Mazzy Star / Fade Into You 和訳 Birds of a Feather 解説

“Femme Fatale”

Everybody think Femme Fatale’s bad things & bitch. but I think Femme Fatale’s got a pure mind & actively, passively warm woman”

宿命の女。

みんな悪者だと言うけど…

Lyraには純粋で、行動的な、時には受け入れてあげるハートの持ち主のことだと思うの。

今日Lyraが和訳 & 解説するのはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身のバンド、Mazzy Star マジースター。

1989年から活動し、1990年のデビューアルバム『She Hangs Brightly 』が、「ドアーズ以来、最高のサイケデリックバンド」と評されNMEや、ローリング・ストーンといった音楽雑誌で次々と年間ベストアルバムを獲得し大絶賛されたオルタナティブ・ロック、ドリーム・ポップ、サイケデリック・バンドだ。

スポンサーリンク

 

アメリカ人でありながら、イングランドのシューゲイザーを思わせる気だるさとノイズギターが気持ち良いサウンドが、世界中のイギリス系ロック好きさん達に好まれたバンドだ。

いちを、バンド形態を取っているが、実質的にはVocalのHope SandovalとGuitarのDavid RobackのDuo デュオが実権(笑)を握ってるような感じ。

デビューから話題性があり、1996年の3rd Album「アマング・マイ・スワン」発売まで勢力的に活動していたが、それ以降は2013年のNew Album発売まで、ほぼ活動停止状態だった。

今日Lyraが和訳するのに選んだ曲は、彼らの2nd Album “So Tonight That I Might See”からMazzy Starの最大のヒットソング【Fade Into You】。

Lyraには夏の刹那い歌に聴こえる曲だから、夏が終わりかけている今にピッタリだと思うの。

又、Lyraの和訳の後に解説、お話しましょう。

( click to amazon↓ ↓ ) 2nd Album 1993 “So Tonight  That I Might See” [ CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Mazzy Star is an American alternative rock band formed in Santa Monica, California, in 1989 from remnants of the group Opal. Founding member David Roback’s friend Hope Sandoval became the group’s vocalist when Kendra Smith left Opal.

Mazzy Star is best known for the song “Fade into You” which brought the band some success in the mid-1990s and was the group’s biggest mainstream hit, earning extensive exposure on MTV, VH1, and radio airplay. Roback and Sandoval are the creative center of the band, with Sandoval as lyricist and Roback as composer of the majority of the band’s material.

The band’s most recent studio album, Seasons of Your Day, was released in 2013, followed by the EP Still in 2018.

History

スポンサーリンク

= Fade Into You =

[Verse 1]
I want to hold the hand inside you
I want to take a breath that’s true
I look to you and I see nothing
I look to you to see the truth
You live your life, you go in shadows
You’ll come apart and you’ll go blind
Some kind of night into your darkness
Colors your eyes with what’s not there

[Chorus]
Fade into you
Strange you never knew
Fade into you
I think it’s strange you never knew

[Verse 2]
A stranger’s light comes on slowly
A stranger’s heart without a home
You put your hands into your head
And then its smiles cover your heart

[Chorus]
Fade into you
Strange you never knew
Fade into you
I think it’s strange you never knew
Fade into you
Strange you never knew
Fade into you
I think it’s strange you never knew
I think it’s strange you never knew

貴方に抱かれている時は手を繋いでいたいの
一息つきたいわ、本当はね
貴方を見つめる、でも何も分からないわ
真実を知りたいから、貴方を見つめるのよ
貴方は貴方の人生を生きてるし、いずれ夕闇に呑み込まれてしまう
貴方はばらばらに壊れてしまうわ
きっと、貴方は盲目になってしまうでしょう
貴方の幻影に溶け込むような夜が
貴方の瞳をここには無いもので色付けてあげるわ

 

貴方に溶け込むの
貴方が今迄、知らなかった珍しいことよ
貴方に溶け込んでく
私は貴方の知らない珍しいことだと思うの

 

初めての人の灯りがゆっくりと灯る
初めての人の故郷の無い心
貴方は両手を抱え始める
それは貴方に笑いで本音を隠してしまうの

 

貴方に溶け込むの
貴方が今迄、知らなかった珍しいことよ
貴方に溶け込んでく
私は貴方が知らない珍しいことだと思うの
貴方に溶け込むの

貴方が今迄、知らなかった珍しいことよ

貴方に溶け込んでく

私は、貴方が知らない珍しいことだと思うの

私は、貴方が知らない珍しいことだと思うの

 

Translator:Lyra Sky和訳

 

このミュージックビデオ大好きだったなあ。何回も見た、繰り返し。

この曲を聴いてるとLyra自身が、砂漠に溶けちゃうみたい。

溶けちゃうついでに、微動だにしないHopeが意外と飽きずに見れてまう、面白いLive VersionもUPしておきますわん!

 

エロい!

何なんだろ、この滲み出るエロさ。

だからって裸とか肉体に直結するセクシーさじゃないの、、、

LyraにはHopeの精神的なエロさ、セクシーさが感じられるんだよね。

それって、どっちがよりエロいの?

って考えちゃう(笑) 😁

「精神的な方がエロいんじゃないの?」って思うんだけど、みんなはどう?

朝まで討論会じゃないけど、この手の話は「ああでもない、こうでもない」で朝まで寝ずに話してしまうわよね。

 

Lyraが「エロい!」と認定しているVocalのHope Sandoval ホープ・サンドヴァルは、微動だにしない表情を変えない人。

さっきのLive みたいにねっ。

ただそれは、偉そうに踏ん反り返っているのではなく、極度のあがり症、神経質な人だからだ。

そして、極度のインタビュー嫌い。

大体の雑誌のインタビューを断り続けできたので有名なのだ。

真偽の程は定かではないが、1994年、日本の雑誌Rockin’ On のインタビューで、質問されても答えずに無視したり、インタビュアーの方を向かずに窓をボーッと眺め続けるなど、インタビューがほとんど成立しなかったらしい。

インタビューを行なった記者は「あんな女、ビッチよビッチ!」という発言を残しているそう。

言い過ぎだなぁ。余程、頭に来たのだろうけど、神経質になる気持ちがLyraには分かるために理解しつあげて欲しい気がする。

何ならインタビューのカセット?を止めて雑談にすりゃ良いのにって思ったな。
スポンサーリンク

 

あと、Hope関連で有名なのが、このブログでも紹介したイギリス、スコットランド系のバンド The Jesus and Mary Chainのギターの兄貴の方 William Reid ウィリアム・リードドとHopeは付き合っていたのはファンの間では有名な話だ。

それが、1999年にThe Jesus and Mary Chainのバンドが解散した一因として、これまた真偽の程は定かではないが、、、沢山の音楽ライターや関係者がHopeのせいと話した為にこれが原因で世間から「The Jesus and The Mary Chain ジーザス&メリーチェインを崩壊させた女」としてファム・ファタールのように言われるようになってしまった。

となると、ジーザスファンから相当恨まれただろう、可哀想に。

Lyraは、The Jesus & Mary Chainの大ファンだけど、不思議と彼女にはムカついたりしなかったよ。

2人が愛した女性が、ケバケバしいセクシーさを売りにしたようなPlaymate 的な女性だったら頭にきたのかな〜なんて想像したりするけど、、、誰であっても頭には来ないな。

WilliamとJimが好きになったんだもの。良いんじゃない?

それに、自分を持った頑固過ぎる、どことなく生きるのに真っ直ぐ過ぎて、不器用な感じのHopeだから余計に許せてしまうみたい、、、Lyraにはね。

自分が気弱だから、意志の強い人に憧れてしまうんだ。

 

( click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Album 1993 “So Tonight That I Might See” 12inch Analog [LP]      クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

2013年のニューアルバムから、また本格的に再開しているMazzy Star。

今年2018年に新譜のEP Still もリリースして健在ぶりも分かって嬉しい。

 

(click to amazon↓ ↓) 2018 New EP “Still” [12 inch analog] now on sale!  クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Hopeは、このバンド以外にも、My Bloody Valentine マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのコルム・オコーサクとのコラボレーションによるユニット、Hope Sandoval & the Warm Inventions ホープ・サンドヴァル・アンド・ウォーム・インヴェンションズ でも活動している。

 

極度のあがり症、インタビュー嫌いで「人前に行くのが嫌」な彼女が、バンド掛け持ちって笑えるでしょう?

何やってんだ?

て思う人が殆どだろう。

でもLyraには、わかる。

ナーバス過ぎる人間て色んな感情が溜まるんだよ。

その感情が幾重にも重って行く、幾つも幾つも。

Lyraには、それがいつか爆発してしまうのが自分でも解るから、、、Hopeの場合は、歌うことや、歌詞を作ること、曲作りすることで発散して、バランスを取っているんだと感じる。

本当に歌が音楽が好きなんだ。

だから、大嫌いな人前に出てまでも歌う、、、自分の感情の塊を表現しないといけないからだ。

すごく分かる。

わかり過ぎてHopeが自分に見えてきたくらい (笑)。

自分のバンドではない、他のバンドを崩壊させたことあるしね。

結局、色恋沙汰なんだろう。

壊れてしまうのって。
【Fade Into You】は、抽象的な歌詞だ。

だから、人によってはロマンティックで綺麗な歌に聴こえるだろう。

だが、Lyraには限りなく情念の歌に聴こえるよ。

それも限りなくエロい歌に!

だって乗っけから「貴方に抱かれてる時に手を繋いでいたい」って言ってるでしょう?

これHしてる時の歌だよ。

だから普通の人は、消えてしまうと訳すだろうけど、そんな儚いのは合わない。

だから、溶け込むにしたよ。

貴方と一つになるの、Lyraはそうしたいから、そう訳した。

ただ、それだけのこと。

Hopeの気持ちは、淡いのかもしれないし、

気の強そうな視線らしく鮮明かもしれない。

ただ同じ女性として、

同じ気質?の女性として、

シンパシーを感じるのが面白い曲だ。

和訳ってただ訳すだけじゃない。

自分の感情や生き方も出ちゃうものよ。

だから創作でもあるかもしれない。

それは真実にそった感性。

真実にそった気持ち。

Lyraの気持ち。

Fade Into You…

 

スポンサーリンク

Mazzy Star is best known for the song “Fade into You” which brought the band some success in the mid-1990s and was the group’s biggest mainstream hit, earning extensive exposure on MTV, VH1, and radio airplay. Roback and Sandoval are the creative center of the band, with Sandoval as lyricist and Roback as composer of the majority of the band’s material.

The band’s most recent studio album, Seasons of Your Day, was released in 2013, followed by the EP Still in 2018.

( click to amazon↓ ↓) 2nd Album “So Tonight That I Might See”  [ CD, Streaming]クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Members

Hope Sandoval

Hope Sandoval was born in 1966 and grew up in a Catholic Mexican-American family in East Los Angeles, California. She attended Mark Keppel High School. In 1986, she formed the folk music duo Going Home with Sylvia Gomez, and recorded one album produced by David Roback, which is yet to be released.

Besides vocals, Sandoval plays acoustic guitar, harmonica, Hammond organ, percussion, glockenspiel and xylophone. During live performances, Sandoval prefers to sing in near-darkness with only a dim backlight, playing the tambourine, harmonica, glockenspiel or shaker.

She is reputed to have a shy personality, and rarely interacts with the audience, once stating “I just get really nervous. Once you’re onstage, you’re expected to perform. I don’t do that. I always feel awkward about just standing there and not speaking to the audience, but it’s difficult for me.”

Sandoval currently resides in both San Francisco and Ireland.

David Roback

In Mazzy Star, Roback plays guitar, keyboard, and piano. He wrote almost all music for Mazzy Star, and he has also produced all their recordings.

Roback grew up in Pacific Palisades, California, graduating from Palisades High School in 1975. He started a band called Rain Parade with his brother Steven. They first hit the scene in 1982 as part of a loose aggregate of psychedelic 1960s-influenced guitar bands in Los Angeles, and they were in the forefront of that movement which lasted a couple of years.

After Rain Parade’s first album and tours, Roback left the band. He then became involved with ex-Dream Syndicate bassist Kendra Smith and formed a new band called Clay Allison in 1983. The recordings from the summer this year remained unreleased until the 1989 release of Opal Early Recordings.

After Clay Allison’s 1984 tour, the band decided to go with a name change, and went from Clay Allison to Opal, whose sound was defined by Roback’s spare, distorted guitar work and Smith’s vocals. They released the Northern LineEP in 1985. SST Records signed Opal and released their album Happy Nightmare Baby on December 14, 1987. During the Opal tour in December 1987, Smith left the band. She was replaced by Sandoval, and they toured Europe through early 1988. Roback and Sandoval had an intimate relationship at this time and after Opal was disbanded, they took the remaining members of Opal and changed their name to Mazzy Star.

Roback currently resides in London, although he spent most of the past decade living in Norway.

Additional musicians

The other contributors to Mazzy Star include:

Current lineup
  • Suki Ewers – keyboards
  • Colm Ó Cíosóig – guitar, bass, keyboards, drums
  • Josh Yenne – pedal steel guitar
Former members
  • Kurt Elzner – touring guitarist
  • Jill Emery – bass
  • William Cooper, real name Will Glenn (1957–2001) – keyboards, violin
  • Keith Mitchell – drums (d. 2017)

Discography

  • She Hangs Brightly (1990)
  • So Tonight That I Might See (1993)
  • Among My Swan (1996)
  • Seasons of Your Day (2013)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪