【Temples / Sun Structures】 和訳 Let’s Trip to Mythical World! 今時のサイケデリック誕生!

Psychedelic Rock サイケデリックロックが好きなLyra。

だからと言って余計な物を使ってあちらの世界へトリップするのが好きなんではなぁーい。

純粋にRockで飛びたいの。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ケタリング出身のサイケデリックロック・バンドTemples テンプルズ。

2014年2月5日にリリースされたデビューアルバム『Sun Structures』が本国イギリスのメディアやアーティスト達に絶賛されたバンドだ。

デビューしたての彼らのサウンドを聴いたOasis オアシスの Noel Gallagher ノエル・ギャラガーが、 「20年前、俺がOasis でやろうとしてできなかったサウンドだ」と、あの、あの、ノエルが言ったと言うんだから凄くない?

確かに、The Beatlesを崇拝しているNoelがサージャントペバーズやら、あのサイケデリック全盛期の時代の音を出したいと思うのは当然のこと。

オアシスのアルバムの中でその狙いが見て取れる曲の多いことは、Oasis好きな皆んなならばわかるでしょう。

そんなPsychedelic Rock好きのNoelが成し得なかったサウンドを出しちゃうバンド Templesがどんな作品を作ったのか?

その歌詞は、どんな世界を表しているのか?

については、Lyraの和訳の後に、お話しましょう!

今日Lyraが和訳した曲は、彼らのデビューアルバムと同タイトルの【Sun Structures】。

貴方もサイケデリック・ロックの虜になるかもよーん!

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) 1st Album CD “Sun Structures”                              クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Temples are an English rock band formed in Kettering, Northamptonshire in 2012 by singer and guitarist James Bagshaw and bassist Tom Walmsley.

The band’s lineup was later completed with the addition of keyboardist and rhythm guitarist Adam Smith and drummer Samuel Toms.

They have released two studio albums, two EPs, and a number of singles. Their debut album, Sun Structures, was released in 2014 and charted at number seven in the UK. They are signed to Heavenly Records and have toured internationally both as a support act and as the headliner.

Sun Structures is the debut studio album by Temples. It was released on 5 February 2014 by Heavenly Recordings.

The building shown on the album cover is the Rushton Triangular Lodge near Rushton, Northamptonshire. The song “Keep in the Dark” is played over the closing credits to the 2015 thriller film The Gift.

スポンサーリンク

= Sun Structures =

[Verse 1]
Move away from the shade of the glass
All in till summer last
All the rocks in the golden light
Mythical trust of a long lost fortune

[Verse 2]
Carry on to the distant sun
Relics flare in the eyes of the one
Even brace while in the gun
Legacy waits in a long lost fortune

[Chorus]
Take the path of you, inside the odyssey
Ritualistic signs upon the desert sea
Lead the river to the water
Take the fire from the trees

(Ah, ah)

[Verse 3]
Calling all in the time of the last
Ceremonial prayer to the grass
Sink the ground where the image falls
Mythical trust to a long lost fortune

[Verse 2]
Carry on to the far away side
Cross the side to the eyes of the one
Resting place for the echoing young
Legacy waits in a long lost fortune

[Chorus]
Take the path of you, inside the odyssey
Ritualistic signs upon the desert sea
Lead the river to the water
Take the fire from the trees

 

去年の夏のあらゆるガラスの影から移り

黄金に輝く光線の岩岩、

神話的なものは、長い忘却の繁栄を信じるものだ

 

広がる太陽まで続けよう

人類の瞳の中に、遺跡がメラメラと燃え上がる

銃の留め金でさえ

受け継いだものは、長い忘却の繁栄の時代の中で待っている

 

君へと続く道を行く、長い冒険の旅を

砂漠の海で儀式的に合図する

川は海へと導いて行く

木を用いて火を起こせ

 

(アー、アー)

 

臨終の時への欲求

儀式上の祈る者が芝生に頭を垂れる

そして、彫像が落ちてきた地面に沈下して行く

神話的なものは、長い忘却の繁栄を信じるものだ

 

遠い果てまで続けよう

人類の瞳へと渡って行こう

それは、声が木霊する子供達が安らげる場所

受け継いだものは、長い忘却の繁栄の時代の中で待っている

 

君へと続く道を行く、長い冒険の旅を

砂漠の海で儀式的に合図する

川は海へと導いて行く

木を用いて火をおこせ

Translator: Lyra Sky 和訳

 

4人編成の若造バンドがサイケデリックサウンドをこなしている、って言うのが、一番のキモなんだろう。

好きすぎて連日連夜、聞き通し!

頭の中にはJimi Hendrixジミ・ヘンドリックスがギターを掻き毟り、

The Doorsが軽やかなサウンドを繰り広げ、

Janis Joplinジャニス・ジョップリンが狂おしい愛の歌を歌っているのだろう。

Lyraもずっとそうだったから良〜く解る。

正にTemplesは、「好きこそものの上手なれ」を体現した成功例だ。

もとはスタジオプロジェクトだったTemples。

2012年にVocalのJames BagshawとBassのThomas Warmsleyが始めたドュオが原型。

地元ケタリングで録音したり曲作りを楽しんでいるうちにKeyboardとRhythm GuiterのAdam Smithと、Drumsの Samuel Tomsが加入して、現在のTemplesになった。

2人だけでやっていた時にYou tubeに作品を挙げていたのだけど、それをたまたま、インディーズのHeavenly Records ヘヴリンリーレコードの関係者が見つけてデビュー話に発展して行くのだから、継続は力なりってことよね?

好きなものを突き詰めて、真摯に続けて行けば必ず道が開けると言うものだ。

まぁ、その突き詰めて行くって言うのが中々、出来なかったりするのが常なんだけど、、、。

陳腐な言葉だけど、Templesには、やはり才能があったってこと?

 

スポンサーリンク

 

この【Sun Structures】の歌詞は、サイケデリックロックの王道なことを歌っている。

内証的な世界を、ヒッピーが好きだった太陽や砂漠や川や海、、、と言った自然界の言葉を絡めて表現している。

Templesは、寺院て名前だからか、その自然界の言葉に、宗教と古代からの神話をプラスしているのが、特徴的かもしれないね。

神話好きな作詞家、自然が好きなギタリスト、宗教的なバンド、と言うのではなく、色んな先人たちの良い所を引き出してきたみたいだ。

ただ、この歌詞には、燃えるような愛はない。

The Doorsの熱いセリフも、

Elic Claptonの激しい愛憎もこの神話的な曲にはない。

良い意味で言えば、クールで洗練されたサイケデリックサウンドだ。

悪い意味で言ったら、熱い感情が溢れたハートがない。

燃え滾る愛がないのは、Love Song好きなLyraには物足りなくて仕方がない。

ただ、現代のイギリスにもどこにも、ヒッピーは居ないし((カルト集団以外には)、今時、熱いセリフ言うのは流行らないのかもねー。

それを考えたら、LSDで頭がおかしくなった「知覚を広げて」いたお馬鹿なミュージシャンも少しは、世の中に貢献して居たのね、、、だって、素晴らしい曲の中に、真実の愛が、燃え滾る人間の姿を描き出したのだから。

ドラッグなしで、サイケデリックロックをやるとCool クールになるのかもね。

これが、進化系サイケデリックロックなのかも。

 

サウンドはバッチリ👍

だから、歌詞もバッチリ👍  になるといいなぁ〜と思うLyraは、欲張りなのかもしれないね。

熱い歌詞じゃなくたって良いじゃん、って人の方が一般的だもの。

でも、ロックが好きだから、最高を求めてしまう〜。

サイケデリックなんだもの!

勿体ない!

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) 1st Album CD “Sun Structures”                                 クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

【Sun Structures】は、長い、長〜い旅をする歌詞だ。

それは、愛する君の元へ、ではない。

(you とは言ってるけど)違うのだ。

それは、大好きな過去のロックやロッカーに出会うための歴史絵巻だ。

それを紐解いて行くのがTemplesなのかもしれない。

そんな自分たちの姿勢をこの【Sun Structures】で歌っているのだ。

Templesは、Noelや 色々なミュージシャンに絶賛され成功した。

が、未だに自分たちの音の追求をやめて居ないのだろう。

それは、過去の先人たちとのmeetingな旅だ。

いつ終わるとは知れず、長く果てしない旅だろう。

だから、私たちもTemplesのサウンドを聴いて行くと、一緒にサイケデリックロックの真髄を探す旅に出れるよ。

足りないところは、私達自身の感情に委ねれば解決するだろうしね。

さあ、行こう!

サイケデリックサウンドの旅へ!

スポンサーリンク

 

Credits adapted from the liner notes of Sun Structures.

Temples

  • James Bagshaw – lead vocals, lead guitar, production (all tracks); mixing (“Shelter Song”, “Fragment’s Light”)
  • Adam Smith – rhythm guitar, keyboards, backing vocals
  • Thomas Warmsley – bass, backing vocals
  • Samuel Toms – drums

Additional personnel

  • Cerne Canning – management
  • Thomas Caslin – design, layout
  • Zoë Maxwell – artwork, photography
  • Claudius Mittendorfer – mixing (all except “Shelter Song” and “Fragment’s Light”)
  • James Sandom – management
  • Abbie Stephens – artwork, photography
  • Noel Summerville – mastering

 

= Temples =

 

Background information
Origin Kettering, England
Genres
  • Psychedelic rock
  • neo-psychedelia
  • pop
Years active 2012–present
Labels
  • Heavenly
  • Fat Possum
Associated acts
  • Sukie
  • Lightning Seeds
  • Koolaid Electric Company
  • Secret Fix
  • Benson Taylor
  • Pilots of the Sun
  • The Moons
Website templestheband.com
Members James Bagshaw
Tom Walmsley
Sam Toms
Adam Smith
Past members Jack Prince

The band was initially formed as a home studio project in mid 2012. Walmsley and Bagshaw had known each other for years before these projects. It was at this point that they were in rival bands based in their hometown of Kettering. The duo had later worked together in The Moons, with Bagshaw also having sessioned with the Lightning Seeds and co-fronted another earlier Kettering band Sukie who formed in 2006 and charted at No 1 in the UK Indie Chart with their debut single “Pink-A-Pade”. Sukie were featured in the fanzine “Siren”, edited and created by Walmsley to document Kettering’s music scene.

The duo uploaded four self-produced tracks to YouTube, which caught the attention of Heavenly Recordings founder Jeff Barrett, who agreed to release the band’s debut single “Shelter Song” in November 2012. They then enlisted fellow Kettering resident drummer, Samuel Lloyd Toms  (Secret Fix, ex-Koolaid Electric Company ) and keyboard player Adam Smith and started rehearsing as a band, so they could play their songs live, having never played live as a band before. The band released their second single “Colours To Life” in June 2013.

Band members

Current
  • James Edward Bagshaw – lead vocals, lead guitar
  • Adam Thomas Smith – rhythm guitar, keyboards, backing vocals
  • Thomas Edward James Walmsley – bass guitar, backing vocals
  • Samuel Toms – drums
Former
  • Jack Prince – drums

Discography

Studio albums

  • Sun Structures (5 February 2014) UK No. 7
  • Volcano (3 March 2017) UK No. 23

Remix album

  • Sun Restructured (10 November 2014)

EPs

  • Shelter Song EP (7 July 2014)
  • Mesmerise Live EP (16 September 2014)

Singles

  • “Shelter Song” / “Prisms” (12 November 2012)
  • “Colours to Life” / “Ankh” (24 June 2013)
  • “Keep In the Dark” / “Jewel of Mine Eye” (7 October 2013)
  • “Mesmerise” (20 November 2013)
  • “Move with the Season” (3 November 2014)
  • “Certainty” (26 September 2016)
  • “Strange or Be Forgotten” (10 January 2017)
スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪