Sultans Of Ping:

  • “Teenage Punks” ( Epic Records – Sep 93 ) No. 49 (UK Singles Chart)
  • “Michiko” (Epic Records – Oct 93 ) No. 43 (UK Singles Chart)
  • “Japanese Girls” (Sony Japan – 1993)
  • “Wake Up And Scratch Me” (Epic Records – Feb 94) No. 50 (UK Singles Chart)
  • “Miracle Michiko” EP (Japan only release – 1994)

As The Sultans:

  • “Mescaline” (1996) No. 21 (UK Independent Chart)

As The Sultans Of Ping:

  • “Girlwatching” (2007)
スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪