Ava Max / Sweet but Psycho 和訳 解説 Creepy Cute! キモカワ大作戦

強くないと生きていけないということか?

最近の女性アーティスト達は皆、強い。

嫌なことが起きても、挫けない。

挫けないどころか、それを糧にして這い上がる。

ネタにまでしてしまう。

Super womanみたい。

でもね、それって嫌な呪縛から自分を浄化するための儀式かも?

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ウゥスコンシン州 ミルウォーキー出身のシンガーソングライター、Ava Max エイバ・マックス (本名: Amanda Avakoci   1994年2月16日- )。

2017年から音楽活動を始め、現在、アメリカンチャートを急上昇中のシンガーであり、これから化けそうな女の子でもあるの。

スポンサーリンク

Ava Maxはウィスコンシン州から音楽活動を始めたが、マインドはアルバニア人だ。

サランダとティラナから(どちらもアルバニアの大きな都市)移民としてアメリカ合衆国に来たルーツがある。

そのルーツのせいか、とても無国籍な雰囲気が漂い、聴いていると不思議な気分にさせてくれる。

今日は皆んなにも不思議な気分になってもらおう。

本当はSoulful ブラックソウルなシンガーを紹介するつもりだったの。

でも昨日、「【I Wanna Be Your Man】 Rolling Stones 和訳 解説 Brian Jones’ Birthday! ブライアン・ジョーンズについて」

を紹介したし、何となく今 POP な気持ちだから急遽変更して、激POPのAva Maxの最新ヒット曲 【Sweet but Psyco】を和訳しますね〜。

キモカワよん。

詳しい解説は、Lyraの和訳の後に又お話ししましょう!

ハートわしづかみ!

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Single “Sweet but Psycho” [Download] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

(click to amazon ↓ ↓ ) “Sweet but Psycho” Paul Morrell Remix [Download] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Amanda Ava Koci (born February 16, 1994), known professionally as Ava Max, is an American singer and songwriter. She is best known for her single “Sweet but Psycho”, which topped the charts in seventeen countries.

スポンサーリンク

= Sweet but Psycho =

[Chorus]
Oh, she’s sweet but a psycho
A little bit psycho
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
Oh, she’s hot but a psycho
So left but she’s right though
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”

[Verse 1]
She’ll make you curse, but she a blessing
She’ll rip your shirt within a second
You’ll be coming back, back for seconds
With your plate, you just can’t help it

[Pre-Chorus]
No, no
You’ll play alo-o-ong, let her lead you o-o-on
You’ll be saying, “No, no”
Then saying, “Yes, yes, yes,” ‘cause she messin’ with your head

[Chorus]
Oh, she’s sweet but a psycho
A little bit psycho
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
Oh, she’s hot but a psycho
So left but she’s right though
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”

[Post-Chorus]
Grab a cop gun kinda crazy
She’s poison but tasty
Yeah, people say, “Run, don’t walk away”
‘Cause she’s sweet but a psycho
A little bit psycho
At night she screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
[Bridge]
You’re just like me, you’re out your mind
I know it’s strange, we’re both the crazy kind
You’re tellin’ me that I’m insane
Boy, don’t pretend that you don’t love the pain
[Chorus]
Oh, she’s sweet but a psycho
A little bit psycho
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
Oh, she’s hot but a psycho
So left but she’s right though
At night she’s screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
[Post-Chorus]
Grab a cop gun kinda crazy
She’s poison but tasty
Yeah, people say “Run, don’t walk away”
‘Cause she’s sweet but a psycho
A little bit psycho
At night she screamin’, “I’m-ma-ma-ma out my mind”
アア、彼女は、なんて可愛らしい子なんだろう、なのに精神異常者

ちょっとばかりイカレてる

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

アア、彼女は、なんて色っぽいんだろう、なのに精神異常者

だから置いてけぼり、でも彼女はどうにかやり過ごすの

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

彼女はアンタに呪いを掛けるだろう

だが彼女は、神に祈り自らを祝福する体たらく

彼女は、アンタのシャツをあっと言う間に切り裂いてしまうだろうね

アンタは戻って来るだろう、一瞬で足元でも固めてから戻って来る

止めるのは無理だな

 

ダメ、ダメ

とりあえず遊ぶふりしてましょう

彼女がアンタをリードしてくれるって

アンタは言うんだろうね、「やめて、やめてくれ!」ってさ

そして、そのうち「やって、やってくれ!」ってなるんだよ

だって、彼女がアンタの頭をこねくり回りしたからさ!

アア、彼女は、なんて可愛らしい子なんだろう、なのに精神異常者

ちょっとばかりイカレてる

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

アア、彼女は、なんて色っぽいんだろう、なのに精神異常者

だから置いてけぼり、でも彼女はどうにかやり過ごすの

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

チョッピリ気が狂った警官の銃を掴み、

彼女は毒されているけれど凄く魅力的だわ

まあね、みんな言ってるよ
「逃げろ!のんびり歩いて行くな!」ってね
彼女は、なんて可愛らしい子なんだろう、なのに精神異常者

ちょっとばかりイカレてる

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

アンタは、まるで私みたい
アンタったら、イかれてるわ
変人だって分かってるわよ
私たち2人とも、変態の部類よ
アンタったら私に「君は狂ってる」って言ってるわね
僕ちん、いい加減やめなよ、痛みを愛していないふりするのはさ!
アア、彼女は、なんて可愛らしい子なんだろう、なのに精神異常者

ちょっとばかりイカレてる

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

アア、彼女は、なんて色っぽいんだろう、なのに精神異常者

だから置いてけぼり、でも彼女はどうにかやり過ごすの

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

チョッピリ気が狂った警官の銃を掴み、

彼女は毒されているけれど凄く魅力的だわ

まあね、みんな言ってるよ
「逃げろ!のんびり歩いて行くな!」ってね
彼女は、なんて可愛らしい子なんだろう、なのに精神異常者

ちょっとばかりイカレてる

夜になると叫び出す「私は、わ、わ、わ、私はどうにかなりそうよ!」

Songwriter: Amanda Ava Koci / Madison Emiko Love / Andreas Haukeland / William Bean Lobban / Henry Russell Walter

Translator: Lyra Sky 和訳

これ見て真っ先にLyraが思い出したの何だと思う?

 Lady Gaga  レディー・ガガよ。

彼女と似たピコピコなデジタルサウンドチックなメロディ。

それと、Gagaの奇抜なファッションまでは行かないにしても、Gagaブランド(があればの話) のセカンドラインですよ〜的な雰囲気が、まるで、変わり種が好きなMTV全盛期だった頃の LA Fashionをパクった感じで好き者達にウケると思うの。

この狙い方、、、今、全世界で大人気であり、ゲイコミュニティのお姉様方に愛されている【 Dua Lipa デュア・ リパ みたいじゃない? (【New Rules】和訳 Freedom from Ambiguity! LGBTの皆んなが愛する新女王誕生⁈を参照)

今また、80年代90年代ポップが流行りなのねん。

でも、この感じ悪くない。

歌詞の狂った感情をマイルドにしてくれるから。

大勢に浸透させられるもの。

POPな力は絶大よ。

スポンサーリンク

 

Ava Max はウィスコンシン州ミルウォーキー出身だが、ハイスクールに入学するまでは、ヴァージニア州で育った。

でも、両親がアルバニア人でヴロラ州のサランダとティラナ県の首都出身の移民。

その為、自分のルーツに誇りを持っていて自らのことを「100%アルバニア人よ」と言っている姿勢が素晴らしいと思う。

自らのルーツに誇りを持つものは、両親や家族に愛を注げる人だと思うからLyraはそういう人間を見ると応援したくなるのだ。

愛を知っている人は、強い。

そして、前向きなパワーん放つ。

「可能ならば、アルバニアのコミュニティに戻りたくなるの」というAva は強くて愛を信じている素敵な子に違いない。

だから、愛に狂った女の子の気持ちを嫌味なく歌えるのだろう。

下手するとドロドロか、お下劣になりかねない狂気の愛の歌を可愛くPOPに仕上げてしまうのは、彼女の前向きさからなのだ。

だからこそ、ヒットチャートを現在上り始めて、皆が聞かれ受け入れられているのだろう。

(click to amazon ↓ ↓ ) Single “Sweet but Psycho” [Download] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

小さい時から大好きで歌っていたと言うAva Max お気に入り歌手は、Mariah Carry マライア・キャリーと Whitney Houston ホイットニー・ヒューストン。

まあ、王道よね。(Whitneyは好き)。

他に好きな歌手は、Madonna マドンナ、 Gwen Stefani グウェン・ステファニー、Fergie ファーギー、Britney Spears ブリトニー・スピアーズ、 【Christina Aguilera クリスティーナ・アギレラだと言う。

こちらのアーティストの方がLyraの好みに近い。(あくまでも近い)

あえてGagaを外している気がするのは、Lyraだけかしら?

 

(click to amazon ↓ ↓ ) “Sweet but Psycho[The Remixes] ” [Download] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓ 


【Sweet But Psycho】は、愛に狂ってしまった女の子のラブソング。

恨み節ではなくて、素直に好きな気持ちが高まっているだけじゃない?これ。

ミュージックビデオが、なんとなく嫉妬に狂った女子に描かれているから、それはわかりやすくするための狙いであって本筋とは違うと思う。

見た目はGood Looking な可愛い女の子で、セクシー。

だから、「あの子カワイイし、もてもてなのに何であいつに気が狂ったみたいになってるの?」と噂しているように話しているわけ。

でも、これ自分で言ってるのよね、自分のことを。

自分で自分の奇行を冷静に分析してるの。

夜中に「私、どうにかなっちゃいそう」と叫ぶのはイカレテル。^o^

でも叫ばなければ、恋している女の子、いや、男子も同じじゃない?

皆んな心の中で「うぉー、我慢できねー!どうしたら、あの子と上手く行くんだ?」と叫んでるでしょ?

恋する気持ち。

それを、「あの子、可愛くて素敵よね〜、でも、精神異常者よ」とつけることで、毒を注入してキモカワにしてるのよ。

「でも、〇〇よね」と添えるのは使えるし、いいんじゃない?

好きよ、この毒々しさ。

「今時キモカワにしなくちゃ。ポップなポットデ歌手は売れないわ!」とLyraは考えてるの。

大好きな、と言うか生きていく為に必要なLyraにとっては酸素みたいな存在のRockとは違って、POPの場合は「奇抜さ」や弾ける何かが必要だと思う。

ただ乗れる曲なだけでは売れないよ。

Hip HoP系のアイドルなんかRockと違って1ヶ月単位で新曲出さなきゃダメな世界。

あちらは、命削ってますよ。逆に量産し過ぎてRhyme ライムがヤバイ有様ですが。

そんな荒くれ者の量産型Hip Hopと、ヒットチャートで戦わなきゃいけないのよ、POPS界の歌手は。

普通にラブソング歌っていたら世には出れないし、上を目指す前に消えてしまう。

ならば、歌詞で奇をてらうか、奇抜なGaga ファッションにしないとダメ。

そう感じていたから、Avaの歌詞を聞いた時は「こりゃ、売れる!」と思ったねー。

まあ、奇をてらわなくてもAdele アデルみたいなストレートに上手いパワーさがあればOKだけど、、、と思ったらAdeleの歌詞もヤバかった!

あれも、単語では異常者は出てこないが、愛に狂ってるような熱い歌詞や恨み節が多かったわ。

皆んな恋愛すると狂うってことねー。

アナタ狂っていますか?

狂うほどの恋愛してまっか?

狂うほど愛したことある?

ある人は幸せ者よ。

自分を見失うくらいのことって、他人からしたらバカみたいだけど、成長するのよ。

人間が一皮も二皮も向けるという感じ。

それに欲しいものも手に入るかもよ?

Avaは言う。「この歌詞の女の子は、変わり者だけど、可愛くて素敵な子でおまけに自立した自分を持っている子なの。ただ人間関係がうまくいっていなくて、そのせいでおかしくなっている。でも、自分をしっかり持っているから、いつしか周りも理解する。最後には男の方も彼女に夢中になるのよ。」

 

可愛い狂気よ、Lyraなんて。

相手ばかり狂ってLyraが狂ってないんだから意味がない。

足りない。

まだまだ修行が足りないわ。

いつの日か超スペシャルな事が起きると夢見てる。

その時は狂ったように愛し合うの。

アナタと。

スポンサーリンク

“Sweet but Psycho” is a song by American singer Ava Max, released as a single on August 17, 2018 through Atlantic Records. It was co-written by Max along with Madison Love and Cirkut, the latter of whom produced the song. Upon release, it appeared on various Spotify playlists and Viral Charts, and subsequently reached number one in 17 countries including Germany and the United Kingdom, where it stayed at number one for four consecutive weeks.

Ava Max said in an interview with JAMS 96.3,

The track is about a girl who is misunderstood in a relationship. She thinks she’s going out of her mind and psycho. But in reality, she’s just a strong, independent female. In the end, the guy loves all of her sides – sweet, psycho (as he likes to call it).

Max told Idolator, “I think for me personally, I have a lot of sides to me. I think everybody has a lot of sides to them and it’s basically about a girl who’s not afraid to show all of her sides and her dualities, and about a guy loving all those sides. She’s a girl who’s misunderstood in the relationship, and she’s basically being told she’s psycho and she’s out of her mind when she’s feeling it, but really she’s an outspoken girl and she’s speaking her mind. And that’s how I am in real life.”

Amanda Ava Koci was born in Milwaukee, Wisconsin to Albanian political immigrants from Sarandë and Tirana. She was raised primarily in Virginia and competed in numerous singing competitions before she entered high school.

Max was featured on Le Youth’s single “Clap Your Hands” in 2017. She released her debut single, “My Way”, through Atlantic Records on April 20, 2018. It reached a peak of 38 on the Airplay 100 chart of Romania. Her second single, “Slippin” featuring Gashi, was released on May 11, 2018. Max’s third single “Sweet but Psycho” was released on August 17, 2018. The song, produced by Cirkut, became Max’s breakthrough hit, reaching number one in several countries including Sweden, Finland and Norway. Max was also featured on David Guetta’s album 7, on the track “Let It Be Me”.

Influences

Ava Max grew up listening to artists such as Mariah Carey and Whitney Houston.She has also cited Madonna, Gwen Stefani, Fergie, Britney Spears and Christina Aguilera as some of her influences.

Of her ethnic background, Ava Max has stated that she is “100% Albanian” and where possible “definitely wants to give back to the Albanian community when I can”.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪