和訳 Marcy Playground【Sex And Candy】解説 I’ll Say Not a Dream 夢じゃないお

ジワる。

最速で最強にハートに来る、ストレートなラブソング大好き人間のLyraなのは、皆さんご存知でしょう。

「今更、説明無用」と言われそう(笑)。

でもね、たま〜にジワる曲も好きなの。

Lo-fi ラブソングとでも言おうか?

モタモタしてるような、力が抜け過ぎたメロディだったり、Popなんだけど、歌詞が変だからか妙に引っかかるって感じの曲のことよ。

ただ人の気を引きたくて、変にしてるなら好きにはならない。

聴いていると情景が浮かぶ曲だったり、「ああ、分かる」と共感出来るからジワるのだ。

今日Lyraが紹介する曲が、まさにそんなジワる曲。

素朴なメロディに、ヘナヘナVocalが乗ってるだけなのだが、歌詞がエロくて、「わかる〜」曲なのだ。

ジワジワと来過ぎて、今夜、貴方は寝れなくなるかもよ?

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス出身のオルタナティブ・ロックバンド 、Marcy Playground マーシー・プレイグラウンド。

1994年結成してから3ピースバンドとして現在も活動中の(ドラムはメンバーチェンジ数回あり)、Post Grunge ポスト・グランジとFolk Rockフォークロックの良いとこ取りをしたサウンドとLyraは思っている、面白いバンドだ。

今日Lyraが和訳する曲は、Marcy Playgroundのデビュー・アルバムである『Marcy Playground』に収録されている大ヒットシングル1997年11月4日リリースの【Sex and Candy】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

( click to amazon↓↓ ) Debut Studio Album “Marcy Playground” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓ 

 

Marcy Playground is an American alternative rock band consisting of three members: John Wozniak(lead vocals, guitar), Dylan Keefe (bass), and Shlomi Lavie (drums). The band is best known for their 1997 hit this song “Sex and Candy”.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Sex and Candy =

[Verse 1]
Hanging around, downtown by myself
And I had so much time to sit and think about myself
And then there she was, like double cherry pie
Yeah, there she was, like disco super-fly

[Chorus]
I smell sex and candy here, mmm
Who’s that lounging in my chair? Mmm
Who’s that casting devious stares in my direction?
Momma this surely is a dream, yeah
Yeah, momma this surely is a dream, dig it

[Verse 2]
Hanging around, downtown by myself
And I’ve had too much caffeine, and I was thinking about myself
And then there she was, in platform double suede
Yeah, there she was, like disco lemonade

[Chorus]
I smell sex and candy here, mmhmmm
Who’s that lounging in my chair? Mmhmmm
Who’s that casting devious stares in my direction?
Momma this surely is a dream, yeah
Yeah, momma this surely is a dream, dig it
Yeah, momma this surely is a dream, yeah

[Chorus]
I smell sex and candy here, mmhmmm
Who’s that lounging in my chair? Mmhmmm
Who’s that casting devious stares in my direction?
Momma this surely is a dream, dig it
Yeah, momma this surely is a dream, mmhmmm
Yeah, momma this surely is a dream, yeah
Yeah, momma this must be my dream

 

ほっつき歩いてる

独りぼっちで街中をさ

ジッと座ってられる時間が有り余ってんのさ

それに自分自身についても考える時間がね

そうしたらさ

そこに

あの子がいたんだわ

まるでデラックスなチェリーパイ

そこに

あの子がいたんだわ

まるでクラブにいるお洒落なモデルみたいさ

 

ここはセックスとキャンディの匂いが充満してるぜ

誰だよ

俺の椅子にもたれかかってるのは?

ムムムム

誰だよ

俺の演出に邪な視線を投じてるのは?

ママこれは確実に夢だよ

そうだよ

そうさ

ママこれは確実に夢だよ

突っ込め

 

ほっつき歩いてる

独りぼっちで街中をさ

俺ったらカフェイン取り過ぎな

それに自分自身について考えていたんだよ

そうしたらさ

そこに

あの子がいたんだわ

まるでマシマシにしたスウェードの厚底シューズみたいなさ

マジだよ

あの子がいたんだわ

まるでクラブのレモネードみたいに甘いのさ

 

ここはセックスとキャンディの匂いが充満してるぜ

誰だよ

俺の椅子にもたれかかってるのは?

ムムムム

誰だよ

俺の演出に邪な視線を投じてるのは?

ママこれは確実に夢だよ

そうだよ

そうさ

ママこれは確実に夢だよ

突っ込め

そうだよな

ママこれは確実に夢だよ

 

ここはセックスとキャンディの匂いが充満してるぜ

ムムムム

誰だよ

俺の椅子にもたれかかってるのは?

ムムムム

誰だよ

俺の演出に邪な視線を投じてるのは?

そうだよ

ママこれは確実に夢だよ

突っ込め

ママこれは確実に夢だよ

ムムムム

そうだよな

ママこれは確実に夢だよ

そうだよな

これは俺の夢でなければいけないのさ!

Songwriter: John Wozniak
Translator: Lyra Sky 和訳

めっちゃヘナヘナでしょう?

全く、大学のサークルですら、こんな脱力系過ぎるバンドいないわ(笑)。

でも何か後を引くでしょう?この感じ。

Beckにも似た飄々としたサウンド。

歌い方はPavementぽいし、歌詞の面白おかしい感じは、時々、紹介するJonathan Richman (→『 I Was Dancing In The Lesbian Bar】和訳 解説 ジョナサン・リッチマンの魅力について)ぽいかもしれない。

Marcy Playgroundが彼らと違うのは、もう少し青くさい所だ。

「精神年齢が低い」と言ったら悪口みたいに感じるかもしれないが、良い意味で「若い」成長していない感じがエモくて良いの。

聴いてる人によっては、この感じがリアルな今の恋愛ラブソングになるし、人によっては昔の出会いを思い出してノスタルジアに浸れるラブソングになる。

そんなキュンとしたサウンドと歌詞がジワるのよ。

時間が経つほどに、ジワり又聴きたくなる曲。

それにこのちょいエロな感じがジワり始めるの。

スポンサーリンク[ad#go1]

Marcy Playgroundは、ヴォーカルのJohn “Woz” Wozniakが通っていた学校 the Marcy Open grade school in Minneapolisから取ったバンド名。

つけた理由が「少年時代や青春時代の気持ちを題材にした曲を作るから」…こんな所もサウンドと同じく、素朴な人だわ。

卒業後、2年間カレッジに通った後東ニューヨークに移住する。

その時にマルチプレイヤーとして働いていたJared Kotler(前ドラマー)が、知り合いのJohnのソングライティングの腕を買い、誘ってレコーディングをした。

その時の2曲をたまたま聴いたキャピトルレコード関係者が興味を持ち、彼らもバンドを始めたので、とんとん拍子でリリースする契約を1995年に交わしデビュー。

そのメジャーデビューの作品がこの『Marcy Playground』なのだ。

このアルバムはデビュー作なのにも関わらず大ヒット。

それは、このシングル【Sex and Candy】がビルボードのモダンロックチャートで15週間Top1にランクインするヒットを飛ばしたことに起因するんじゃないかな。

その理由は、飄々としたプレイに、ヘナヘナで素朴なサウンドに、変わったエロくて青臭い歌詞が乗っかっているからだ。

そして、Lyraの個人的な意見だが、このビデオも一役買っている気がする。

監督はJamie Caliri。 ヴォーカルのJohnが憧れていた監督さんで、Morphineの【Early to Bed】を制作した事で有名。

Johnの意見から、監督のJamie Caliri は、この【Sex and Candy】に隠された意味を吹き込んだ。

そのせいで、見ていると意味不明に見えるクモや緑色の液体も不思議と入ってくるのだ。

Marcy Playgroundの初プロモーション・ビデオにして、デビュー曲により強烈なイメージを埋め込むことに成功したのだと思うな。

それだけでなく、Marcy Playgroundのヘナヘナしてるけど個性の強いバンドイメージをも刷り込みした気がする。

 

(click to amazon↓ ↓ ) Debut Studio Album “Marcy Playground” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

ソングライターをメインでしているヴォーカルのJohnが影響されたアーティストが、

David Bowie,

Paul Simon

Neil Young,

Van Morrison,

Jimi Hendrix,

 Syd Barrett of Pink Floyd,

Nirvana,

Wham!

The Beatles.

だと言う。

Lyraには、彼のヘナヘナな歌い方がNiel youngぽいし、フワフワ感はSyd Barretぽい…などなど、うなづけるアーティスト達ばかりでウケてしまった。

歌詞はモロあれ。

下ネタが苦手〜なLyraには説明したくない感じ〜。

エロい歌詞やヤバイ歌詞を和訳するのは大得意だし、好きなんだけど下ネタ苦手なのよ。

何でだろ?恥ずかしいだけなんだが。

まあ結局、説明するけど(笑)、ヴォーカルのJohnが、パパが教鞭をとっていた大学で大学生だった時に、彼女を自分の部屋に良く呼んでいたんだと。

で、後日友人の女性が来て(何用で来たんだ?)、Johnの部屋に入って言った第一声が「この部屋、セックスと飴の匂いがするわ」だったのよーん!

「まあ〜素敵なセリフ」とLyraが思ったように、これを聴いたJohnも同じ風に思ったわけ。

で、朝の4時に曲が浮かんで1時間で書き上げたのが、この【Sex and Candy】なのだ〜!

本人は「こんな曲が大ヒットするなんてびっくり」と言ってるけれど、このサウンドは、まあ、良い感じ〜くらいだが、歌詞と合わさると滅茶苦茶Lyraには最強な曲になると思うのよ。

最速ではない。

が、最強にハートにジワジワ来ると思う。

エロいし、青春って感じが超エモい。

多分、これをストレートなガッツリなロックでやったらエロ過ぎて、Iggy Popくらいの強烈キャラじゃないとやりキレないわ。

このやる気なさげなヘナヘナな感じだから、「悩んでる若者感」があるし、「性にウブ」な感じも出てエモいのよ。

だからジワジワ来る。

切なさや、懐かしさもでて、中には好きな女の子とエッチしたことすら頭に浮かぶだろう。

もっと感覚が鋭い人なら体温や匂いまで思い出すんじゃない?

そんな威力を持ったヘナヘナLo-fi ラブソングって良いでしょう?

夜に聞いたら刹那さが倍増するのよ、これが!

夜中の4時(で明け方か?!)に作った曲だからか?

「これはセクシーな女の子に会って恋に落ちた歌だよ。で自分自身にアホなことを聞くのさ。まあ質問実際にはしないんだけど、自分自身に素直になれって言うのさ…て良く俺にもわかんないや。これ書いた時さ、俺は全くハイじゃなかったんだよ。でもこの曲の俺は、ハイみたいなんだよね。」

って、まんま自分が分かっていない感じが既にエモいやつ。流行りの大人中二病かもね。

Lyraも永遠にエモい奴みたいだから嫌いじゃないし、分かる思想。

そんな人間、大人になんて簡単になれないよ。

ハートは、いつまでも青臭くてアホみたいに萎えたり、ハイになったりするものだ。

仕事はバリバリやってても、恋愛や夢に対しては、少年少女のままだったりする。

でもそれで良いんじゃないかな?

可愛い子を見たらドキッとするだろうし、

格好良い人を見たら抱きしめてもらいたくなる。

そう言う気持ちがあるから楽しいんだと思う。

上手いこと言ったらこの曲みたいに、ムフフになれるかもよ。

モデルみたいな子とやって

「ママ、これは夢に違いないよね?」って聞くなよ、て気もするが、

もしそんな事、思ってるなら

Lyraならこう耳元で言ってあげる、

「夢じゃないお💕」

 

スポンサーリンク[ad#go1]

“Sex and Candy” is a song by Marcy Playground, a single from their 1997 self-titled debut album. It is a post-grunge song with psychedelic elements that features bass guitar and drums. Lead singer John Wozniak was inspired to write the song after a woman told him that a room smelled like “sex and candy.” The song’s abstract lyrics reference the disco era and include hippie lingo. In 1997, Wozniak said that “Sex and Candy” is an unorthodox love song; later, he said he does not know what the song means.and the song was written in just one hour.

The song spent 15 weeks atop the US Modern Rock songs chart and hit number eight on the US Billboard Hot 100 chart, giving Marcy Playground their first and only major hit in the US.

The song’s music video was directed and conceptualized by Jamie Caliri. Wozniak admired Caliri’s surrealist artistic sensibility as well as the video he directed for Morphine’s “Early to Bed”. According to Wozniak, Caliri infused the video for “Sex and Candy” with various hidden meanings. The video for “Sex and Candy” took a week to film and was Marcy Playground’s first video.

“Sex and Candy” stemmed from a moment in the late 1980s when John Wozniak, who had not yet started Marcy Playground, was in his girlfriend’s dormitory at Bryn Mawr College, where his father taught. While he and his girlfriend were having sex in her dorm room, another young woman walked in following coitus interruptus. She said the room smelled like “sex and candy”, a phrase that struck Wozniak as “weird and cool.” Several years later,  Wozniak wrote the song in less than an hour in his bedroom at 4 a.m. In the song, he decided to combine the phrase “sex and candy” with “all these weird disco-era references that I was making up, ‘platform double suede’ and all that business”. He also cited early grunge as an influence. According to MTV News, writing “Sex and Candy” was Wozniak’s “first stab at coolness” following a childhood where he was isolated and often bullied. Wozniak also said that “If you listen to that song, it’s pretty clear it wasn’t written to be a hit. It’s just a quirky little weird song.”

Wozniak’s explanations of the song’s meaning have changed. In a 1997 Billboard interview, he said it was a love song. While he enjoyed “classic” love songs by Cole Porter and The Beatles, he found most love songs that were on the radio during the 1980s formulaic and boring. Wozniak described “Sex and Candy” as his attempt to compose a love song which “didn’t follow the typical formula, especially with the lyrics.” When asked about the song’s meaning in 2015, he said “It means so many different things, and so many different parts of it came from so many different places” before saying.

… it’s just about seeing some sexy girl and then falling in love, and then asking a dumb question to yourself … well, it’s not even asking a question … I’m just gonna be straight up honest. I don’t know….when I was writing these songs, I wasn’t high. But it sounds like I was high.

Band

The band is named after the Marcy Open grade school in Minneapolis, which is the alternative school John Wozniak attended. He chose the name because many of his songs were inspired by his childhood. Marcy Playground emerged in the late 1990s. Influences include David Bowie, Paul Simon, Neil Young, Van Morrison, Jimi Hendrix, Syd Barrett of Pink Floyd, Nirvana, Wham! and the Beatles. The influences are quite clear on Marcy Playground’s self-titled album, with songs like Shadow Of Seattleand Saint Joe On The School Bus. Frontman John Wozniak’s first effort, Zog BogBean – From the Marcy Plyground, was self-produced, recorded in his bedroom studio with some help from his then-girlfriend Sherry Fraser and her brother Scott in the early nineties. A limited run of CDs were self-released by Wozniak. “Our Generation” and “Dog and His Master”, two songs found on Wozniak’s Zog BogBean project, would appear on later Marcy Playground albums. As of April 2009, Zog BogBean was available for download at Marcy Playground’s official site as well as other outlets such as iTunes.

After attending the Evergreen State College for two years, Wozniak moved east to New York, in order to work with multi-instrumentalist, Jared Kotler, who John had known from suburban Philadelphia. Jared believed in John’s songwriting talent and put together money with his cousin Jeff White in order to pay for the duo to record at Sabella Recording Studios in nearby Roslyn, NY. After hearing the two records worth of material John had recorded of John’s songs, Capitol Records became interested in the music. Kurt Rosenwinkel, a mutual friend, introduced bassist Dylan Keefe to John Wozniak and Marcy Playground began performing in NYC. The band was signed to Capitol in 1995 and they performed a series of NYC club dates that would be the first incarnation of Marcy Playground as a band. Personal problems between John and Jared reached a peak after a year of playing the New York music scene and drummer Dan Rieser was brought in to replace Jared. The self-titled album was released in 1997, with the first single, “Poppies”, released soon after. Marcy Playground emerged into the mainstream with the success of the single “Sex and Candy”. The song spent 15 weeks at No. 1 on the Billboard Modern Rock Tracks chart. The album went platinum and managed to spawn two other singles, “Saint Joe on the School Bus” and “Sherry Fraser”. Marcy Playground is quiet and minimalist in tone. Wozniak’s songs run in different styles: some are modern folk music; many have undertones reminiscent of children’s songs; the blurred sound of psychedelia makes appearances; and then there are the songs with a clear rock sound.

Band members

Current

  • John “Woz” Wozniak – guitar, vocals (1996–present)
  • Dylan Keefe – bass, backing vocals (1996–present)
  • Shlomi Lavie – drums, backing vocals (2009–present)

Former

  • Jared Kotler – drums, backing vocals, guitar (1996–1997)
  • Dan Rieser – drums, backing vocals (1997–2000)
  • Gonzalo “Gonz” Martinez de la Cotera – drums, backing vocals (2000–2009)

Discography

●Marcy Playground (February 25, 1997  )

●Shapeshifter (November 2, 1999)

●MP3 ( March 23, 2004)

●Leaving Wonderland…in a fit of rage ( July 7, 2009)

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。