和訳 The Raconters【Steady As She Goes】解説 焦る婚活男? A Man’s Impatience

随分前に和訳&解説した Dead Weatherは、情念のバンドだとLyraは思っている。

ヴォーカルにAlison(女性)がいるから、とか言いたくはないのだけど「色恋沙汰ですったもんだしてますわ〜」感がハンパない歌詞と激しいギターがそう思わせてしまうの。

で、こちらのThe Raconteursは、Popさがある土着ぽいバンドだと感じてる。

それは、カントリーやブルースぽい南部なサウンドだと思うし、あと男連中だけで集まって愚痴り大会してる気がするからだ。

それも酒の席で話している感じ。

でもそこには妬みや嫉みある模様。

うーむ、男もネチネチ相手をやり込めちゃうのか?と観察しながら聴いてLyraは楽しんでる。

でも、Jackがネチネチな男子の歌詞を書いて泥臭いサウンドをすると、何故かオシャレになるから不思議〜。

これもJack Whiteの才能の一つかも?

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のロックバンド、The Raconteurs ラカンターズ。

オーストラリアだけでは、同名バンドがいたせいで、The Saboteursという名でも知らている4ピースバンド。

The White Stripes ザ・ホワイト・ストライプスの Jack White ジャック・ホワイト(ヴォーカル&ギター)、もう1人のギター&ヴォーカルであるBrendan Benson ブレンダン・ベンソンとの2人のギターの絡み合いとヴォーカルの掛け合いが、味があるバンドである。

今日Lyraが和訳する曲は、The Raconteursのデビューアルバムである2006年1月30日リリースの『Broken Boy Soldiers』。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓ ↓) 1st Studio Album “Broken Boy Soldiers” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

“Steady, As She Goes” is the debut single by the rock band The Raconteurs from their first album Broken Boy Soldiers.

The Raconteurs also known as The Saboteurs in Australia is an American rock band from Detroit, Michigan, formed in 2005. The band consists of Jack White (vocals, guitar), Brendan Benson (vocals, guitar), Jack Lawrence (bass guitar), and Patrick Keeler (drums). Lawrence and Keeler were originally members of the Greenhornes, while White and Lawrence went on to become members of the Dead Weather.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

=Steady As She Goes=

[Verse 1]
Find yourself a girl and settle down
Live a simple life in a quiet town
Steady as she goes (steady as she goes)
Steady as she goes (steady as she goes)
So steady as she goes

[Verse 2]
Your friends have shown a kink in the single life
You’ve had too much to think, now you need a wife
Steady as she goes (steady as she goes)
So steady as she goes (steady as she goes)

[Chorus]
Well here we go again
You’ve found yourself a friend that knows you well
But no matter what you do
You’ll always feel as though you tripped and fell
So steady as she goes

[Verse 3]
When you have completed what you thought you had to do
And your blood’s depleted to the point of stable glue
Then you’ll get along
Then you’ll get along
Steady as she goes (steady as she goes)
So steady as she goes (steady as she goes)

[Chorus]
Well here we go again
You’ve found yourself a friend that knows you well
But no matter what you do
You’ll always feel as though you tripped and fell
So steady as she goes
Steady as she goes
[Verse 4]
Settle for a world, neither up or down
(Settle for a world, neither up or down)
Sell it to the crowd that has gathered round
(Sell it to the crowd that has gathered round)
Settle for a girl, neither up or down
(Settle for a girl, neither up or down)
Sell it to the crowd that has gathered round
(Sell it to the crowd that has gathered round)
[Outro]
So steady as she goes (steady as she goes)
Steady as she goes (steady as she goes)
Steady as she goes (steady as she goes)
So steady as she goes (steady as she goes)
Steady as she goes, are you steady now?
Steady as she goes, are you steady now?
Steady as she goes, are you steady now?
Steady as she goes, are you steady now?
Steady as she goes

 

1人の女の子に興味を持って

落ち着く

静かな町でのんびり暮らすのさ

 

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

だから突然の変化は回避するよ

 

お前の友達は

独身生活の変態ぶりを見せるよね

お前はやり過ぎちゃって

考えられないんだろうけど

今こそお前には奥さんが必要だぜ

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

あーあ

また始まったか

気がつくとお前は

自分のことを良く知ってる奴とつるむだろ?

でも何をしててもさ

つまずいて落ち込んだ気分になるだけだぞ

だから突然の変化は回避しろって訳さ

 

お前ってやらなきゃいけないと思っていた事を

完璧にやり遂げたな

お前の血は安定した接着剤で

枯渇されるだろうよ

そしたら何とかやっていけるだろ

仲良しさ

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

 

あーあ

また始まったか

気がつくとお前は

自分のことを良く知ってる奴とつるむだろ?

でも何をしててもさ

つまずいて落ち込んだ気分になるだろうよ

だから突然の変化は回避しろって訳さ

突然の変化は回避しろって訳さ

 

この世界で手を打てよ

上流でも下流でもない地位でさ

(この世界で手を打てよ

上流でも下流でもない地位でさ)

集まった連中にそんなの

売っちまえって

(集まった連中にそんなの

売っちまえって)

こんな子で手を打ちなよ

最高でも最悪でもないようなさ

(こんな子で手を打ちなよ

美人でもブスでもないようなさ)

集まった連中にそんなの

売っちまえって

(集まった連中にそんなの

売っちまえって)

 

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

(突然の変化は回避するよ)

突然の変化は回避しろ

今のお前って落ちついてるの?

突然の変化は回避しろ

今のお前って落ちついてるの?

突然の変化は回避しろ

今のお前って落ちついてるの?

突然の変化は回避しろ

今のお前って落ちついてるの?

突然の変化は回避しろ

 

Songwriters: Brendan Benson, Jack White

Translator: Lyra Sky 和訳

この古めかしいサウンドが、オシャレに感じてしまうから不思議。

映像は、ロッカーやブルーズマン達に愛されている (日本ではオシャレ好きが必ず『好き』と言う)  Jim Jarmushが監督しているのだから、「全く同じような趣味の連中が集まってワイワイやれて羨ましい〜!」と叫びたくなってしまう。

ザラついた画像も、わざと古めかしくするための加工。

それが廃屋みたいな牧場のなやで歌っている彼らを、よりブルージーなメンバーに見せているから上手いなあと思う。

勿論、サウンドがただ古臭い音を借りてきて真似しているだけではなく、彼ら自身の独自のサウンドとして生み出されているから味があるのだ。

狙った古めかしさが、新しく粋に思えてしまう。

これも、色んな音楽を聴いてきた音楽オタクでもあるJackの狙い通りだろう。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

このグリーンホーンズの2人によるリズム隊も古めかしさと、土着ぽいカントリーさや男臭さを醸し出している。

荒々しいガレージ・ロックが、ベースにあるThe Raconteursだが、ピアノやオルガンをBrendanもJackもプレイするし、ホーンセクションなど様々な楽器を使用して、バリエーションがあるサウンドを出せるのが、彼らの魅力であり強みだ。

特にオルガン好きのLyraには、彼らの古臭いサウンドと、ノスタルジックなアートワークやファッションなどが、ますます女心をくすぐられる。(変態なので一般論ではないだろうけど)

このノスタルジアな曲およびアートワークが、より男臭さや、輩で集まった感を増しているのだ。

2008年英国グラストンベリー・フェスティバルに出演するなど、各国のフェスティバルに出演し、世界的ツアーも沢山こなしてきているThe Raconteursだが、2011年に活動を休止。

その後2018年12月に新曲リリース、2019年来日した後2019年6月21日に11年ぶりとなる3rdスタジオアルバム『Help Us Stranger』をリリースした。

 

(click to amazon↓ ↓) 3rd Studio Album “Help Us Stranger” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

この【Steady As She Goes】は、元々バンド結成する前から仲良しだったJack WhiteとBrendan Bensonが2人で作った最初の曲だ。

デビューシングルでもあるので、The Ranconteurrsが始まった曲と言っても良い。

 

(click to amazon↓ ↓) 1st Studio Album “Broken Boy Soldiers” [Analog] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

結婚した友人の影響で、人生や自分の立場なんかについて色々考えちゃって、モヤモヤしてしまってる男の歌だ。

結婚した同性の友人が落ち着いて「早くお前も落ち着いたら?」と言うのに、

「家庭なんか持っちゃって偉そうにしやがって、キー!」と思いながらも、プレッシャーを感じる男の愚痴りソングであり、相手の男の上から目線も表していて面白い。

男性もこんな風になるんだなあ〜とリアルに感じて、、、というか「JackもBrendanもそんな事考えて、キー!となるんか?」と思ってジワるわ。ww

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Racounteurs – Jack White Poster” [Hobby] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

因みにこの曲は、”Best Rock Performance by a Duo or Group with Vocal” でグラミーでノ 、mtvU Woodie の ”Best Live Action Video” でもノミネートされている大人気曲であり、作品の評価も高いのよ。

土着ぽさに、男子の愚痴り大会が面白くて、コミカルにも感じて大好きな一曲。

とにかく、男子の気持ちが分かって面白い。

Lyraの好きな曲は、男性目線が多いから、ロックで男心を知れて勉強にもなるわ〜、と密かに思ってるの。

「良く周りから責めろ」何て聞く。

この曲みたいに周りがバンバン結婚して行くと「俺も結婚するべきか?」と思ったり、ラブラブいたら「彼女欲しー」なるんかね?

ラブラブ〜。

「ラブラブしたい〜」思ってくんないかな?

「ラブラブ・モードなれ〜!」と今夜は、念力送っておこっ。

Love Love〜!

Zzz〜!

スポンサーリンク[ad#go1]

 

“Steady, As She Goes” is the first song ever written by White and Benson.

The Raconteurs’ 2006 “Steady as She Goes” is a single off the Broken Boy Soldiers album. It tells the story of a man who is pressured by his friends to get married, and must decide whether to get into a hasty relationship he doesn’t want to be in or deal with his friends’ teasing, finding himself at a place where he is unhappy no matter what he does. It was nominated for the “Best Rock Performance by a Duo or Group with Vocal” award at the Grammy’s, as well as mtvU Woodie’s “Best Live Action Video” award.

There are two music videos for “Steady, As She Goes”. The first music video was directed by Jim Jarmusch, and focuses on the band performing the song. It premiered on MTV2 on March 10, 2006, and was also available for streaming on the band’s website. In the second music video, The Raconteurs teamed up with Paul Reubens. In this video, each band member plays an imaginary speed-racing hero in an old-fashioned soap box race, following the heroes on their cut-throat chase for first place. Reubens plays an unscrupulous pit boss, stooping to low levels to ensure a win for his racer, Jack Lawrence. Lawrence and Reubens (wearing standard melodrama-villain handlebar moustaches) cheat many times throughout the race, to make sure that Lawrence wins. Patrick falls off a cliff, Brendan crashes, and Reubens shoots White (“the Copper Kid”) with a blow gun. Lawrence wins. The latter video premiered exclusively on Yahoo! Music on June 19, 2006.

Band members

  • Brendan Benson – vocals, guitar, keyboards, organ, piano
  • Patrick Keeler – drums, percussion
  • Jack Lawrence – bass guitar, banjo, backing vocals
  • Jack White – vocals, guitar, keyboards, organ, piano, stylophone, mandolin, production

Touring members

  • Dean Fertita  – keyboards, percussion, guitar, backing vocals (2006; 2011; 2019-present)
  • Mark Watrous  – keyboards, fiddle, percussion, violin, vocals (2008)

Discography

Broken Boy Soldiers (May,16th,2006)

Consolers of the Lonely (March,25,2008)

Help Us Stranger (June,21,2019)

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪