和訳【The Modern Lovers /Roadrunner】Rush to You

パンクの基礎を築いたと言われているこのバンド。

実際聴いてみるとPunkと言うより、ノリが良いPopな曲が多くて驚く人もいるだろう。

Punkと言うとがなっているとかメロディなくて叫んでるだけとか、言う人が周りにいるが、それは誤解であって、The Clashにしろ Sex Pistols にしろメロディはキャッチーで覚えやすいのだ。

後に出てくるHardcore はスピードあるけれど、小さい時に逆から聞いたせいか、初Sex Pistolsの時は、Punkってスローだと思ったくらい…

もっと、ノリの良さを楽しんでほしいなあと思う。

今日は、前に和訳&考察した Jonathan Richman (【 I Was Dancing In The Lesbian Bar】和訳 解説 ジョナサン・リッチマンの魅力について) のいたバンドの最高にノレる曲を紹介しましょっ。

Sex Pistolsもカヴァーした曲だよ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ナティック出身のロックンバンド、The Modern Lovers モダン・ラヴァーズ。

スポンサーリンク[ad#go1]

フロントマンでヴォーカルの Jonathan Richman ジョナサン・リッチマンが1970年代から1980年代に結成し、活動していたバンドである。

今日Lyraが和訳する曲は、彼らのデビューアルバムである『The Modern Loves』からオープニングの曲【Roadrunner】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう。

 

(click to  amazon↓↓ ) “The Modern Lovers”[CD] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

“Roadrunner” is a song written by Jonathan Richman and recorded in various versions by Richman and his band, in most cases credited as the Modern Lovers.

The Modern Lovers was an American rock band led by Jonathan Richman in the 1970s and 1980s. The original band existed from 1970 to 1974 but their recordings were not released until 1976 or later. It featured Richman and bassist Ernie Brooks with drummer David Robinson (later of The Cars) and keyboardist Jerry Harrison (later of Talking Heads). The sound of the band owed a great deal to the influence of the Velvet Underground, and is now sometimes classed as “proto-punk”.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

=Roadrunner=

One two three four five six!

Roadrunner, roadrunner
Going faster miles an hour
Gonna drive past the Stop ‘n’ Shop
With the radio on
I’m in love with Massachusetts
And the neon when it’s cold outside
And the highway when it’s late at night
Got the radio on
I’m like the roadrunner

Alright
I’m in love with modern moonlight
128 when it’s dark outside
I’m in love with Massachusetts
I’m in love with the radio on
It helps me from being alone late at night
It helps me from being lonely late at night
I don’t feel so bad now in the car
Don’t feel so alone, got the radio on
Like the roadrunner
That’s right

Said welcome to the spirit of 1956
Patient in the bushes next to ’57
The highway is your girlfriend as you go by quick
Suburban trees, suburban speed
And it smells like heaven (thunder)
And I say roadrunner once
Roadrunner twice
I’m in love with rock & roll and I’ll be out all night
Roadrunner
That’s right

Well now
Roadrunner, roadrunner
Going faster miles an hour
Gonna drive to the Stop ‘n’ Shop
With the radio on at night
And me in love with modern moonlight
Me in love with modern rock & roll
Modern girls and modern rock & roll
Don’t feel so alone, got the radio on
Like the roadrunner

O.K., now you sing Modern Lovers
(Radio On!)
I got the AM
(Radio On!)
Got the car, got the AM
(Radio On!)
Got the AM sound, got the
(Radio On!)
Got the rockin’ modern neon sound
(Radio On!)
I got the car from Massachusetts, got the
(Radio On!)
I got the power of Massachusetts when it’s late at night
(Radio On!)
I got the modern sounds of modern Massachusetts
(Radio On!)
I’ve got the world, got the turnpike, got the
(Radio On!)
I’ve got the, I’ve got the power of the AM, got the
(Radio On!)
Late at night, hit ‘em wide, with rock & roll late at night
(Radio On!)
The factories and the auto signs
(Radio On!)
We’ve got the power of modern sounds
(Radio On!)
Alright

 

1,2,3,4,5,6

ミチバシリ、ミチバシリ

時速数マイルで全速力で行く

ストッペンショップを

ラジオをつけながら車で通り過ぎる

俺はマサチューセッツに夢中なんだ

それに寒い日の町のネオンもね

あとあれだ

真夜中のハイウェイさ

ラジオも全開さ

俺がまるでミチバシリだな

 

最高だぜ

近代的な月光にも惚れてるぜ

真っ暗闇の屋外じゃ128号線が最高だ

マサチューセッツに夢中なんだ

ラジオが大好きだし

それが真夜中に独りぼっちの俺から救ってくれるんだ

車内の今なら悪い気分にはならないよ

孤独を感じたくないだけ

ラジオはついてるしな

ミチバシリみたいだな

ご名答ってんだ

スポンサーリンク[ad#go1]

 

1956年製の精神にようこそ

1957年の茂みに隠れた患者さ

ハイウェイは

瞬時に通り過ぎる君の彼女さ

田舎臭い木々

郊外での高速

ちょっぴり天国の香りがするぜ

(雷だ)

ミチバシリって一回言うよ

2回めも、ミチバシリってね

俺はロックンロールに恋してるのさ

一晩中出っ放しだろう

ミチバシリ

最高じゃないか

 

まあ今はね

ミチバシリ、ミチバシリ

時速数マイルで全速力で行く

ストッペンショップを

ラジオをつけながら車で通り過ぎる

近代的な月光にも惚れてるぜ

現代的なロックンロールにも、恋しているんだ

お洒落な女の子達に現代的なロックンロールさ

孤独は感じないぜ

ラジオはつけなよ

ミチバシリみたいに

 

良いぜ

今度は君がモダンラヴァーズを歌いな

(ラジオつけな!)

AMだぜ

(ラジオつけな!)

車もあるぜ

AMラジオさ

(ラジオつけな!)

AMラジオの音だぜ

俺は持ってるぜ

(ラジオつけな!)

ロックンロールで現代的なネオンみたいに煌く音を出せるぜ

(ラジオつけな!)

夜中にマサチューセッツで手に入れた

車を走らせてるぜ

(ラジオつけな!)

近代的なマサチューセッツの近代的なサウンドを出すぜ

(ラジオつけな!)

俺は世界を手に入れていたんだ

高速道路についたぜ

俺は持ってるぜ

(ラジオつけな!)

俺は持ってる

俺はAMラジオのパワーん持ってるんだ

持ってるぜ

(ラジオつけな!)

夜遅く

奴らを丸っと真夜中のロックンロールでやっつけてやるぜ

立ち並ぶ倉庫と

自動点灯の看板が

(ラジオつけな!)

俺達は最新の音の力を持っているんだ

(ラジオつけな!)

最高だぜ

Songwriter: Jonathan Michael Richman

Translator: Lyra Sky 和訳

 

これ聴いていると、本当にJonathanってVelvet Under groundが好きなんだなって思ってしまう。

Jonathanは、ボストンでVelvet Undergroundのライブを見て衝撃を受け、バンドを始めたロック少年だた。

ダメ元でVelvet Undergroundのメンバーである John Cale に自分のバンドのプロデュースを頼んだらOKして貰ったと言うLucky Boyでもある。

この曲は、その影響が顕著に現れている曲だ。

たった2コードで校正されている、美しいVelvet Undergroundの【Sister Ray】からインスパイアされて作ったメロディ。

笑ってしまうRoadrunnerの陽気な歌詞(孤独の上に広がる陽気さ)が、延々に続くメロディに乗ると不思議な普遍性を感じるよ。

スポンサーリンク[ad#go1]

Roadrunnerは、アメリカに生息しているミチバシリのこと。

ワーナー・ブラザースのアニメに出てくるコヨーテと追っかけっこしている、あの足の速い鳥だと言えばわかるでしょう。

実際はね、あんな青い鳥じゃないのよ、「Fineas & Ferb フィニアスとファーブ」のPerry(Lyraの好きなキャラクター)と同じで青でなく茶色なの。

こんな感じ↓

ちゃうでしょ?

アメリカ人ブルー好きね。

Perryちゃんと同じだわ。

まあ、見た目は違うとして足は早い。

その速さと車を爆走をかけたのよん。

Stop n’ Shopとは、ボストン近郊にあるスーパーマーケット。食材のほか生活雑貨など。Harvard St.の店には駐車場もあるよ。

行ってみては?普通のスーパー。

昔は珍しかったのかしら?Jonathanは目印にしていたのかもね。

 

(click to amazon↓↓ ) “The Modern Lovers” [CD]クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(clibk to amazon↓↓ ) “The Original Modern Lovers” [CD]クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Jonathanが住んでいた場所が出てくるのがツボ。

前に和訳した時も書いかもしれないが、Jonathanの歌詞は、半径10mくらいの話がドカドカ出てくる。

リアルな話を面白おかしく描くところが好きだ。

悲しみ、寂しさを隠している笑いに溢れていて、ちょっぴり泣けて、そして笑えるのが、Jonathanの優しさに思えるの。

誰しも抱えている孤独感や阻害感を愛で包み込む。

そんな歌詞がロックンロールに乗ると、パワーが出てくるよ。

優しくて、お茶目なJonathanのヴェーカルが今夜もあなたのハートに温もりを与えるよ。

Lyraも人々に愛と優しさと、ほんの少しでもパワーを与えられた幸せだな。

今夜はむっちゃ寒いから、The Modern Loversでホンワカしましょう。

月に向かって車を走らせる。

貴方を思いながら…。

最高のロックンロールがあるから大丈夫よ。

Love you.

スポンサーリンク[ad#go1]

The Modern Lovers was prot punk band. It pointed the way towards much of the punk rock, new wave, alternative and indie rock music of later decades. Their only album, the eponymous The Modern Lovers, contained idiosyncratic songs about dating awkwardness, growing up in Massachusetts, and love of life and the USA.

Jonathan Richman grew up in Massachusetts, and wrote this song in 1970. Bandmate John Felice recalls that at that time him and John

used to get in the car and just drive up and down Route 128 and the Turnpike. We’d come up over a hill and he’d see the radio towers, the beacons flashing, and he would get almost teary-eyed. He’d see all this beauty in things where other people just wouldn’t see it.

Jonathan said in this interview:

When I would sing Roadrunner the thoughts that would be going through my own head would be of a cold, freezing night out there. It was not cruising for burgers like American Graffiti… No. It was a lonely kid, which was me, in my father’s station wagon… We put a good beat to it, but I just thought it was so lonely “how’s anyone going to like this?” I never thought anyone would.

Jonathan Richman saw the Velvet Underground multiple times when they played in Boston, and this song’s two-chord structure is directly ripped from the song Sister Ray. John Cale actually produced the first version of this song, and you can almost hear the organist quoting Cale’s licks from Sister Ray.

Stephen King quoted a verse of the song to introduce one of the chapters of his novel Christine. Every chapter of the novel begins with a quotation of lyrics from rock songs about cars.

Personnel

  • Jonathan Richman – vocals, electric guitars
  • Jerry Harrison – piano, organ, backing vocals
  • Ernie Brooks – bass, backing vocals
  • David Robinson – drums, backing vocals

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。