解説【Prince/ I Wanna Be Your Lover】和訳 プリンスの純愛 Prince’s Pure Love

この笑顔を見よ!

プリプリ殿下はハンサムなのよ。

本当、美しくて下品で、下世話で崇高な生き物だったと思う。

今日は、ウブな自分に戻った気持ちで(両目をパチパチしてる感じで想像して下され…分からないならば、ミニーマウスな感じ) 、Lyraが殿下と初めて出会った時の曲を和訳しようと思います。

だから巻頭の写真は、デビュー当時のお髭にロン毛でフワフワッと行こうと思っていたのに、何か「笑った時のプリプリ殿下が、可愛かったよなぁ」と思い出してしまい、こちらにしました。

可愛いよね〜、笑った時のPrince。

Lyraはお髭好きだけど、笑顔フェチかもな。誰だってそうよね、好きな人の笑顔は見ていたい。

無理して笑わなくて良い。ブスッとしていて良いの。でも一緒にいて楽しいなら、笑って。

Lyraの文章、読んでる時くらいは、面白かったら笑って。

貴方の笑った顔が好きだから。

ホントだお。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ミネアポリス出身のミュージシャン、マルチインストゥルメンタリスト、シンガーソングライター、プロデューサー、俳優であるPrince Rogers Nelson プリンス・ロジャーズ•ネルソン ( 1958年6月7日 – 2016年4月21日)。Princeの名前で知られるヒットメイカーだ。

スポンサーリンク

これまでに12作品のプラチナアルバム、30曲のトップ40シングルを生み出し、アルバム・シングルの総売り上げは1億3000万枚以上という名曲を量産出来る数少ない天才だと思う。

 

*Princeについては、こちらなど→ 和訳【Prince/Little Red Corvette】解説プリンスの生き様 A Man named Prince

 

今日Lyraが和訳する曲は、1979年8月24日リリースの2nd アルバムでPrince 初のプラチナアルバム『Prince』(邦題: 愛のペガサス)に収録されている先行シングル1974年4月24日リリースのシングル【I Wanna Be Your Lover】。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon ↓↓ ) 2nd Studio Album “Prince” [CD] クリックしてアマゾン ↓↓

 

 

“I Wanna Be Your Lover” is a song by American recording artist Prince. It was released on August 24, 1979, as the lead single from his second album, Prince. The song was Prince’s first major hit single in the United States, reaching number 11 on the Billboard Hot 100 on January 26, 1980, holding the number 11 position for two weeks, and peaking at number one on the Billboard Hot Soul Singles chart for two weeks.

=I Wanna Be Your Lover=

[Verse 1]

I ain’t got no money

I ain’t like those other guys you hang around

And it’s kinda funny

But they always seem to let you down

And I get discouraged

‘Cause I never see you anymore

And I need your love, babe, yeah

That’s all I’m living for, yeah

[Pre- Chorus]

I didn’t wanna pressure you, baby

But all I ever wanted to do

[Chorus]

I wanna be your lover

I wanna be the only one that makes you come running

I wanna be your lover

I wanna turn you on, turn you out, all night long, make you shout

Oh, lover! yeah

I wanna be the only one you come for

[Verse 2]

I wanna be your brother
I wanna be your mother and your sister, too
There ain’t no other
That can do the things that I’ll do to you

And I get discouraged

‘Cause you treat me just like a child

And they say I’m so shy, yeah

But with you I just go wild, woo!

I didn’t wanna pressure you, baby, no

But all I ever wanted to do

[Chorus]

I wanna be your lover

I wanna be the only one that makes you come running

I wanna be your lover

I wanna turn you on, turn you out, all night long, make you shout

Oh, lover! yeah

I wanna be the only one you come for, yeah

[Instrumental Outro]

 

 

僕はお金がないし

君がデートしてるような男達みたいじゃないしね

これってちょっと変だよね?

でもアイツらは君を失望させてるだろう?

僕はガッカリさ

だって僕はこれ以上

君とは会えないんだから

でも君の愛が必要なんだ

ベイビー

ああそうさ

君に会うことだけが

僕の生きてる全てだよ

そうなんだ

 

君を苦しめたくなんか無かったんだよ

ベイビー

でも僕が本気でしたいことなんだ

 

君の恋人になりたいよ

君が喜んで駆け寄ってくる

たった1人の人間になりたいんだ

君の彼氏になりたいよ

君をその気にしたい

二人の関係が進展したら

君に一晩中

声を上げさせたい

おお

恋人に!

僕は君が欲しいと思ってくれる

たった一人の男になりたいんだ

 

スポンサーリンク

 

君の弟になりたい

君のママにもなりたいし

君のお姉さんにもなりたいんだ

僕が君にしてあげることを

出来る奴らなんていないぜ?

ガッカリだよ

だって君ったら

僕を子供扱いするんだからな

で、アイツらは僕のこと

恥ずかしがり屋って言うしさ

だろ?

でも君と一緒なら

僕はワイルドになるよ

ウー!

君を苦しめたくなんか無かったんだよ

ベイビー

違うって

でも僕は本気でなりたいんだ

 

君の恋人になりたいよ

君が喜んで駆け寄ってくる

たった1人の人間になりたいんだ

君の彼氏になりたいよ

君をその気にしたい

二人の関係が進展したら

君に一晩中

声を上げさせたい

おお

恋人に!

僕は君が欲しいと思ってくれる

たった一人の男になりたいんだ

 

Songwriter: Prince

Translator: Lyra Sky 和訳

 

もう存在自体がヤバい人。中々こんな人いません。

マルチインストルメンタリストって言うだけでも凄いのに、それ全てが完璧に弾けてしまう。

そして作詞作曲も上手くて、又、上手いだけでなく「プリプリ印」つまり、プリンスらしい彼独自のブランドを音だけで表現出来ること。

自分印として作れる個性を持っていること、それを長い時間キープできていたことが素晴らしいアーティストの証拠だと思う。

 

スポンサーリンク

リリースまで

【IWannaBe Your Lover】は、1979年8月24日にセカンドアルバム『Prince』のリードシングルとしてリリースされた。

プリンスの米国での最初のメジャーヒットシングルであり、1980年1月26日にビルボードホット100で11位に達し、2週間で11位を維持。ビルボードホットソウルシングルチャートで2位で1位になり長く続いたのだ。(40週間)

この曲は、ワーナーブラザースをやめた後に、商業的に売れなかったPrince のデビューアルバム『For You』のフォローアップに書いたものだった。

歌詞について

音楽的には、ヴォーカルがファルセットだけで歌われるファンクソングと言うのだから、当時は珍しかったのではないだろうか?(今も珍しいと思うけど)

誰もやらないことをサラッとやってしまうのが、Princeの魅力の一つだ。

この曲は、Princeの女性への愛情と、普通の男性達よりも彼女をどのように素敵に扱うか?を歌っている。

そして彼女が彼を「子供」と考えていることにも欲求不満を抱いていることなどを詳しく説明しているのがなんとも可愛らしい曲だ。

シングルエディットでは2:57分後には曲は終わる。だが、アルバムバージョンは、Princeが演奏するポリモーグを含むキーボードとシンセサイザーのジャムでオフになると言う、超ど・ファンクな曲なのだ。

玄人向きの終わり方だなあ、と思う。

デビュー作『For You』に引き続き、この曲もPrince 自身がボーカルのみならず、全パートの楽器も担当している。

収録曲のうち、この【I Wanna Be Your Lover】と【I Feel For You (恋のフィーリング)】は、元々はPatrice Rushen パトリース・ラッシェンに提供するために作られたが、いずれもラッシェンに却下されたと言う曲である。

何故か?は、ご当人ではないから完璧なる事実はLyraにはわからないが、後々になってこの歌詞がPrinceが、当時ピアニストで歌手でもあったこのPatrice Rushen に恋をした気持ちを書いたことが明らかになったので、ここら辺の関わり合いから何かあったのかも?と深読み(真実に近いと思うけど)は出来る。

個人的には、Lyraならば売れてなくてもPrinceの才能が分かるし、歌詞がメロメロに好きと言っているから、歌うし付き合うだけどなあ、、。まあ、Patriceのタイプではなかったのでしょうね、歌詞にもあるし。

 

 

ちなみに同じアルバムに入っている【Bambi】の歌詞は、同性愛の女性に恋をした男性の視点となっている。ここらへんも関係してたりして?って深読みが過ぎました、、、(事実とは違うと思います。)

この【I Wanna Be Your Lover】は、初の大ヒットであり、Prince 初のミュージック・ビデオが制作された曲でもあった。

だからLyraが。初プリ意識したVideoなのだと思う、、、だって知ってるプリプリ殿下とは全く違って超ヤバい怪しさがあったから。これが一番強烈だったのです。

様々な楽器を一人で演奏する映像がフィーチャーされているビデオのこちらがメジャー。他にもバンドとプレイしているのもあるが、こちらがオフィシャルで初。

本作は1980年、プリンスのアルバムとしては初めて日本盤LPも発売されたらしいから、ここから殿下の快進撃が始まった記念統べき曲でもあるのです。

プリプリ殿下は、インターネットやサブスクやインストールでお手軽に曲を聴いたり買ったり出来ることに懸念を抱いていたから、第一線からワザと退いて曲を大っぴらには出さなくなった。

晩年のプリプリ殿下は、嫌がってはいたが、曲をリリースする代わりに自らサイトを立ち上げて曲を発表していたが、彼の最初のWebサイトの機能として、彼の最大のヒットのいくつかについて90年代半ばに仮想ライナーノーツを書いていた。

プリンスのこの曲についてのコメントは、

「もともとは、デモ4でPatrice Rushenのアルバムとして録音されました。 [僕は]、その時彼女に狂ったように夢中でした。だからこの歌は彼女について書いたんです」

ハッキリとスパッと書き切ってしまえるプリプリ殿下の男らしいこと!

 

 

歌詞の中に「アイツらは僕のことを恥ずかしがり屋と(バカに)する」って彼女の周りにいる男に言われてたみたいだけど、違うわ。確かにシャイな笑い方をPrinceはするけれど、あれはプリプリの癖でしょうに。

全く誰も分かっていなかったんだな、Princeの良さも、男らしさも。

そのような中で頑張っていた当時のPrinceが可哀想になってきてしまう。

だが自分らしく、力強く、湧き出て来るものを素直に吐き出して美しいサウンドやメロディと、ストレートな気持ちを歌う愛の歌詞を作り続けたPrinceを素直に素晴らしいアーティストだと思える。

頭の中には音楽と愛だけ。

何と言う理想の生き方!

I wanna be your brother
I wanna be your mother and your sister, too
There ain’t no other
That can do the things that I’ll do to you

と言う箇所は、ちょっと異常さが出ているけれど(笑)、弟やママやら姉妹になりたいって言ってるのは、異常なほど「君の1番、近しい人になりたい」って意味ですね。

もう常に一緒に居たいわけよ、プリプリ殿下は!

「俺以外に、君を愛してるやつはいないし、俺みたいに君を愛せる奴はいないよ」ってpusherだわ。最高!

こんな愛を貰わないなんて勿体ないわ。

Princeの愛を浴びながら今夜も癒されよう。

うう〜最高!

 

(click to amazon↓↓) Second Album “Prince” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

(click to amazon ↓↓ )  Compilation Album “Up All Nite [CD+DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“I Wanna Be Your Lover” was written after Warner Bros. requested a follow-up to Prince’s debut album For You, which had underperformed commercially. In response, Prince recorded “I Wanna Be Your Lover.” Musically, it is a funk song sung exclusively in falsetto, detailing Prince’s love for a woman and how he would treat her better than the men she is with, and frustration that she thinks of him as “a child”. The single edit stops after 2:57, but the album version goes off on a jam of keyboards and synthesizers, including a Polymoog, played by Prince. It was later revealed that the song concerned a crush Prince had at the time on pianist and singer Patrice Rushen.

 

About “I Wanna Be Your Lover” 1 contributor

“I Wanna Be Your Lover” is Prince’s first Top 40 Hit on one of his first successful singles in his illustrious career.

Prince wrote virtual liner notes in the mid-90s  for some of his biggest hits as a feature on one of his first websites. Here’s his entry for “I Wanna Be Your Lover”:

originally recorded as a demo 4 Patrice Rushen’s album. [I] had a mad crush on her at the time and the song is about her.

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。