和訳 Sex Bob-Omb【We Are Sex Bob-Omb】解説 Love’s Mystery

もう最近のLyraの頭ん中は、大変〜。

Harley乗り回したドンぱちに、直ぐに恋してやっちゃうのやら、Virus蔓延で家族が崩壊(世界も崩壊)した中、どうやってVampireを倒すか?や、奥さんの元に帰りたいのに奇妙な町に捕まったやらで、しっちゃかめっちゃかだ(内容ちゃんと把握、記憶、我ながらアッパレ)。

でも冷静になってみると、全く違うカテゴリーなのに、根本的なテーマが同じ「いかに愛するものを命がけで守れるか?」だから驚き‼️

ああ私ったら結局、愛にハマってしまうのね…納得。

そう思ったら「一目惚れしたアイツにまっしぐら」なこの大好きな映画を思い出してしまった。

全く飄々としてる癖に、一途に熱い奴。

今日は、愛のために戦う男のサウンドトラックを和訳しちゃうぞ!

スポンサーリンク[ad#go1]

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、2010年のカナダ、アメリカ合衆国、日本、イングランド合作映画『Scott Pilgrim vs. the World』(スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団)のサウンドトラックです。

映画については、数年前にこのブログで詳しい解説や感想を書きました。覚えていてくれるフォロワーさんもいると思う。(【スコットピルグリム VS 邪悪な元カレ軍団】 ダメダメBassist真実の愛で変身!)

原作はカナダのBrian Omaly ブライアン・リー・オマリーのコミック作品『Scott Pilgrim スコット・ピルグリム』 。

たまにお出かけしていて、古着屋や雑貨屋の壁にScott Pilgrimの漫画が、飾ってあるのを見かけるので、名前は知らずとも、絵は見たことある人もいるでしょう。

映画は 、ゆるゆる俳優Michael Cera主演の、青春おバカムービー系、、、ですが、実は純愛で、それが、コミックのコマ割り世界に忠実な映像に、妙にハマっていて、Lyraは、大好きです。↓↓

*詳しい映画の感想&解説は、こちら!→【スコットピルグリム VS 邪悪な元カレ軍団】 ダメダメBassist真実の愛で変身! Scott Pilgrim vs. the World

 

今日Lyraが和訳する曲は、映画の中で、主人公のScott Pilgrimがベースを担当しているバンドの数少ない(笑)、レパートリー曲である【We Are Bob Omb】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

( click to amazon↓↓ ) Single “We Are Sex Bob Omb” [CD] シングル、クリックしてアルバムへ ↓↓

(click to amazon↓ ↓) Original Sountrack “Scott Pilgrim vs. the World” [Streaming, CD] アルバム、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

Sex Bob-omb is Scott’s indie rock band, comprising of Stephen Stills (vocals and guitar), Scott Pilgrim(bass), Kim Pine (drums) and Young Neil (biggest fan and understudy bass). The name is a double reference to Bob-omb, an enemy from the Super Mario series and either the Flipper song “Sex Bomb” or the Tom Jones song “Sex Bomb.” Also a reference to real life band Sex Pistols.

(click to amazon↓ ↓) “Scott Pilgrim vs. the World” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

They are an average band, neither wildly popular nor terrible, though the tedium of later recording their album results in the band hardly ever playing gigs or practicing and getting rusty.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= We’re Sex Bob-Omb=

[Intro: Kim Pine]
We are Sex Bob-Omb!
One, two, three, four!

[Refrain: Stephen Stills & Scott Pilgrim]
Yeah, yeah
Yeah, yeah

[Verse: Stills]
Laminate the stasis
Mama, mama serpentine
I got a breathalyzer
And my body’s clean

[Refrain: Stills & Pilgrim]
Yeah, yeah
Yeah, yeah

[Outro: Stills & Pilgrim]
Yeah, yeah, yeah, yeah
Yeah

 

セックス・ボム・オムだよ!

1,2,3,4!

 

そう、そう、そうだ、そうだぜ

 

血行停止したのを

ラミネート加工して

ママ、ねえ

蛇の動きだよ〜

俺なら飲酒検知器を持ってるぜ

俺の体は綺麗なもん

何も隠し持っちゃないぜ

 

そう、そう、そう、そうだぜ

そう、そう、そう、そうだぜ

どうだ

Songwriter: Beck Hansen

Translator: Lyra Sky 和訳

ギャハハ〜!

ストレートなガレージサウンドに意味不な歌詞!

このユルユルな3人がやってるバンドのキャラクターにピッタリだ。

全く変な奴らで、20代前半にしては、かなりガキ。特にScottは、恋する前は、かなり自分勝手な嫌な奴で、周りの友人達からは嫌われてる感じ。

特にドラムのKimとは一時期付き合っていたから、気まずい雰囲気を残したまま。

バンドあるあるなノリでやめられないKimの心中、お察しします(笑)。

そのKimが、バンド演奏する前に必ず掛け声したり、喚いたり、1,2,3,4,がRamoneな感じよね。

“We are Sex Bob-Omb and we’re here to make you think about death and get sad and stuff”

「アタシ達はセックス・ボム・オムよ!アタシ達が、アンタ達に死を考えたり、悲しくなったり切なくなるようにしてやるわ!」って叫ぶのが笑える。

一応そう言う、エモなバンドにしたいらしい、、、

ある意味健気な奴らだわ。

スポンサーリンク[ad#go1]

Sex Bob Ombは、コミックの中でのバンドであるため、映画で演奏しているのは、俳優さん達であるのは当たり前。

ベースがMichael Ceraで主人公のScott Pilgrimである。

いけすかない野郎で、適当に優しく適当にフラフラしているから、適当にモテて来た奴。

だから、周りには「いやな奴」であったのだが、一目惚れしたRamonaに出会ってからは、180度変わってしまう。

真面目に愛する彼女を守るために、命がけで、元カレ達と戦って行くのだからね。

自己犠牲まで出来る様になるんだから、ミュージックビデオのシーン(オープニング)とは、えらい違いだ。

顔つきも最初と違って来るし、喋り方もキリッとしちゃって、ベースもバキバキにプレイするようになって行くのだから凄すぎる。

他人に対しての接し方まで、誠実になるのだから、恋って魔物だわ。

それを面白おかしく、時には真剣に演出しているのは、演出が上手いのだろう。

演奏は、スーパーな上手さはないがガレージ・ロックなんだから平気(笑)。

今まで楽器を持ったことさえない3人が、Sex Bob Ombらしくプレイしているのだから、役者魂を見たわ。

Guitar & VocalのSteven役のMark Webberが「2ヶ月前にはギターも触ったことがなかったんだぜ。マジ、びびる」と、撮影前に話しているのを見て、キュンとしてしまったLyraって何者?、、、な、ビデオは、こちら!↓  ↓

ドラムのKim Pine 役のAlison Elizabeth Pillは、な、な、なんとLyraが大好きな American Horror StoryのCultに出ていたレズビアン役の人です。

あちらとは全く違うキャラだが、どちらも、ふてくされた表情が似合う人だわ。

*【アメリカンホラーストーリーシーズン8黙示録】第2話ネタバレ感想あらすじ 「変態さん、いらっしゃーい」

 

漫画だと、このドラムのKimとScottは、ハイスクールの時に、このSex Bob Ombの前のバンドSonic and Knucklesでも一緒にやっていて、付き合っていたわけ。

だから、微妙な距離感で、Kimとしては、もやもやしながらバンドを続けてるのよね。

「別れたから気まずいし、こいつ嫌いだからバンド辞めたいけど、ドラムはプレイしたいから辞められない」ってバンドあるあるな訳。

 

大学生になり、Stephen Stillesも入れて新たにバンドを始めたのが、このバンド。

一応、地元のバンドコンテストにも出場し、そこでRamonaの邪悪な元カレ軍団の1人と戦いを始めてしまったことから、彼の長くて過酷な試練の戦いが始まるわけです。

その幕開けの曲として、この【We Are Sex Bob Omb】が演奏されるのだから、ノリの良さとハードさが求められる、、、

ピッタリな出来じゃないでしょうか?

 

( click to amazon↓ ↓) “Scott Pilgrim vs. the World: スコット・ピリグリムと邪悪な元カレ軍団” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

関係ないですが、この映画の監督ってJack Whiteに似てる気がするの。

I’ve thought they’re so double when I see one of them. I love Jack White. and I love the movies of Edgar Wright. I can feel R&R! but look alike…it’s mystery…look like twins. ha ha

👠Jack Whiteについては、こちら等→【White Stripes / Seven Nation Army】 和訳 Soulmate & Succer anthem. Lyrics

👠Edgar Wrightの映画については、こちら→【スコットピルグリム VS 邪悪な元カレ軍団】 ダメダメBassist真実の愛で変身! Scott Pilgrim vs. the World

 

この曲をプロデュースしてるし、ルックスと言い、ロックな男と見た!(つまり好きっ💕)。

因みに映画では、Sex Bob Ombの曲は、Beck Hansenが作詞作曲をしていて、演奏は、今紹介した3人の俳優達がしています。

3人をみっちりしごいたコーチは、Sloanと言うバンドの、Chris Murphy。

 

 

この曲を提げて、Scott達、Sex Bob Ombは、Toronto International Battle of the Bandsで、 G-Manと言う有名レコードプロデューサー主催のコンテストに出る、そして戦い、勝ち抜いていけば、大好きなRamonaを彼女に出来る、と言う資格を得られる。

だから、Scottは戦って行くのであーる。

愛のために、愛の戦士になるのだ。

火の玉ボールのMatthew Patel を倒し、

Crash and the Boysと戦い、

hardcore Katayanagi Twins (片柳兄弟)を倒して行きながら、

Scottは次第に、ユルユルなベーシストから、

熱いFireな男へと変身し、

あらゆるジャンルの男たち、(途中、RamonaはLesbian のお試し時期があった為に、女とも戦うScott)と戦って、勝ち抜きRamonaの為に勇者となるのだー。

 

(click to amazon↓ ↓) Single “We Are Sex Bob Omb” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

(click to amazon↓ ↓) Original Soundtrack Album “Scott Pilgrim vs.the World”[Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

剣の代わりに、ベースを弾き鳴らし、

ライトセイバーの代わりに、ベースから火を放つ、、、ってのは、デフォルメし過ぎの漫画だし、映画らしい派手な演出だけど、メッセージは、「愛する者の為に戦う」なの。

だからアホみたいなことやっていても、ハートに来る。

まるで、Sex Bob Ombのバンドサウンドと同じで、頭つかってないけどハートだけで、押し切っている感じ。

ストレートなサウンドそのまんまの愛を捧げるScottが、可愛く思えてくるの。

あんな嫌な奴だったのに。

愛って不思議。

“Mama, mama serpentineって、Guns’n’Rosesかよ!” とLyraはツッコミ入れちゃった。

まあ、これも肉欲的な愛ってことか?

 

Love’s mystery 〜 ♪

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

“We are Sex Bob-Omb and we’re here to make you think about death and get sad and stuff” Kim’s words before they play.

In high school, Scott Pilgrim and Kim Pine were involved in a band called Sonic and Knuckles. However, it only played one gig at Lunchapalooza as Scott moved to Toronto almost straight after. Kid Chameleon was a band founded by Scott Pilgrim, Stephen Stills, and Envy Adams when they were in college together. Other members joined later on, including Young Neil’s sister, Steph Nordegraf . A record deal and relationship issues between Scott and Envy led to Stephen and Scott leaving the band. Envy then founded The Clash at Demonhead.

Sex Bob-Omb was founded around the time Kim moved to Toronto. The band enjoyed no success. After Scott defeated Todd Ingram at Lee’s Palace in Volume 3, they performed in the stead of The Clash at Demonhead and were generally praised by the crowd.

In volume 4, Stephen spots Joseph’s home recording studio as he helps Kim move into Hollie and Joseph’s apartment. Joseph agrees to record their songs, but only because he finds Stephen attractive. Stephen’s obsessive recording lead to them not practicing and getting rusty. Stephen even turned down gigs because they were “recording”.

In volume 5, recording continues, but at one point Stephen has the band practice. A few “sucky minutes later”, and it’s clear to all three that they’re going nowhere. Unfortunately, they are scheduled to perform a gig at Sneaky Dee’s, originally believed to be an act of vengeance by Julie for her breakup (For the fiftieth time) with Stephen Stills. Due to Scott’s absent-mindedness, they get songs mixed up- Kim thinks they’re playing “Herself the Elf” when they’re really supposed to be playing “Erasmus the Enchanter.” Right before this fiasco ensues, Scott is attacked by one of the Katayanagi’s robots and Scott breaks his bass during the fight with the robot. This, combined with Kim’s moving back to her parent’s home, essentially ends the band’s career.

During the events of volume 6, Stephen, along with Joseph and Cole start an Unnamed Band with Stephen on bass, Joseph on guitar and Cole on drums. A gig at Cameron House is successful. After the fallout at Chaos Theatre, Scott and Kim reformed as the duo Shatter Band. With Scott on guitar and vocals, and Kim back on drums, the two are seen to perform once only for Young Neil, Knives, and Ramona’s pet cat, Gideon. Their performance receives an overall negative reception, but they don’t care and continuing playing for the cat.

(click to amazon↓ ↓) Single “We Are Sex Bob Omb(Fast) version” [Streaming] Fast バージョン、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

In the Movie, all of Sex Bob-omb’s music was written by Beck Hansen and performed by the actors. Chris Murphy of the band Sloan served as music coach.

Throughout the movie, Sex Bob-Omb is taking part in the Toronto International Battle of the Bands, for a chance to win a contract with G-Man, the most popular music recorder of the decade. They win their first match by default when a rogue fireball by Matthew Patel incinerates the opposing band Crash and the Boys. In the second battle, Sex Bob-Omb administer a stunning defeat to the hardcore Katayanagi Twins.

The group are signed to a label by G-Man, revealed to be evil ex # 7 Gideon. Scott refuses to sign, and is replaced by Young Neil. When Scott comes to confront Gideon, the trio are somewhat dejected and Kim quotes them as being “sellouts” the first time around. Scott doesn’t seem to mind being replaced at this point, and after cashing in his Extra Life he inspires the group inciting them (and Kim) to play more hardcore for the second run. He does this by stating to Stephen that the band sounds much better without him, refers to Young Neil as simply “Neil,” and formally apologizes to Kim for how their relationship turned out. After Scott defeats Gideon, Gideon explodes into a barrage of coins that covers the Theatre. After Kim points out that this has effectively killed their record deal, Stephen Stills jumps off the platform and begins shoving as much of the victory coinage as he can into his pockets, Neil pursues and, for reasons unknown, picks up a coin and puts it in his mouth.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪