和訳【Overkill/ Motörhead】Philthy Animal TaylorとMOTÖRHEADについて

全くLyraの放置能力と言ったら、どれだけ凄いことになっているのか?

日に日に溜まる和訳の山。

と言うか、単に気紛れなのだ。

例えば「素敵な曲、ウフッ」とSly & the Familystoneの某曲を和訳して解説書いて20:00位にUP!と思っていたら、間近で「やっぱPunkの気分だわ」となりFugaziをあげてまう。

「やっぱり今夜は映画のサントラよ!」と和訳したら、「嫌な事があったからJimi に元気貰おう」とJimi Hendrixにしてしまう。

その間に誰かのBirthday来たりすると延期しよう思うし、、、とズルズル引き延し&放置プレイをしてしまった犠牲者を今夜は紹介。

ごめんね〜Animal 待たせて。

アナタのために書いたのに遅くなっちゃったよ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ロンドン出身のハードロック・バンド Motörhead モーター・ヘッド。

スポンサーリンク[ad#go1]

Lemmy Kilmister  レミー・キルミスターをリーダーとし、彼が亡くなるまでの40年間活動したSpeed King。

HR/HMの形成に多大なる貢献をしたバンドだ。

*Motörhead については、こちらから→【 Motörhead / Ace Of Spades】 和訳 Jump Over Every Fence! 疾走するボーダレス野郎たち

 

そして、このバンドにドラマーとして在籍していたのが(途中から脱退)、その名のごとくアニマルなドラムを叩いてくれるドラマー  Philty Animal Taylor (本名: Philip John Taylor 1954年9月21日-2015年11月11日)。

今日Lyraが和訳する曲は、1979年3月10日リリースのスタジオアルバム『Over Kill』から同タイトルの【Overkill】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

( click to amazon↓↓ ) Studio Album “Overkill- 40th Anniversary Edition” [CD] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

Philip John Taylor (21 September 1954 – 11 November 2015), better known as PhilPhilthy AnimalTaylor, was an English drummer for the rock band Motörhead from 1975–1984 and 1987–1992, recording eleven studio albums and four live albums. The Motörhead line-up consisting of Taylor, Lemmy, and “Fast” Eddie Clarke is generally regarded as the ‘classic’ line-up of the band.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Overkill =

[Verse 1]
Only way to feel the noise
Is when it’s good and loud
So good I can’t believe it
Screaming with the crowd

[Chorus]
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Overkill, overkill
Overkill

[Verse 2]
On your feet you feel the beat
It goes straight to your spine
Shake your head, you must be dead
If it don’t make you fly

[Chorus]
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Overkill, overkill
Overkill

[Verse 3]
Know your body’s made to move
Feel it in your guts
Rock ‘n’ roll ain’t worth the name
If it don’t make you strut

Chorus]
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Overkill, overkill
Overkill
[Instrumental]

 

 

騒音を感じるられる唯一のやり方は

そいつが良い曲でデケエかどうかさ

ああ

信じられねぇくらい最高だぜ

観衆と一緒に叫ぶのが最高さ

 

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

過剰殺戮

過剰殺戮

過剰殺戮

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

両足踏ん張ってビートを感じろよ

お前の骨の髄まで直に感じるだろ?

頭を振りな

お前は死んでるに違いない

もしこのサウンドが

お前をいい気持ちにフッ飛ばしてやれないならな

 

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

過剰殺戮

過剰殺戮

過剰殺戮

 

わかってるか?

お前の体が自然と動かされているのを

感性で感じてみろや

もし、お前を気取って躍らせられなきゃ

ロックンロールの名が廃るぜ

 

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

汗を掻くんじゃねぇぞ

俺たちがお前たちの為に戻って来るからな

過剰殺戮

過剰殺戮

過剰殺戮

 

Songwriters: Edward Alan Clarke, Ian Kilmister, Philip John Taylor

Translator: Lyra Sky和訳

3ピースバンドが好きなLyraですが、改めてMotörheadは、立ち並ぶ姿のクールさにやられていたんだな、と改めて痛感した次第。

Creamも好きでこのブログで書いてきたけど、あの人達は彼らと違って互いにバトルしているせいか、互いに見合っている感じなのよね。

力のベクトルが中央に行く感じ。

それに反してこのMotörheadは、観客に向かって1列に隊列している感じ。

メンバー全員がオーディエンスに向かってエネルギーを放出している感じ。

そのせいか、潔さや男臭さが全面に出たストレートなattitudeが魅力だ。

声帯に悪いのに上向きで歌い続けた男Lemmyに、冷静に熱いギターを掻き鳴らすEddieに、野獣のドラマー Animal。

どの時代のMotörhead も好きだが、個人的にこのメンツの時代が、Motörhead 黄金期だ。

スポンサーリンク[ad#go1]

この【Over Kill】は、オーディエンスを前にした Motörhead メンバーのアドレナリンが湧き上がる想いを書いた詩である。

「Phil (Animal)がやって来て、ドラムリフをやり始めたら、ベースを落とし込んで俺たちは、合わせていく。いつもそんな感じで色々やってるよ。Tof the Pops (70年代からあったイギリスの音楽番組)に出演した時もそんな感じさ。観客の前で楽しくやったよ。でも安っぽくなったんだ。何故かって皆んなショーが好きでさ、ロックに合わせて踊りたいって言うんだ。万が一マジで奴らが好きだとしても、そんなの知らねぇって。」と言っている。

TV出演、このビデオがTop of Popsだから、この時のことを話しているのだ。

Lemmyは安っぽいと言っていたが、Lyraはそんな風に思わないし、寧ろあの人気番組(日本の歌謡曲番組みたいだよね) に出たのに、めちゃくちゃRockしていて我が道を行く体でやりぬいたように見えますわよ、Lemmy。

それに、Top of the Popsに出たと言うこと自体、彼らがネームバリューがあった証拠だ。

ただのHeavy Metal  Bandじゃないよ、ってことを証明したのだ。

 

( click to amazon↓↓) “Bomberhead-40th Anniversary Limited Edition”[CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

この曲は、1979年3月10日リリースで、Top of the Popsでは前日の9日に出演したので、前宣伝的な出演であったのだろう。

バンドのメンバーも好んでいた曲で普段はシングルの長さでプレイしているが、ライブでは良くロングバージョンでプレイすることも多かった。

Game界でも、疾走感があるからSSX on Tourや、Rhythm Game Guitar Hero World Tourにも使用されている。

(click to amazon ↓↓ ) Studio Album “Over Kill – 40th Anniversary Limited Edition” [CD]  クリックしてアマゾンへ↓ ↓

今日この曲を選んだのは Animalがこの曲で、2 Bass Drumsだからと言うのも理由。

彼のバースデイが9月21日だったので、それに合わせて書いたからだ。

でも21日って、おバカで可愛い人がアレなもんで…ついそちらを選んでしまう、毎年。(【One Of Us/ Liam Gallagher】ミュージックビデオの意味 At Bottom)

ならば「Animalの命日に!」と思っていたが、、、。「もう12月でLemmyじゃん。」とも思いましたが、Animalの格好良さにも注目してほしくて書いておきます。

Philthy Animal Taylor ことPhilp John Taylor(1954年9月21-2015年11月11日)は、チェスターフィールド生まれ、リーズ育ち。リーズ・カレッジ・オブ・ミュージックで父親から指導を受けたドラマーである。

Bass のLemmy と出会い、意気投合し、初代ドラマーLucas Fox の後任として1st アルバム『On Patrole』レコーディング中に加入した。後に、LemmyからGuitarのEddie を紹介されてから、Eddieとハウスボートのペンキ塗りの仕事をしていたという。

1980年 【 Motörhead / Ace Of Spades】 和訳 Jump Over Every Fence! 疾走するボーダレス野郎たちの録音中に首を怪我してしまう。

怪我は重症だったにも関わらずライブを続行。その後、首の怪我がトラウマになったと言う。

その首が悪い状態は、【 Ace Of Spades】 のミュージックビデオに写っている。

だが、Animalなだけに?、喧嘩沙汰が多くて、暴れるのをやめないAnimal。

ある日、男を殴ったせいで手の骨を折る。だが、テーピングしてLive続行(またソレ)。

ロンドンでもライブ外で喧嘩して怪我をしたり、お騒がせドラマーを続けていくが、1984年に脱退した。

ライブでは、同時期人気があったThin LizzyのBrianがサポートをしたことも。

*Thin Lizzyについては、こちら!→【Thin Lizzy / The Boys Are Back In Town 】和訳 解説 The Rock’s been Shining! 詩人は輝き続ける

 

その後は、サポートドラマーとしてIggy Popなど有名アーティスト、バンドとプレイ&活動して行った。

お騒がせ人間が好きなわけではないが、Philty Animal Taylorは、大好きなドラマーの1人だ。

喧嘩ばかりする奴は嫌い。

だが、ドラムが正確。

噂で聞く暴れん坊が嘘みたいなリズムキープしたドラミングを披露してくれる。

根は真面目?

多分Papaからの教えを守る実は良い奴なのかも。

それに演奏のうまさだけでなく、彼は得する、茶目なキャラクターの持ち主だ。

写真で見る彼はいつも、可愛くて変なことばかりしている。

だからLemmyも嫌いになれなかったんじゃなかろうか?

2015年11月11日亡くなり、後を追うようにLemmyも天国へ。

Eddie Clarkeも去年天国へ召された。

今頃3人で【Ace of Spade】を、爆音でプレイしているだろう。

そして、MOTÖRHEAD のラストツアーの、ラストライブで最後に演奏されたのは。この【Over Kill】だ。

今夜のMOTÖRHEAD Live in Heavenのラストソングもきっと、この【Over Kill】だろう。

3人並びで圧巻なスタイル。

MOTÖRHEADには華がある。

いつまでも愛されるMOTÖRHEAD。

彼らは攻めてくる。

Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Don’t sweat it, we’ll get it back to you
Overkill, overkill
Overkill

前へ、前へ。

聞いている目の前のオーディエンスを彼らのサウンドで悩殺してしまうのだ。

それは、これからも未来永劫、変わらないのだ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

This song is about the rush of adrenaline you feel when you’re onstage in front of a great crowd.

Lemmy told Rolling Stone,

Phil [Taylor] came up with the drum riff, the double-time thing, and then we just fell into it with the bass. We’ve always done a lot of that kind of thing. We played it on Top of the Pops. It was nice to be getting it across to the public, but the thing is, that show was always tacky. I think the audience on the show liked it, but when they’re told to boogie, they boogie, so I don’t know if it’s true they liked it. They’ve stopped making that show, and I don’t miss it much. I know that a lot of metal bands have covered “Overkill,” but I don’t think a lot about our influence. We’re just older [laughs]. It’s nice to get a tribute, but it’s not the end of the world for me. We’re busy writing new stuff.

= Phil Taylor =

Born on 21 September 1954, in Hasland, Chesterfield, Taylor grew up in Leeds. He took drum lessons at Leeds College of Music on advice from his father. After meeting Lemmy, who was a fellow speed user, he joined Motörhead and replaced Lucas Fox during the recording of the band’s first album On Parole in 1975. Lemmy has said that Fox wasn’t working out and Taylor “had a car and could give us a lift back down to the studio”. Taylor, in turn, introduced Lemmy to guitarist “Fast” Eddie Clarke, having worked with him while painting a houseboat.

Shortly after recording the classic Ace of Spades album in 1980, Taylor broke his neck after being lifted above the head of a friend in a test of strength, only to be dropped on his head. Taylor continued to play in Motörhead with the aid of a neck brace, as is visible in the music video for “Ace of Spades”. As a result, Taylor had a prominent lump located on the back of his neck (affectionately referred to as his “knob”), thought to be a calcium deposit caused by his previous spinal trauma. Tour-disrupting injuries were not unfamiliar to Taylor at the time, as he had previously broken his hand whilst punching a man outside his flat in London. Taylor continued to drum by using gaffer tape to attach his drum stick into his hand until it had sufficiently healed.

Taylor left Motörhead in 1984. The following year, he made appearances with Waysted, and joined former Motörhead and Thin Lizzy guitarist Brian Robertson to form the band Operator. In 1986, he was part of Frankie Miller’s touring band.

Taylor returned to Motörhead in 1987. He said “I always regretted leaving. Let’s just say I took a three-year holiday.” He continued playing in the group until 1992. After having been warned three times in the previous two years “to get his act together”, he was fired after recording “I Ain’t No Nice Guy”, because of his poor performance.

From 2005 to 2008 Taylor played and recorded in a group called The Web of Spider with Whitey Kirst (Iggy Pop) on guitar and Max Noce on bass. In 2007 Taylor briefly worked on a project called Capricorn with former Danzig guitarist Todd Youth, former Monster Magnet guitarist Phil Caivano and former Nashville Pussy bassist Corey Parks. After playing in The Web of Spider, Taylor began work on a project with guitarist Chris Holmes, formerly of the heavy metal band W.A.S.P., and in 2009, Taylor joined American thrash metal band Overkill for a set at the Islington Academy. The set included a cover of the Motörhead song from which Overkill took their name.

(click to amazon ↓↓ ) Studio Album “Over Kill” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

He sporadically played drums for Mick Farren and The Deviants, featuring on Dr. Crow (2002),Sheep in Wolves’ Clothing (2008), and Portobello Shuffle(2009).

Taylor reunited with Lemmy and Clarke on 6 November 2014 at the National Indoor Arena in Birmingham, on stage for Motörhead’s classic “Ace of Spades” only to come on to wave to the crowd and leave.

Personnel

  • Lemmy – vocals, bass
  • “Fast” Eddie Clarke – guitars
  • Phil “Philthy Animal” Taylor – drums

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪