【Pearl Jam/ Black】和訳 1番人気の曲 Speak For Your Feelings

Pearl Jamが好きだ。

Grunge好きだから好きっていうのもあるが、彼らからは生活や人生や人間臭さが感じられるから好きなのだ。Pearl Jamは、Grunge Rockのカテゴリ〜に入れられているが、どちらかと言うと王道のアメリカンロック寄りだと思う。

それこそEddie Vedder (ヴォーカル)が仲良しさんであるNiel Youngなど、アメリカの夢や希望と言った明るい面と、挫折や「資本主義のクソッタレ!」といった自国の闇を暴露して来た、先人ロッカー達の潮流に乗っているバンドだと感じている。

まあ、そんなこむづかしいことを今ここで言及することもないんだけど…w

ただPearl Jamを聞いていると(見ていると)、SteveのギターやEddieのマイクを持つ姿の向こうに、見えるの。

Lyraが好きだった人達の姿が。

同じ時代に行き、共に音楽の人生を歩み、苦楽を共にした仲間であり一緒にバンドをしていたり、互いに自分のバンドのステージに呼び合って、一緒に歌ったりプレイしたり…。

今は亡き人達もPearl Jamと一緒に息づいているのだろう。

彼らがいる限り。

ロックは死なないのかもしれない。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のロックバンド、Pearl Jam パールジャム。

 

スポンサーリンク

グラミー賞受賞、アルバム4枚がビルボード誌に初登場1位(2013年時点)、CDセールス最速記録がギネスに認定され、アメリカを代表するロックバンドである。

*Pearl Jamについては色々書いて来たので過去記事を参照して下さい。例えばこちら→  和訳【Alive /Pearl Jam】解説 Grungeのように I’m Still Alive!

 

今日Lyraが和訳する曲は、Pearl Jamのデビューアルバム、1991年リリースの『Ten』に収録されている5番目の曲【Black】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に、又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) début album “Ten- Gold Series”  [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon ↓↓ ) “MTV Unplugged Live- Degi”  [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

“Black” is a song by the American rock band Pearl Jam. The song is the fifth track on the band’s debut album, Ten (1991). Featuring lyrics written by vocalist Eddie Vedder and music written by guitarist Stone Gossard.

=Black=

[Intro]
Hey, hey, yeah, uh

[Verse 1]

Sheets of empty canvas, untouched sheets of clay

Were laid spread out before me as her body once did

All five horizons revolved around her soul as the earth to the sun

Now the air I tasted and breathed has taken a turn

Mm, and all I taught her was everything

Mm, I know she gave me all that she wore

[Chorus]

And now my bitter hands chafe beneath the clouds

Of what was everything

Oh, the pictures have all been washed in black

Tattooed everything

[Verse 2]

I take a walk outside, I’m surrounded by some kids at play
I can feel their laughter, so why do I sear

Mm, and twisted thoughts that spin ‘round my head

I’m spinning, oh, I’m spinning, how quick the sun can drop away

[Chorus]

And now my bitter hands cradle broken glass

Of what was everything

All the pictures have all been washed in black

Tattooed everything

[Post-Chorus]

All the love gone bad turned my world to black

Tattooed all I see, all that I am, all I’ll be, yeah

Mm, mhm, oooh

[Bridge]

I know someday you’ll have a beautiful life

I know you’ll be a star in somebody else’s sky, but why

Why, why can’t it be, oh, can’t it be mine?

Ooh, ah yeah, ah, ooh

[Guitar Solo with vocalizations]

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, doodoo-doo-doo-doodoodoo

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, ooh ooh ooh

Doodoo-doo-doo-doodoodoo, ooh

 

 

おい、おい、いいぞ、ウー

 

真っ新なキャンバス地のシーツ

手付かずの粘土

彼女の体が昔のように

俺の前に広げられた

地球が太陽に向かっているが如く

5つの地平線全て

彼女の魂の周りを回っていた

俺が味わって吸った空気が

今 変わった

う〜む

俺が彼女に教えたのは全てだった

う〜む

彼女が着ていたものを全て

俺にくれたのは分かってるぜ

 

そして今

俺の辛辣な手が

全ての雲の下で擦れる

おお

写真はすべて

黒で濡らされたのか

全てを黒く刺青で

 

スポンサーリンク

 

外を歩いてるよ

遊んでる子供たちに囲まれてる

俺は彼らの笑いを感じることができるのに

何故

俺は涙を流すのだろう?

 

う〜む

頭をぐるぐる回る捻れた考え

俺は回っている

ああ、狼狽えているんだ

太陽はどれほど速く落ちることができるのか?

俺の辛辣な手が

全ての割れたガラスを揺らしてる

おお

写真はすべて

黒で濡らされたのか

全てを黒く刺青で

 

全ての愛が悪くなり

俺の世界は黒くなった

俺が見るもの全て

彫ったんだよ

俺が見るもの全て

俺の全てを

俺がなるだろう未来も

だろ?

 

う〜む

う〜む

オー

 

俺には君がいつかは

素晴らしい人生を送るだろうって

分かっているんだ

君が誰かの空の星になることを

知っているよ

でも何故だ?

何故なんだよ?

なぜそれが俺には出来ない?

ああ

それは俺のものではないのかよ?

おお

アー

まあな

おお

アー

 

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

ドゥードゥー

ドゥー、

ドゥードゥードゥー

オー、オー、オー

ドゥードゥー

ドゥー、ドゥー

ドゥードゥードゥー

オー

 

Songwriter: Eddie Vedder, Stone Gossard

Translator: Lyra Sky 和訳

 

Eddieのような低い声が好き。

優しい歌声だから余計にシリアスな問題を歌っているように感じるのかもね。

素敵な歌声だから、CD ヴァージョンも載せておきますね。

*たまに”再生できません”と書いてある時がありますが、”Youtubeで見る”をクリックすると見れますよ。

↓↓

リリースまで

この曲は、ボーカリストのEddie Vedder が作詞、ギタリストの Stone Gossardが作曲を担当。

1992 年アルバム『Ten』が商業的に成功した後、Pearl Jam のレコード レーベルであるエピック レコードは、この曲をシングルとしてリリースするようグループに要求したのだが、バンドは曲の個人的な性質を理由に拒否したと言ういきさつがある。

上を無視して、ゴリ押しでシングル化をしなかったにも関わらず、商業的なシングル リリースが無しで、この曲はビルボードのメインストリーム ロック トラック チャートで 3 位に輝いたと言うのだから、いかにPearl Jamが当時から人気があっだかわかるし、この曲が多くの人のハートに響いたかがわかるだろう。

この曲のリミックス バージョンは、Pearl Jamの 2004 年のベスト アルバムである『Rearviewmirror』、および 2009 年『Ten』のリイシューに収録されている、バンドの最も人気のある曲の 1 つになり、ファンのお気に入りになっている曲なのだ。

バンドの代表的な人気曲【Black】

 

そして【Black】は、Pearl Jamの最も有名な曲で人気曲の1つというだけでなく、アルバム『Ten』の中心的な感情的な曲だと言っていいだろう。

エピックレコードからのプレッシャーにもかかわらず、拒否したのは、「この曲が余りにも個人的であり、ビデオやシングルリリースによってその感覚が失われるだろうと感じるからだ」とEddieは述べている。

「壊れやすい曲は、ビジネスによって押しつぶされる。 俺は、その一部になりたくない。 そしてバンドも、その一部になりたくいと思う。」と語っていた。

このEddieの思いは、非常に強かったみたい。エピックが彼の希望に反してシングルとして曲をリリースしていないかを確認するために、個人的にラジオ局のマネージャーに電話をかけたりしている。余程信じられなかったのだろう。

これだけ大っぴらにしたくはなかったにも関わらず、1993年にビルボードメインストリームロックトラックチャートで3位、ビルボードモダンロックトラックチャートで20位にランクインした曲となったのだから、、、いつも Lyraは良い曲は、歩き出すのだと思っている。その良い例だね、この【Black】は。

 

スポンサーリンク

作詞作曲について

この曲は、1990 年にギタリストのStone Gossard によって書かれた 【E Ballad】 という名前のインストゥルメンタル デモとして始まった。これは、歌手を見つけることを期待して出した、Stone Gossard Demo  ’91 というテープに編集された 5 曲の 1 つだったの。

Pearl Jam のドラマー からテープは、当時サンディエゴのガソリンスタンドで働いていたボーカリストのEddie Vedder の手に渡った。

Pearl Jam /Jeremy 和訳 Discover the Truth 解説

 

Eddie Vedder はデモ テープの 3 つの曲 (「Alive」、「Once」、「Footsteps」) のボーカルを録音し、テープをシアトルに送り返したのは有名な話。

テープを聞いた後、バンドはEddieをシアトルに招いた。 Eddieは、シアトルに向かう途中、【E Ballad】の歌詞を書き、それを【Black】と呼んだのだ。

この曲は、ロンドン ブリッジ スタジオでの 10 回のアルバムのレコーディング セッション中に、Rick Parashar がプロデューサーとして指揮をとった時に録音した。最終的にTim Parmer とイギリスのサリーにあるリッジ・ファーム・スタジオでミックスされ完成したのだった。

Steveは言う、

「それは、Stevie  (Ray Bone) のおしゃべりのようなもので、俺が少し流れるようなものを演奏しているんだ。 その旅行の途中だったんだよ。実際には今でもそうだけど、当時はもっと明白だっただろう。 曲は本当に美しいと思ったよ。Stoneはそれを書いて、ただ俺がやりたいことをやらせてくれたんだ」

 

歌詞について

Eddieは、長年American Music Club のファンだった。Pearl Jam の曲【Black】について、Melody Maker の All Jones は、「例として AMC の曲がなければ作成できませんでした。【Black】は【Western Sky】から直接引用していませんが、「幸せになってください」という歌詞を言い換えていますよ。「Baby」では、Eddie が非常にアイツェルな方法で歌っています。「いつかあなたが美しい人生を送れることを願っています」と」

彼らが最初に会ったとき、Eddie はAll Jones の解釈を確認した。

「ええ、誰もそれを取り上げたことはありません」とEddie は彼に言った. 「これはアメリカン ミュージック クラブですが、ここにいる皆んなが彼らのことを聞いたことがあることに驚いています。」と言ったと言う。

【Black】の歌詞について

 

2011年の本『Pearl Jam 20』でEddieは、この曲の意味について次のように述べてもいる。

「初めての人間関係についてだよ。この曲は手放すことについても歌っている。 人間関係が地球の引力に耐えられることは非常にまれであり、人々はどこへ行き、どのように成長していくのか?叶わぬ恋じゃないと(片思いの恋じゃないと) 本当の恋ではない、って言われているそうだ。それは厳しいものだ。なぜなら、貴方の本当のものは、永遠に持つことができないものだからだよ」

 

 

 

このように、EddieはPearl Jam20のドキュメンタリーでも、この曲は最初の関係についてであると説明していた、、、

「手放すことについての歌だ」と最新の関係から手放すなんて悲しい考え方だ。

そんな考えがあるならば、その恋は上手くいくはずがない。

だから疑り深いセリフを書いているのだろう。

「人間関係が地球の引力に耐えることは非常にまれであり、それが人々をどこに連れて行き、どのように成長するのか。」この考えから、地平線と女性を絡めたり、目が回ると言う表現をEddieは用いたのだ。

疑心暗鬼になりながらの恋愛は、神経すり減らすだけ。さぞや辛いでしょうに。

おまけに「片思いでなければ本当の愛は持てないと言われているそうだ。」と言う噂まがいの言い伝えを、信じているとは、、、後ろ向きすぎる。

売れっ子ゆえの悩み。人を信じられなくなるアレか?

当時のEddieは、大人気でGrunge ムーブメントの真っ只中にいたのだから、今よりもっと変なハイエナみたいな連中が多かったに違いない。

「あなたの本当の人は、あなたが永遠に持つことができない人だからだよ」だなんて、Eddieをここまで人間不信にしたのは何だったのだろう?

今となっては、陽気なパパで、趣味に生きるサーファーのEddieからは想像も出来ない、後ろ向きな考え。

まさにGrungeぽい歌詞、Grungeぽい考えなのだが、、、。

この曲がリリースされた1990年代後期の、等身大の男の感情なのかも。

クリス・コーネル(サウンドガーデン)、貴方の声がずっと好き。 Chris Cornell , great singer, R.I.P. …

【Alice In Chains / Would?】 和訳 Regrets & Cling to Life 生と死

 

Eddie の歌詞に似たことを書いていた今は亡き人達も、きっと喜んでいるだろう、天国で。

Pearl Jamが、こんなに長く音楽を奏でられていられることに。自分たちを代弁してくれてるみたいだから。

そして、Eddieの歌声も(最近は特に) 彼らに向けて歌っているようだ。

お前たちの気持ちを俺が代わりに今、歌ってるよ、と。

 

全ての愛が悪くなり

俺の世界は黒くなった

俺が見るもの全て

彫ったんだよ

俺が見るもの全て

俺の全てを

俺がなるだろう未来も

だろ?

 

 

(click to amazon↓↓ ) “MTV Unplugged Limited Edition” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓) “Ten” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

After Ten became a commercial success in 1992, Pearl Jam’s record label Epic Records urged the group to release the song as a single. The band refused, citing the song’s personal nature. Despite the lack of a commercial single release, the song managed to reach number three on the Billboard Mainstream Rock Tracks chart. Remixed versions of the song were included on Pearl Jam’s 2004 greatest hits album, Rearviewmirror, and the 2009 Ten reissue. It has gone on to become one of the band’s most popular songs, as well as a fan favorite.

 

スポンサーリンク

‘Black” became one of Pearl Jam’s best-known songs and is a central emotional piece on the album Ten. Despite pressure from Epic Records, the band refused to make it into a single, feeling that it was too personal and the feeling of it would be lost by a video or a single release. Vedder stated that:

Fragile songs get crushed by the business. I don’t want to be a part of it. I don’t think the band wants to be part of it.

Vedder personally called radio station managers to make sure Epic had not released the song as a single against his wishes. In spite of this, the song charted at number three on the Billboard Mainstream Rock Tracks chart and number 20 on the Billboard Modern Rock Tracks chart in 1993.

 

*Click “watch youtube” when alert  “can’t watch this” and you can do it.

 

The song originated as an instrumental demo under the name “E Ballad” that was written by guitarist Stone Gossard in 1990. It was one of five songs compiled onto a tape called Stone Gossard Demos ’91 that was circulated in the hopes of finding a singer and drummer for Pearl Jam. The tape made its way into the hands of vocalist Eddie Vedder, who was working as a San Diego gas station attendant at the time. Vedder recorded vocals for three of the songs on the demo tape (“Alive”, “Once”, and “Footsteps”), and mailed the tape back to Seattle. Upon hearing the tape, the band invited Vedder to come to Seattle. On his way to Seattle, Vedder wrote lyrics for “E Ballad”, which he called “Black”. The song was recorded during the Ten album recording sessions at London Bridge Studios with Rick Parashar at the helm as Producer. The song was finally mixed and completed at Ridge Farm Studios in Surrey, England with Tim Palmer

Guitarist Mike McCready on the song’s lead guitar work:

That’s more of a Stevie [Ray Vaughan] rip-off, with me playing little flowing things. I was way into that trip—I still am, actually, but it was probably more obvious back then. I really thought the song was beautiful. Stone wrote it and he just let me do what I wanted.

 

(click to amazon↓↓) “Pearl Jam’s Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Vocalist Eddie Vedder on the song’s lyrics:

Pearl Jam’s Eddie Vedder had been a fan of American Music Club for years. Pearl Jam’s song ‘Black’, Melody Maker’s All Jones maintains, “couldn’t have been written without AMC’s songs as an example. ‘Black’ doesn’t quote directly from ‘Western Sky,’ but it paraphrases the line ‘Please be happy baby’ where Vedder sings in a very Eitzel way, ‘I hope someday you’ll have a beautiful life’.” Vedder confirmed Jones’ interpretation when they first met. “Oh yes, nobody ever picked up on that,” the singer told him. “It is American Music Club, but I’m surprised that anyone here has even heard of them.”

On the 2011 book Pearl Jam Twenty, Vedder said about the meaning of the song:

It’s about first relationships. The song is about letting go. It’s very rare for a relationship to withstand the Earth’s gravitational pull and where it’s going to take people and how they’re going to grow. I’ve heard it said that you can’t really have a true love unless it was a love unrequited. It’s a harsh one, because then your truest one is the one you can’t have forever.

 

Eddie Vedder explained in the Pearl Jam 20 documentary that this song is about first relationships.

The song is about letting go. It’s very rare for a relationship to withstand the Earth’s gravitational pull and where it’s going to take people and how they’re going to grow. I’ve heard it said that you can’t really have a true love unless it was a love unrequited. It’s a harsh one because then your truest one is the one you can’t have forever.

Personnel

Pearl Jam

  • Eddie Vedder – vocals
  • Mike McCready – lead guitar
  • Stone Gossard – rhythm guitar
  • Jeff Ament – bass guitar
  • Dave Krusen – drums

Additional musicians

  • Rick Parashar – piano, Hammond organ

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。