Avril Lavigne【Bite Me】和訳 Travis Barker事務所に移籍したAvrilの勝負 Avril Wins

Lyraの予感や予想が良く的中するのと同じくらい、大好きなアーティスト同士が仲良くなる確率が非常に高い。

このブログでその事について解説を、何回か書いて来たので割愛するけど、今日取り上げるこのブログの常連アーティストの1人であるAvril Lavigne が、これまた大好きなドラマーでありプロデューサーのTravis Barkerの事務所に移籍したのである!なんてこった!

2人がコラボレーションするという噂は前々から聞いていたので「そろそろ新曲を出すかな?」なんて呑気に考えていたら…

コラボどころか、事務所まで移籍しちゃって、Travis Familyの仲間入りをしたからドビックリ。

まあね、この夏に和訳解説したMod SunとAvrilのコラボから怪しいな、と思っていたんだよね。

   *【Mod Sun/ Flames feat. Avril Lavigine】和訳 アヴリル・ラヴィーンもマシン・ガン・ケリー達の仲間入り?Duet Like Mutual Love

 

仲間が仲間を呼び、輪が広がる。

それって1960年代から始まった Andy Warhol のファクトリー現象と同じ。特にその場所が盛り上がっていたら、より多くの才能がある人達が集まって来る。

日本でも最近同じ現象が、あそこら辺で起きているから、分かる人は分かるだろう(あえて伏せておく)。

ただ中には祭り集る輩もいるわけで…アーティスト集団として飛躍し続けるパターンと、ブームが去ったらき得てしまうチームもあるから難しい。

このTravisとAvrilは、同じPop Punk世代と言うこともあり、違和感なくタッグを組んだ成功例だろう。

Avrilが、昔の元気を取り戻したみたいでパワフル。

パワフルで、相変わらず言葉遣いが荒っぽいAvrilだけど、その向こうに素直な女心が透けて見えるから流石。

今日Lyraが和訳したイカス男 Travisと可愛い女Avrilのリベンジ・ソングを解説して、貴方に元気をあげましょう。

今日Lyraが和訳&解説するのは、カナダ・オンタリオ州ベルビル出身、アメリカ合衆国在住のシンガー、ソングライター、女優の Avril Ramona Lavigne アヴリル・ラモーナ・ラヴィーン(1984年9月27日 – )。

スポンサーリンク

2002年デビューアルバム『Let Go』が全世界で約2000万枚を売り上げ、アメリカ6回プラチナディスクを獲得し、2nd、 3rdが Billboard 200で1位にランクインするなど、彼女のアルバムは全世界で4000万枚以上のセールスを達成。カナディアン・ビジネス誌は「アメリカ合衆国で活躍する最もパワフルなカナダ人ベスト7」に彼女を選出している。

【Avril Lavigne / My Happy Ending】 和訳 Go on, go on! ロックガールのままでいて Lyrics

 

今日Lyraが和訳する曲は、つい先日 20211110日にエレクトラレコード傘下、Travis Barker のレーベルDTAレコードからの初リリース(デビュー)された、シングル【Bite Me】

Avril の7枚目のスタジオアルバムのリードシングルになる。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

 

(click to amazon ↓↓ ) Single “Bite Me” [Explicit] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Bite Me” is a song by Canadian singer Avril Lavigne. It was released on November 10, 2021, through Elektra Records and as Lavigne’s debut on Travis Barker‘s label DTA Records. It is the lead single from Lavigne’s upcoming seventh studio album. The song was noted by critics as a return to Lavigne’s pop-punk roots.

=Bite Me =

[Intro]

Hey you, you should’ve known better, better to fuck with someone like me

Hey you, forever and ever you’re gonna wish I was your wifey

[Verse 1]

And don’t act so innocent, this was no accident

You planned this in the end and now it’s over

Say what you wanna say, you lied and I got played

You threw it all away and now it’s over

[Pre-Chorus]

Just face it, we didn’t make it

You bit off more than you can chew, can you taste it?

[Chorus]

Hey you, you should’ve known better, better to fuck with someone like me

Hey you, forever and ever you’re gonna wish I was your wifey

Should’ve held on, should’ve treated me right

I gave you one chance, you don’t get it twice

Hey you, and we’ll be together never, so baby, you can bite me

[Verse 2]

And don’t hold your breath ‘cause you’re still chokin’ on your words

Those things you said, might be the last ones that I heard

So come pick up your clothes from the front yard

Sprinklers on, burn the rest in the backyard

Should’ve had the guts just to say, “Goodbye”

Now you’re going to have regrets for the rest of your life

[Pre-Chorus]

Just face it, we didn’t make it

You bit off more than you can chew, can you taste it?

[Chorus]

Hey you, you should’ve known better, better to fuck with someone like me

Hey you, forever and ever you’re gonna wish I was your wifey

Should’ve held on, should’ve treated me right

I gave you one chance, you don’t get it twice

Hey you, and we’ll be together never, so baby, you can bite me

[Bridge]

I bet you taste me on the tip of your tongue

Tip of your tongue, tip of your tongue

I fell fast when I know I should’ve run

Know I should’ve run, know I should’ve run

I bet you taste me on the tip of your tongue

Tip of your tongue, tip of your tongue

I fell fast when I know I should’ve run

Know I should’ve run, know I should’ve run

[Chorus]

Hey you, you should’ve known better, better to fuck with someone like me (Like me)

Hey you, forever and ever you’re gonna wish I was your wifey (Your wifey, yeah, yeah, yeah)

Should’ve held on, should’ve treated me right (Yeah, yeah, yeah)

I gave you one chance, you don’t get it twice

Hey you, and we’ll be together never, so baby, you can bite me

 

ねえ〜貴方はもっと良く

知ったおくべきだったわね

アタシみたいな女を怒らせるんだったらさ

ねぇ〜貴方は

ずうっと永遠に

アタシが自分の妻だったら良いのにって

願うようになるわ

 

あ〜あ

そんな無知な行動をとらないでよ

これは偶然じゃないのよ

結局貴方がこれを

計画したんだよ

そして今それは終わっちゃったの

言いたいことあるなら言ったら?

貴方は嘘をついたんだよ

そしてアタシは騙された

貴方は全部捨てたんだよ

そして今それが終わったの

 

それに直面したまま

アタシたちはそれを解決しなかった

貴方が考える以上に

これってすっごく失礼なんだよ

アンタに分かる?

 

スポンサーリンク

 

ねえ〜貴方はもっと良く

知ったおくべきだったわね

アタシみたいな女を怒らさせるんだったらね

ねぇ〜貴方は

ずうっと永遠に

アタシが自分の妻だったら良いのにって

願うようになるわ

持ちこたえるべきだったね

アタシを正しく扱うべきだったのよ

アタシは貴方に

1つのチャンスをあげたのよ

でもチャンスは2度とないの

ねぇ〜

アタシ達は決して一緒になることはないから

だからベイビー

くたばれ!

 

息を殺さないで

だって貴方は既に

自分の言葉で自滅してるじゃん

貴方が言ったことは

アタシが聞いた最後の言葉かもね

だから表庭から

服を取って来てよ

スプリンクラー回して

残りは裏庭で燃やしちゃお

「さようなら」と言うだけの勇気が

あったはずよ

今、貴方は

残りの人生を

悔やんで生きていくのね

それに直面するだけで

アタシたちはそれを解決しなかった

貴方が考える以上に

これってすっごく失礼なんだよ

アンタに分かる?

 

ねえ〜貴方はもっと良く

知ったおくべきだったわね

アタシみたいな女を怒らせるんだったらね

ねぇ〜貴方は

ずうっと永遠に

アタシが自分の妻だったら良いのにって

願うようになるわ

持ちこたえるべきだったね

アタシを正しく扱うべきだったのよ

アタシは貴方に

1つのチャンスをあげた

でもチャンスは2度とないの

ねぇ〜

アタシ達は決して

一緒になることはないから

だからベイビー

くたばれ!

 

貴方はアタシを口先で扱うのね

口先で

口先で

口先で

逃げるべきだって分かった時には

落ちていたんだ

逃げるべきだったんだよ

逃げるべきだったんだよ

貴方はアタシを口先で扱うのよ

口先で

口先で

口先で

逃げるべきだって分かった時には

落ちていたんだ

逃げるべきだったんだよ

逃げるべきだったんだよ

ねえ〜貴方はもっと良く

知ったおくべきだったわね

アタシみたいな女を怒らさせるんだったらさ

(アタシみたいなね)

ねぇ〜貴方は

ずうっと永遠に

アタシが自分の妻だったら良いのにって

願うようになるわ

(貴方の妻、そう、そう、そう)

持ちこたえるべきだったね

アタシを正しく扱うべきだったのよ

(ほんとソレ、ソレ)

アタシは貴方に

1つのチャンスをあげた

チャンスは2度とないの

ねぇ〜

アタシ達は決して一緒になることはないわ

だからベイビー

くたばれ!

 

Songwriters: Avril Lavigne, Derek Smith, John Feldmann, Mashmello, Christopher Comstock, Omer Fedi

Translator: Lyra Sky 和訳

 

刹那いメロディ

きっとこの曲を聴いてスカッ!とする女子達が多いんだろうなぁ。

変態、変人、狂人に遭遇する確率がやったら高いLyraですが、この歌詞みたいな嘘つき男や裏切るような男性とお付き合いした経験が全くない為、心の底からシンパシーが出来ないから、スカッ!とはしないのですが、Avrilのサバサバした歌詞と、切ないメロディが返って来たので気分がアゲアゲになっている。

Avrilも、Travisも、Travisのバンド blink182にしろ、郷愁の念を想い出させるサウンドがうまい。サビの上がり具合がたまらない。

このまま勢いで好きな人にキスしちゃえる感じ。分かる?

 

スポンサーリンク

 

Avrilのオリジナル曲としては、このブログでもリリースされた時に取り上げた2019年の6thアルバム『Head Above Water』以来の久しぶりの新曲だ。

*Avril Lavigne / Head Above Water 和訳 Fight Against Lyme! ライム病と戦う歌姫

 

冒頭で触れた様に、Travis Barkerが率いるレーベル DTA Recordsへ移籍後初のデビュー曲になる。 一応【Bite Me】は、リードシングルと言うことで、リリースや、アルバムタイトルも決まっていないが、これからリリースされる7th スタジオアルバムに収録される予定だ。

【Mod Sun/ Down feat.Travis Barker】和訳 トラヴィス・バーガーとモッドサンの男前度 Nice Guys Blues

 

Avrilが、待望のポップパンクサウンドに戻ったことを記念しているような名曲になっているし、見事に話題になりヒットしている。

この曲には、Travisに加えJohn Feldmann(GOLDFINGER)や現在の彼氏である MOD SUNがプロダクションに参加している。  それに、ジャンルを超えたEDM /ポッププロデューサーの Mashmello 、オメルフェンディなど、スターがちりばめられたソングライターやプロデューサーのキャストが出演。

*Marshmelloについては、こちらなど→【Happier / Marshmello feat. Bastille】和訳 「Make it Up before The Day’s Over」 仲直りしよう

ビデオについて

ミュージックビデオの監督は、Hannah Lux Davis で2021年11月12日金曜日にリリースされた。

ビデオでは、Avri とTravis が、鉄棒を身に着けて、斧も振るう友人の乱暴なギャングの助けを借りて、Avril の失恋の原因となった元カレを恐怖に陥れていると言うものだ。

このAvrilのグループは、鍵を壊した後、元カレのロフトをクラッシュさせ、アパートのスペースをゴミ箱みたいにしてゴミを捨てたり、無防備な男性を拷問?してその間に【Bite Me】の一曲をサッと一気に演奏てしまった。これを見て笑うティーンエイジャーが多そう。ダメ男に我慢してる女子が多いんだよね。

曲について

この曲には、ジャンルを超えたEDM /ポッププロデューサーの Mashmello 、ブリンク182のドラマーのTravis Barker 、オメルフェンディなど、スターがちりばめられたソングライターやプロデューサーのキャストが出演。

202011月にAvrilは、ModSunJohnFeldmannと共に、7番目のスタジオアルバムの曲の制作を開始。【BiteMe】は、2021年115シングルのカバーと一緒に保存前のリンクをInstagramTwitterに投稿した時に発表された。

116日、Avril とTravisのリハーサルビデオを、彼女のソーシャルメディアに曲の音声スニペットと一緒に投稿した。アメリカでは、2021年1116日に曲が、ラジオに送られている。

曲はホ長調で描かれている。Avrilのこの曲の声域はG3からE♭5に及ぶ。 

Avrilが、ポップパンクのジャンルに戻ったことを示すために、いくつかの出版物でも注目される記事が掲載されていた。NMEはそれを「元のポップパンクのテイクダウン」と呼んでいたり、ビルボードはそれを「ギターとドラムが重いトラック」と表現している。

歌詞の意味

Avril 自身がこのトラックは「とても生意気で、2回目のチャンスを望んでいる人の話ですが、彼らはとても高ビシャで、彼らにさく時間の価値もない。だから貴方には、本当に良いことが起こっているの。そして貴方は、逃げたようなものです」と、Alt92.3の KevanKenneyとのインタビューで言っている。

「それは自尊心と自分自身のために立ち上がって、『あなたは私を正しく扱っていなかった』と言う人についての歌です。」と、サビの箇所が言いたかったこと、と言う感じに説明していた。

次のアルバムリリースの計画をまだ公表されていないが、出演中に、次のように言っていた。

「これは、私がこれまでに作成した中で最も代替的なレコードです。バラードは本当に欲しくなかったの。ロックンロールとポップパンクが欲しかっただけなの。」

その望みは叶えられたね。この曲には、ロックンロールの良さとポップパンクの美しさと泣きのメロディが詰まっているんだもの!

 

(click to amazon ↓↓ ) “SAMURAB Avril Lavigne Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

 

「【Bite Me】を生み落としたことに興奮しているわ。それは、貴方の価値、貴方にふさわしいものを知り、貴方にふさわしくない誰かに二度目のチャンスを与えないことについての賛歌なんだから。」 とAvrilは、リリース時に語っていた。

曲の制作に関してAvrilは、オーダシーのケヴァン・ケニーに次のように語ってもいる。

「それは自尊心についての歌であり、本当に自分自身のために立ち上がってという歌なの。」と。

「自分の価値、自分にふさわしいものを知り、自分にふさわしくない人に2度目のチャンスを与えないことについての賛歌」というAvrilの表現が良い。格好良いし、男女問わず逆境を乗り越えて前を向いて前進する人間は美しいと思う。

この強い意志が自分を、そして世界をも変えるのだ。

 

スポンサーリンク

多分この歌詞は、今のMODSUNと付き合う前の金持ち御曹司のあの元カレ、Texasの実業家のフェイズ・サロフィムの息子 フィリップのことだろうね。

または、Avrilって、2回離婚してるから、あの最初の旦那さんである パンクバンドのヴォーカル Deryck Whibley (Sum 41)か、Hard Rock Bandの Nickelback ヴォーカル Chad Kroeger か?って気もしないでもないが…w 

和訳【Sum41/ Fatlip】解説 祝来日記念 Sum41について

 

きっと、この曲を聴いて、Avrilの人生から追い出されたことを常に後悔するでしょう。

ただ怖いと言ったら、怖い歌詞かもね〜。ここまで怒るAvril…なんかされたんんでしょうね。

歌詞は、面白いし、かなり怒りまくっていて野蛮(笑)な感じ。でも、客観的に自分達の関係を見ていてFunnyな感じで、笑える。ウケを狙ってる感じかな。バックヤードで服燃やしちゃうよ、とかね。自虐ネタみたいな所が、笑えるポイント。だからドロドロしていない。

因みに、Chew(噛む)もBiteも噛むだが、他に前者は「考える」、後者は「人を悩ます、困らせる」と言う意味があるので、食べ物に例えてるような味わう感覚と、実際の意味とのダブルミーニングもあって、悲しい歌詞だけど、こう言う所も笑えて楽しい歌詞でもあると思う。多分、わざと笑いを誘う歌詞にしたんだろう。

そのことから、この歌詞の主人公の女子は、もう傷ついてはない。立ち直っている。

強いぜ、ベイビー。

悩みまくるのも、いつまでも同じ場所にいるのもその人の自由。

だけど、いつ死ぬか分からない今の時代に生きているから、進む。

心無い人達や、気持ち悪い人達、無知な人間は無視して、先に行く。

自分の好きな人達や愛してくれる人達と一緒にいれる幸せを大切にした方が良い。

切った方が、気持ちがスッキリするよ〜。

それでも貴方がムカついて堪らないなら、そのアホな人間に言ってやれ、

Bite Me! ってね。

 

 

(click to amazon ↓↓) Single “Bite Me” [Explicit] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Marking Avril Lavigne’s long-awaited return to the pop punk sound that initially made her famous, “Bite Me” is the first single off of her upcoming, currently untitled, seventh album. The song features a star-studded cast of songwriters and producers including genre-bending EDM/pop producer Marshmello, blink-182 drummer Travis Barker, and Omer Fedi. It was released on November 10, 2021 and is her first single on Barker’s record label, DTA Records.

On Friday (Nov. 12), the singer released her video for “Bite Me,” the first single from her forthcoming, yet-to-be-titled album.

The video sees Lavigne and Barker, with some help from their rowdy gang of tutu-wearing and axe-wielding friends, terrorizing the man that caused Lavigne heartbreak. The group crashes the man’s loft after breaking the lock, to trash the apartment space, torture the unsuspecting man and play “Bite Me” at full blast.

In Lavigne’s own words, the track is “super sassy and is about someone who wants a second chance but they f—-d up so royally they’re kinda not really worth your time, and they realize after the fact that you had a really good thing going on, and you’re sort of the one that got away,” she said in an interview with Kevan Kenney on Alt 92.3. “It’s a song about self-worth and standing up for yourself and just being like ‘You didn’t treat me right. You didn’t treat me well, and that doesn’t work for me….so baby, you can bite me.’”

Lavigne has yet to share any of her plans for the forthcoming album release, but during her appearance on 92.3, she said, “The majority of the record is fast, in your face. It’s the most alternative record front to back that I’ve ever made. I just really didn’t want any ballads, I just wanted rock n’ roll and pop-punk.”

 

Regarding working on the song, Avril told Kevan Kenney of Audacy:

It’s a song about self worth and really just standing up for yourself and just being like, “You know what, you didn’t treat me right, you didn’t treat me well, and that doesn’t work for me. So baby, you can bite me.”

“I am excited to be dropping ‘Bite Me’. It’s an anthem about knowing your worth, what you deserve, and not giving someone a second chance who doesn’t deserve you.”

— Lavigne on releasing “Bite Me” as a single

In November 2020 Lavigne started working on songs with Mod Sun and John Feldmann for her upcoming seventh studio album. “Bite Me” was announced on November 5, 2021, when Lavigne posted the pre-save link together with the single’s cover on Instagram and Twitter. On November 6, Lavigne posted a rehearsal video of her and Travis Barker with an audio snippet of the song on her social media.

In the United States, “Bite Me” was sent to alternative radio on November 16, 2021.

The song is written in the key of E♭ major. Lavigne’s vocal range in the song spans from G3 to E♭5. “Bite Me” was described by Lavigne as “an anthem about knowing your worth, what you deserve, and not giving someone a second chance who doesn’t deserve you.”

The song was noted by several publications to mark Lavigne’s return to the pop punk genre; with NME referring to it as a “pop-punk takedown of an ex”,  and Billboard describing it as a “guitar- and drum-heavy track” which “features Lavigne raging at her former lover for failing to treat her properly, promising that [he]‘ll always regret being kicked out of her life.”

Pearsonel

  • Avril Lavigne – vocals, guitar
  • John Feldmann – production
  • Mod Sun – production
  • Travis Barker – drums, production
  • Chris Gehringer – mastering
  • Adam Hawkins – mixing

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪