【追悼】Mark Lanegan ft. PJ Harvey【Hit The City】和訳 マーク・ラーニガンの全て Mark Lanegan R.I.P.

So sad… I can’t believe that you passed away and feeling of loss by your death’s too big for me. I felt really lost great vocalist. so I feel like your song “Nearly lost in you” reaching my ears all day long. I wanted to listen to your vocal again. Mark LaneganR.I.P.

Mark Laneganが亡くなった。信じらないくらいの大打撃を食らった気分。

大好きなヴォーカリストだからショックを受けるのは、自分でもわかるのだが…こんなにショックが大きいとは予想もしなかった。オールジャンルの音楽好きだし「何でもござれ〜」って感じで良い音ならばカテゴリーを問わず好き。

昨年ZZ TopもStoonerのヴォーカルが亡くなった時もショックを受けて悲しんだが、まさかMarkの死で、それ以上の悲しみを感じるとは、、、。自分でも信じられないくらい。

やはり青春時代に聴いていた曲は、何かが違うのかな?

胸にしみるMark Laneganの声。その強烈な歌声で刹那い思いに駆られ、何回も何回もリピートして聴いた【Nearly Lost You】や彼のQOTSAのワイルドな歌を思い出すと、当時の色々な景色が蘇る。

Mark Lanegan Grunge Rockの魂をありがとう。安らかに。天国のChrisやKurtと楽しんでね。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ワシントン州エレンスバーグ出身のシンガーソングライター、作家の Mark William Lanegan マーク・ウィリアム・ラニーガン(1964年11月25日– 2022年2月22日)。

スポンサーリンク

初期グランジバンドScreaming Trees のリードシンガーとして有名になり、ドラッグ問題で一時期活動が低迷したが、最近はQueens Of The Stone AgeThe Gutter Twins のVocalとしても知られていた。

Screaming Trees【Nearly Lost You】和訳 グランジを聴く心構えLyrics

 

今日Lyraが和訳する曲は、Mark Laneganの2004年リリースのソロスタジオアルバム 『Bubblegum』 に収録されていた曲【Hit The City】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に、又お話しましょう!

(click to amazon↓) “Bubblegum” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

Mark William Lanegan (November 25, 1964 – February 22, 2022) was an American singer-songwriter, author, and musician. First becoming prominent as the lead singer for early grunge band Screaming Trees, he was also known as a member of Queens of the Stone Age and The Gutter Twins. He released twelve solo studio albums, as well as three collaboration albums with Isobel Campbell and two with Duke Garwood. Lanegan was known for his baritone voice, which was described as being “as scratchy as a three-day beard yet as supple and pliable as moccasin leather.”

=Hit The City=

The dark descends through the promised land

Down kingdom come and the acid ban

I’m Babylon, burned inside out

Nothing to kill it

I hit the city

In Marianne, I dug a hole

And watched her trip on my hollow soul

And in the end all that crawled was my skin

I couldn’t kill it

I hit the city

I hit the city

Ghost arrives at its bitter end

To the promised land and the dark descends

I’m Babylon, burned inside out

Nothing to kill it

I hit the city

I hit the city

I hit the city

I hit the city

I hit the city

1,2,3,4

I hit the city

 

暗闇が約束の地に舞い降りる

没落した王国が到来し

幻覚剤禁止令を下す

俺は華美と悪徳の都

徹底的に焼き尽くした

それを殺すものは何もない

俺は街を襲った

マリアンヌの

穴をやってやった

そして俺の中空の魂で

彼女の幻覚体験(トリップ)を見た

 

スポンサーリンク

そして結局は

這いつくばってるのは

俺の皮膚だけだった

俺にはそれを抹殺出来ねぇよ

俺が街を襲った

俺が街を襲った

亡霊は辛辣な結末にこそ

生きているのさ

約束の地へ行くために

暗闇が舞い降りる

俺は華美と悪徳の都

徹底的に焼き尽くした

それを殺すものは何もない

俺は街を襲った

俺は街を襲った

俺は街を襲った

俺は街を襲った

俺は街を襲った

1,2,3,4

俺は街を襲った

Songwriter: Mark Lanegan, Randall Jamil

Translator: Lyra Sky 和訳

 

アルバムについて

【HittheCity】は、Mark Laneganの画期的なアルバム『Bubblegum』の2番目で最後のシングル。この曲は、英国のロックミュージシャンPJ Harveyをフィーチャーしている。

【HittheCity】は、英国のシングルチャートで最高位76位で、Mark Laneganの最初のシングルチャートだった。

アルバムのタイトルは、「Bombed」という曲の歌詞に由来している。彼の2017年の本IAm the Wolf:Lyrics&Writingsで、Laneganは次のように回想している。

多くの曲は、激しい関係の終わりに落胆と倦怠の場所から生まれたのだが、特に「Bombed=爆撃」は、ほんの数分でそれを書き、録音した後、マイクを前に置いたときに起こったんだ。俺のもうすぐ元妻になるウェンディ・レイ・ファウラーに、一緒に歌わせ、同時にそれを初めて聞いた。好きなバンド、Royal Truxを思い出させてくれたので、とても気に入ったよ。」

また『I Am the Wolf』の中で、歌手は東京のホテルの部屋でラブソング【Strange Religion】を書いたと書いている。この曲は、ShowtimeテレビシリーズCalifornicationのシーズン6で使用されたほか、2017年のAnthony Bourdain:PartsUnknownのエピソードのクロージングクレジットでも使用された。

『Bubblegum』は、

  1. “Hit the City”
  2. “Mud Punk Skag” (exclusive b-side)
  3. “Mirrored” (exclusive b-side)

と曲数が少なくて、ミニアルバムの形ではあるが、彼の声が聴けるだけでもファンとしては嬉しいものがある。

Markは、12枚のソロスタジオ・アルバムと、Isobel Campbellとの3枚のコラボレーションアルバム、DukeGarwoodとの2枚のコラボレーションアルバムをリリースしていた。

 

(click to amazon ↓↓) Studio Album “Bubbkegum” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

このアルバム『Bubblegum』には、PJ Harvey, Queens Of The Stone Ageの Josh Homme やNick Oliveri 、Greg Dulli of The Afghan Whigs、Guns N’Rosesの Duff McKagan とIzzy Stradlin 、また元妻のWendy Rae Fowlerも参加している。

Bubblegumは批評家によって好意的にレビューされ、Mark Laneganのこれまでで最も商業的に成功したリリースであり、BillboardのIndependentAlbumsチャートで39位に達し彼のメジャーヒットした一枚になった。

 

スポンサーリンク

Mark Laneganについて

Markを知らない方のために…ご存知の方で先を読みたい方は、スルーしてください。

マーク・ウィリアム・ラニーガンは、1964年11月25日にワシントン州エレンズバーグで生まれた。 1996年のロケットとのインタビューで、彼は若い頃にコンバインを運転したと言っている。アイルランド人、スコットランド人、ウェールズ人の血筋を受け継いでいて、12歳までにアルコール使用障害を発症し、18歳までに薬物を大量に使用し始め、すでに逮捕されていた。薬物関連の犯罪で1年の禁固刑を宣告されたこともあると語っている。

Screaming Trees (1984–2000)

1984年後半に、Markと、ギタリストのゲイリー・リー・コナー、ベーシストのヴァン・コナー、ドラマーのマーク・ピカレルによって結成。

Alice In Chains、Soundgarden、Nirvana、Pearl Jam、Mudhoney とともに、1990年代初頭のシアトルの新しいグランジシーンを牽引したScreaming Trees。 ドラマーのPickerelは後でBarrettMartinに代わる。Markは、もともとドラマーとして参加していたが、「俺は、とてもくだらないドラマーだったかや、彼らが俺に歌わせたんだ。」と言っていたので、途中からヴォーカルに転向したらしい。

1986年にOther WorldsEPをリリース、もともとはカセットテープでしか入手できなかったのだが、1987年にSSTレコードによってCDとLPで再リリースされた。Screaming Treesは、メジャーレーベルからの求愛を受けて来たが、1985年にVelvetone Recordsと契約し、1986年にデビューアルバムClairvoyanceをリリース。アルバムはサイケデリックミュージックとハードロックの組み合わせで、初期のグランジと多くの類似点がある。

1987年に、バンドは2回目のリリース(SSTレコードから最初のリリース)後、バンドはアメリカのインディーズサーキットで認知され始め、アメリカ全土でショーを行うように。彼らのフォローアップアルバムInvisibleLanternは1988年にリリース。1989年のBuzzFactoryは、Screaming Treesによる4番目のフルアルバムで、SSTを通じてリリースされた最終レコードになった。

1991年、バンドは5th アルバムを発表し、メジャーレーベルとしては初リリースになる。『Uncle Anesthesia』はサウンドガーデンのボーカリストであるChrisCornellによってプロデュースされた。

『Uncle Anesthesia』は、オルタナティブロックのラジオ局でヘビーローテーションされたシングル【BedofRoses】が収録されていた。この曲はModernRock Tracksの23番でピークに達し、Screaming Trees初のチャートインした曲になった。

バレットは以前のドラマーのピケレルに代わり、新しいラインナップは1992年『Swe Oblivion』をレコーディング『Sweet Oblivion』はバンドのブレイクアウトアルバムであり、シングル【Nearly Lost You】、【Dollar Bill】、【Shadow of the Season】、【Butterfly】が収録されている。

最初の2つのシングルはオルタナティブロックラジオ局でかなりの放送時間を獲得。だが【Nearly Lost You】のビデオはこのブログで良く取り上げている映画『Singles』のサウンドトラックの勢いのおかげで、1992年の秋にMTVとオルタナティヴラジオのヒットとなった。

Screaming Trees【Nearly Lost You】和訳 グランジを聴く心構えLyrics

 

【NearlyLostYou】は、Modern Rock Tracksで5位、英国で50位にピークを迎え、米国外でチャートを作成した最初のシングルだった。 SweetOblivionは米国で合計30万部を売り上げている。

バンドの最終アルバム『Dust』は、バンドがレコーディング中に、音楽の質に対する戦闘と不確実性の為に中断してしまう。その中断後に録音され『Dust』は、1996年にリリースされ、【All I Know】、【Dying Days】などのシングルを生み出し、Billboard 200では134位、カナダのアルバムチャートでは39位を獲得。これは、米国外でチャートを作成した最初のScreamingTreesアルバムでもある。一貫して好意的なレビューにもかかわらず、アルバムは『SweetOblivion』の商業的成功までには至らず。アメリカでのダストツアーに続いて、Markの3枚目のソロアルバム「Scrapsat Midnight」の制作を開始するために、もう1度バンドは、休憩を余儀なくされた。バンドは1999年にスタジオに戻り、いくつかのデモを録音したが、レーベルはそれらを喜んでは引き受けなかった。

2000年の初めにいくつかのサプライズショーを行い、シアトルのエクスペリエンスミュージックプロジェクトの開始を祝うコンサート後、バンドは意外にも公式の解散を発表したのだった。

 

2021年1990年代のグランジのムーブメントについて尋ねられたとき、Mark Laneganは、「キャンプファイヤーの周りで考案されたり、調理されたりしたものではない。有機的に起こっただけだ。常に素晴らしい新しい音楽があり、おそらくそこにあるものだから、コメントするのは難しい。太陽が輝き続ける限り、常にそうなるのだろう。」と語っていた。

(click to amazon↓↓ ) “Singles- Deluxe Edithon” [2CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon↓↓) “Screaming Trees/ Sweet Oblivion – Expanded Edition” [streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

Solo work

1990年に、Laneganは彼の最初のソロアルバム『The Winding Sheet』をレーベルSubPop(当時は友人のNirvanaとThe Afghan Whigsの本拠地だった)を介してリリース。

Markは、Mark Pickerel , Kurt Cobain, Krist Novoselic と一緒に取り組んでいたLeadbelly のプロジェクトのアルバムが生まれたことをほのめかしていた。

このプロジェクトは短命で、最終的に他のミュージシャンがデビューソロレコードへの進化して行く。 Leadbellyセッションから、【Where Did You Sleep Last Night? 】が生まれ。The Winding Sheetに登場となった

【Ain’t It a Shame】は、Nirvana のボックスセット、『With The Light Out』で入手できまる。Kurtはまた、Mark のデビューの【Down In The Dark】でバックボーカルを提供した。アルバムの大部分は、ドラムのPickerelとギターのMike Johnson 、ピアノとオルガンのSteve Fisk、ベースのJack Endinoで録音されました。

 

スポンサーリンク

1994年2ndアルバム『Whiskey for the Holy Ghost』がリリース。「The River Rise」、「Kingdoms of Rain」、「Riding the Nightingale」、「Beggar’sBlues」など収録。制作に3年近くかかったが、Mark がレコーディングスタジオで、マスターテープを出す予定だったため、アルバムは日の目を見ることができなくなったが、最後の瞬間にプロデューサーのJackEndinoによって止められた。1995年、LaneganはMadSeasonのアルバム『Above』に出演。このプロジェクトは、友人の Layne Staley (Alice in Chains) の声かけで、1994年末に結成されたプロジェクトでMike McCready (Pearl Jam, Barrett Martin (Screaming Trees )and John Baker Saunders (The Walkabouts)らで構成されていた。

和訳【Mad Season/ River Of Deceit】Layne Staleyの声の魅力 Voices Like Drugs

 

Mark Laneganは【LongGoneDay】と【I’mAbove】に出演している。彼は、Mad Season のコンサートのステージにも出演して曲を演奏。Layne がバンドを離れた後、メインボーカリストとしてMark をフィーチャーした潜在的なセカンドアルバムの作業を開始しました。 Laneganをフィーチャーしたこれらの以前にリリースされていない曲のうちの3つは、最終的に2013年のAboveのデラックスな再リリースで聴けるようになった。

1998年『Scraps atMidnight』リリース。カリフォルニア州ジョシュアツリーで前の冬に録音され、長年の友人であり協力者であるMike Johnson によって制作。1999年4th スタジオアルバムがリリース。アルバム『I’ll Take CareofYou』は、Scrapsat MidnightのシングルのB-Sidesとして誕生。アルバムには、ティム・ハーディン、ブッカー・T&ザ・MG、カントリー・アイコンのバック・オーウェンス、そして友人のガン・クラブのジェフリー・リー・ピアスなど、著名なフォーク、R&B、パンクアーティストが参加している。Markは、ジェフリー・リー・ピアスが彼の古楽の英雄の一人であり、音楽を作ることに興味を持ったと述べていた。また1999年、Laneganは、末期症状のMobyGrapeの共同創設者であるSkipSpenceのトリビュートアルバムに参加。2009年、「TheLastTime」でリードボーカルをとる。これは「TheBreeders」EPFatetoFatalのAサイドトラック。 2001年に、彼は彼の5番目のスタジオアルバム『Field Song』をリリース。このアルバムには、友人のダフ・マッケイガンと、サウンドガーデンのベーシストであるベン・シェパードからの主要な寄稿が付き。 2003年、彼はグレッグ・デュリのトワイライト・シンガーズのレコード、ブラックベリー・ベルに出演し、壮大なクロージング・トラック「ナンバー・ナイン」でリードボーカルを分担している(これは、DulliおよびThe TwilightSingersとの初仕事)。

 

 

次のソロアルバムがこの『Bubblegum』(2004)で、Mark Laneganは、PJ Harvey、Josh Homme、Queens of the StoneAgeのNickOliveri、AfghanWhigsのGregDulli、TwilightSingersのDeanWeenなどの著名なアーティストの幹部(笑)が参加。ウィーン、ダフ・マッカガン、イジー・ストラドリン、以前はガンズ・アンド・ローゼズ、また、バブルガムには、ラニーガンの元妻であるウェンディレイファウラーが現在We Fell to Earthに出演。好評を博したアルバムは、これまでで最も商業的に成功し、ビルボードのトップインディペンデントアルバムチャートで39位に達する。2013年、トラック「Strange Religion」は、ShowtimeテレビシリーズCalifornicationのシーズン6で使用された。

Laneganの7枚目のソロアルバムBluesFuneralは、2012年2月にリリース。Josh Homme、Alain Johannes、MartynLeNobleがアルバムの作成に貢献。2012年11月、Laneganは、RokyEricksonのカバー「BurntheFlames」を含む、Dark Mark Does Christmas2012というタイトルのクリスマスアルバムを自己リリース。

Laneganは2014年7月29日に米国で日曜日にNoBellsというタイトルの5トラックEPをリリースし、続いて8月25日にヨーロッパでリリース(EP)。次のフルアルバムであるPhantomRadioは、2014年10月21日にリリース。

スポンサーリンク

これは、Alain Johannesによって制作され、BluesFuneralと同様のサウンド美学を備えている。 デューク・ガーウッドとのレーネガンの2枚目のコラボレーションアルバム、ウィズアニマルズは2018年8月24日にリリース(2018年10月にヨーロッパをツアーも)。

Mark Laneganは、2017年から2020年の間にHeavenlyRecordingsでさらに3枚のソロアルバム『Gargoyle 』(2017)、『Somebody’s Knocking』 (April 2019)、『Straight Songs of Sorrow』(May 2020)をリリースした。

Queens Of The Stone Age(2000〜2014)

Markは、バンドのメンバーであり、後に頻繁に協力して行く。 Queens Of The Stone Age(QOTSA)のアルバムに最初に出演したのはRated Rから。彼は「イン・ザ・フェイド」のリードボーカル、「レッグ・オブ・ラム」、「オートパイロット」、「アイ・シンク・アイ・ロスト・マイ・ヘッドアッシュ」のバック・ボーカルをしている。

『Lating R』は、商業的に大成功。フィールドソングのリリース直後、Markはフルタイムメンバーになった。彼は2002年にリリースされた『Songs for the Deaf』に出演し、「Song for the Dead」、「Hangin’Tree」、「Song for the Deaf」、「God Is intheRadio」らでリードを歌っている。アルバムはバンドの大きなブレークスルーとなり、ビルボード200の17位を獲得しゴールド認定に。次の2年間、Markもアルバムをサポートするためにツアーを行った。

 

 

1996年にツアーギタリストとしてScreamingTreesをサポートした友人のJoshuaHommeも加わり、アルバムは2つのBestHardを受賞。シングル「NoOneKnows」(2003)および「Go with theFlow」(2004)のロックパフォーマンスグラミーノミネート。

2005年、LaneganはQueens of the Stone Age、Lullabies to Paralyzeで最後のアルバムをリリースし、アルバムの最初のトラック「ThisLullaby」でリードボーカルを歌う。

スポンサーリンク

ベーシストのNick Oliveri が解雇された時期に、Markは、このアルバム『Bubblegum』のツアーに出た。だが、彼は倦怠感を理由にしばらくツアーを離れ、バンドと一緒にツアーを終えるために戻った。 LiveDailyのChristinaFuocoに、「この人たちとの関係は、これまでで最も満足のいくものの1つだ」と語っている。 「基本的に、俺の親友とプレイするのは素晴らしいことだ。」

スクリーミング・トゥリーズと​​クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの違いについて尋ねられたとき、彼は「俺にとってはすべてロックンロールだ。バンドはバンド。彼らは実際にはそれほど根本的な違いはないよ。それはすべてロックミュージックなんです。」

Markは、バンドを去った後も、Queens of the StoneAgeとそのメンバーとのコラボレーションを続けた。2007年、彼は彼らのアルバム『Era Vulgaris』に出演し、トラック「River intheRoad」にバックグラウンドボーカルを提供。2010年8月12日 ロサンゼルスのノキアクラブのステージでクイーンズオブザストーンエイジに再び参加し、バンドで4つのアンコール曲を歌ってもいる。コンサートは、イベントの数ヶ月前に癌と診断されたイーグルス・オブ・デス・メタルのベーシスト、ブライアン・オコナーのために資金を調達するためにまとめられた。2013年、Laneganは6枚目のアルバム「…Like Clockwork』に【Fairweather Friends】という曲を共同執筆。【If I HadaTail】いうトラックにバックグラウンドボーカルもしている。

【If I Had A Tail/ Queens Of The Stone Age】和訳 男の色気 Hot and Steamy Devil

 

collaboration(2006–2022)

Mark Laneganは、The Twilight Singers(Blackberry Belle、She Loves You、A Stitch in Time)の3つのリリースに参加。

2006年、ヨーロッパとイスラエルのバンドと一緒にツアーをしたが。後にアメリカでもやるように。2008年、ティム・シムノンと【Black River】でコラボレーション(シメノンの4枚目のアルバム)。

2007年イギリスのエレクトロニカデュオSoulsaversのアルバム「It’sNot How Far You Fall、It’s the Way You Land」は、10枚のアルバムトラックのうち8枚でLaneganをフィーチャーしている。ボーカリストとして出演するだけでなく、トラック「Revival」、「Ghosts of You and Me」、「Paper Money」、「Jesus of Nothing」は、LaneganとSoulsaversによって書かれたものだ(Laneganの2ndソロアルバムであるWhisky for the HolyGhostで最初にリリースされた「KingdomsofRain」も)。「Revival」と「KingdomsofRain」はアルバムからシングルとしてリリース。

 

スポンサーリンク

2009年Soulsavers に参加し、3枚目のスタジオアルバム「ブロークン」のいくつかのトラックにボーカル参加。アメリカのツアーもし、ヨーロッパの彼らの広範囲に渡るショーーにも参加した。このツアーは、Depeche Mode(❗️)のサポートもあった。

ツアー後、ヨーロッパでのソロツアーをする。2009年、Laneganは、Josh Hommeの足跡をたどり、JamesLavelleが首謀した英国の電子的行為であるUNKLEとのコラボレーションを行う。彼は、アルバム「Where Did the NightFall」(2010年5月にリリース)の最終トラックである「AnotherNightOut」にボーカル参加。

2011年、Laneganの音楽が、ビデオゲームRage の予告編とエンドクレジットおよび映画TheHangover PartIIのサウンドトラックで取り上げられ、オラロ・ルビオ監督、エドワード・ファーロング、ピーター・コヨーテ、ミゲル・フェラーなどが主演する2011年のインディーズ映画「ディス・イズ・ノット・ア・ムービー」の音楽を録音したスラッシュと「ソー・ロング・シン・シティ」のトラックでもコラボレーションした。

2013年4月16日、LaneganとDukeGarwoodは最初のスタジオコラボレーションであるBlackPuddingをリリース。WarpaintおよびMassiveAttackと協力して、xxの曲「Crystalised」のカバーを作成。Lanegan、Warpaint、Martina Topley-Birdは、「Crystalised」のカバーを録音し、2013年にシングルとしてリリース。2013年のレコードストアデイでは、LaneganはMobyと協力して、The LonelyNightと呼ばれる7インチのレコードをリリース。Mobyは「僕は彼の初期のSSTレコードの時代からMark のファンであり、常に彼と一緒に仕事をしたいと思っていたんだ 。互いに近くに住んでいるので、一緒に曲を作るのは本当に簡単になった。」と語っている。

ロンリーナイトは、モービーのアルバム「イノセント」にも登場。2013年、LaneganはシアトルのプロデューサーMartin Feveyearと協力して、カバーレコードのImitationsに取り組む。ここでは、現代の歌、標準、そして彼によると、彼の両親のレコードコレクションが彼に与えた影響を明らかにするあいまいな数字を提供している。Markは、シアトルの作曲家アンドリュー・ジョスリンの弦楽器の編曲と演奏、そしてシアトルのロックアイコンであるダフ・マッケイガン、バレット・マーティンなどの助けを借りた。このレコードは、2013年9月17日にVagrantRecordsからリリースされた。

Mark LaneganとJoshHommeは、2013年にCNNで最初に放映されたAnthony Bourdain:PartsUnknownの主題歌を共同執筆した。

2014年9月2日にリリースされたEarthの2014年のアルバムPrimitive and Deadly の2つのトラックと、Mansetの2014年のアルバムUnoiseaus’estposéの1つのトラックにボーカル参加した。

2017年のアルバムThe Road:PartIのトラック「Lookingforthe Rain」で、EskaとともにUnkleとコラボ。Markはまた、トゥアレグのロックバンド、ティナリウェンの2017年のアルバムElwanからの「Nànnuflày」にボーカルとソングライティングを提供。

2020年、英国のロックバンドHeyColossusのアルバムDances / Cursesからの曲「TheMirror」にスポークンワードのボーカルパフォーマンスを提供。2021年2月5日にリリースされたCult ofLunaのEPThe RagingRiverの曲「Insideofa Dream」にボーカル参加。

2021年4月16日リリースされたTheArmedのアルバムUltrapopの「TheMusicBecomesaSkull」。

Manic Street Preachers の2021年のアルバムTheUltra VividLamentの「BlankDiaryEntry」。

2021年10月元イカルスラインのメンバーであるジョーカルダモンとのコラボレーションアルバム「ダークマークvs.スケルトンジョー」をリリース。

Mark Laneganのヴォーカル

Mark Laneganと言えば、あの特徴のある声が魅力だ。彼は、バリトンの声でよく知られていて、「3日間のあごひげのように引っかき傷がありながら、モカシンの革のようにしなやかである」と説明されているように、ハスキーなワイルドさと、優しく寄り添うようなメローさを伴う色気がある声を持つヴォーカリストだったから、Lyraはずうっと彼の曲を聴いていたいと思う。どこにいても、どこに行ってもMark Laneganとわかる声が素敵だ。

晩年〜

 

 

Mark Laneganは、1990年代から2000年代初頭にかけて、アルコール依存症とヘロイン依存症に苦しんでいたのは、有名な話。彼の2020年の回想録で、12歳の時に「俺が合法的に飲むことができる前に町が酔っていたので、罵倒された」と主張している。 

1992年Screaming Trees のツアー中には、腕がヘロインの使用によってひどく感染したため、医師は切断を検討もしたと言う。

Markは、Screaming Trees 去った後しばらくの間ホームレスになってしまう。彼は1997年と2006年に再びリハビリに入った。これによりMarkは命を救われたのだが、リハビリの1年間を支払ったのがCourtney Loveで、彼は、Courtney の功績を認めてもいる。

2020年の時点では、Markは10年以上冷静でいられている。実は、Markは、Kurt Cobain の友人であり、彼の死の数時間前に彼の家に招待もされていた。

そしてMarkに回想録を書くことを追求するように勧めたof Anthony Bourdain の友人でもあった。後に、Bordin の死亡記事をThe Obserberに Markは書いている。仲良しが多くコラボレーションをよくするMarkだったが、OasisのLiam Gallagherとは仲が悪く彼との確執を大いに公表していた。

Markは、2番目の妻 Shelly Brienと結婚し、2020年にロサンゼルスからアイルランドのケリー州に引っ越した。

20213月Mark は重度のCOVID-19で入院し、ほぼ死亡状態になる。この病気により、彼は一時的に耳が聞こえなくなり、歩くことができなくなり、数ヶ月間昏睡状態に陥ったが、後に昏睡状態から抜け出した。

2020年Mark Laneganは、インタビューでこの病気が5Gテクノロジーに関連しているという考えを含め、多くのCOVID-19陰謀説に対する彼の信念を説明した。彼はまた、彼と彼の妻が技術的な器具によって監視されていたという妄想も説明している。

 

スポンサーリンク

しかし、2021COVID-19パンデミックは「自然現象」であると結論付けたと意見を変えている。「俺は、ワクチンに警戒したナックルヘッドの一人だったが、俺は、俺の教訓を学んだ。」「俺は、アイルランドで利用可能になった時には、ブースターショットを取得する最初の人になるだろう」

しかし、2022222日の今朝、アイルランドのキラーニーにある自宅で57歳で亡くなった。

曲について

2004年8月10日に Beggars Banquetレーベルからリリースされ、Mark Laneganが書いた曲だ

ミックスは、Rick Will 、リードギターは、Mike Johnson (Bassist)と David Catching、ベースをこのブログお馴染みの Josh Hommeが弾いている。Joshは、Keni Richards と兼任しながらドラムも叩いている。 

ヴォーカルは、Mark Lanegan とPJ Harvey。QOTSAのJoshがやっている Desert SessionsでP.J.とデュエットしたりしていたので、そのつながりで実現したに違いない。

歌詞の虚で下品な感じに、2人の絡み合うヴォーカルが合う。

歌詞は街の喧騒を歌っているが、それに準えて、激しく荒々しい、上手くいっていない人間関係をドラッグも絡めながら書いている。

「多くの曲は、激しい関係の終わりに落胆と倦怠の場所から生まれて来た。特に「爆撃」は、ほんの数分でそれを書き、録音した後、マイクを前に置いたときに起こったものだ。

もうすぐ元妻になるウェンディ・レイ・ファウラーに、俺は一緒に歌わせ、同時にそれを初めて聞いた。好きなバンド、Royal Truxを思い出させてくれたので、とても気に入ったよ」とMarkは、語っていたのだが、Royal TruxはLyraも好きで、前は良く聴いていた(なかなか売っておらず、アナログレコードしか売っていなかったからLPをGetしたのを思い出した)。

「マイナーバンドなのに!」と変なところで接点があり、びっくりしてしまった。Markも聴いていたとは…ざらついた感じが納得した。

お下品なワードもあるが、個人的には汚らしいエロ臭さはないと思う。まあMarianneが誰だかハッキリしないが、ヘロイン絡みだとあのMarianneさん、大御所の方を思い出してしまうね。Markはそんなやり方が好きだったのか?と映像が頭に浮かんでughとはなるけど、まあご愛嬌って感じか? ww それより悲しみや気だるさの方が優ってなんとも言えないタバコの香りがしてくるわ。

歌詞の全てにこの気だるさが漂う。

「街を襲った」と言うのは、「街に繰り出して店を梯子した」意味だろうし、街で「ライブをして観客をやっつけるかのように沸かした」意味でもある…この表現は、おっさんくさい気もするけどね。あと街でドラッグやギャンブルをキメた意味にも取れるから、個人的には、人生という火傷をした男のやるせなさを書いた曲だと感じて、Markの哀しみを感じた一曲だ。

街の喧騒に埋もれて行く感じ。優しく夜の街は、貴方を慰めてくれたのだろう。

そこが墓場なのか、安楽な地なのかは分からない。

でもそこが貴方の居場所ならば、安らかに眠ってほしい。

Mark 砂漠の風のように一吹きで行ってしまったみたいでまだ信じられないよ。でもたくさん苦しんだ分、天国では楽しく笑っていて欲しい。

そちらにはChris Cornellも Kurt CobainもLayne Staleyもいるからね。

最高なGrunge Live が出来そう。安らかに。

Keep on R&R!

Mark Lanegan R.I.P.

 

(click to amazon↓↓) Studio Album  “Bubblegum” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon ↓↓ ) ” Singles -Deluxe Edition” [2CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓) “Bubblegum” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“Hit the City” is the second and last single from Lanegan’s breakthrough album Bubblegum. The song features the English rock musician PJ Harvey. “Hit the City” peaked at 76 on the British singles chart and was Lanegan’s first single to chart.

“Hit the City” was the second and last single from the album and features the English rock musician PJ Harvey. “Hit the City” peaked at 76 on the British singles chart and was Lanegan’s first single to chart. The album title comes from a lyric in the song “Bombed.” In his 2017 book I Am the Wolf: Lyrics & Writings, Lanegan recalls:

While many of the songs came from a place of dejection and ennui at the end of a tempestuous relationship, “Bombed” in particular came about when, after I had written and recorded it in just a few minutes, I put a microphone in front of Wendy Rae Fowler, my soon-to-be-ex-wife, and had her sing along while simultaneously hearing it for the first time. I loved the result as it reminded me of Royal Trux, a band I liked.

(click to amazon↓↓) “Screaming Trees/ Sweet Oblivion” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Also in I Am the Wolf, the singer writes that he wrote the love song “Strange Religion” in a Tokyo hotel room. The song was used in season 6 of the Showtime television series Californication, as well as during the closing credits of a 2017 episode of Anthony Bourdain: Parts Unknown.

The album features a prominent cast of guest musicians, including PJ Harvey, Josh Homme and  Nick Oliveri of Queens of the Stone Age, Greg Dulli of The Afghan Whigs, and Duff McKagan and Izzy Stradlin of Guns N’ Roses. Also appearing is Lanegan’s ex-wife, Wendy Rae Fowler. Bubblegum was favorably reviewed by critics and remains Lanegan’s most commercially successful release to date, reaching number 39 on Billboard’s Independent Albums chart.

Lanegan struggled with alcoholism and heroin addiction during the 1990s and early 2000s. In his 2020 memoir, he claimed that, at age 12, he was “reviled as the town drunk before I could even legally drink”. During a Screaming Trees tour in 1992, Lanegan’s arm became so badly infected from heroin use that doctors considered amputation. After leaving the Screaming Trees, he became homeless for a period.  He entered rehab in 1997 and again in 2006.He has credited Courtney Love, who paid for a year of Lanegan’s rehab, with saving his life.[93] As of 2020, Lanegan had been sober for over a decade.

Lanegan was a friend of Kurt Cobain and had been invited to his home a few hours before his death. He was also a friend of Anthony Bourdain, who encouraged Lanegan to pursue writing a memoir. Lanegan wrote an obituary for Bourdain for The ObserverHe had a highly publicized feud with Oasis singer Liam Gallagher

Lanegan was married to Shelley Brien. The couple moved from Los Angeles to County Kerry, Ireland, in 2020.

In March 2021, Lanegan was hospitalised with severe COVID-19 and almost died. The disease had led to him going temporarily deaf, being unable to walk, and slipping in and out of a coma for several months In a 2020 interview, Lanegan had described his beliefs in a number of COVID-19 conspiracy theories, including the idea the disease is linked to 5G technology. He also described paranoia that he and his wife were being surveilled by technological appliances. However, in 2021 he said he had concluded that the COVID-19 pandemic was a “natural event” and also admitted that “I was one of those knuckleheads who was wary of the vaccine. But I learned my lesson. I’ll be the first one to get a booster shot when it’s available in Ireland”

Lanegan died at his home in Killarney, Ireland, on the morning of February 22, 2022, at the age of 57.

Written By Mark Lanegan

Mix Rick Will

Lead guitar Mike Johnson (Bassist)

Bass Josh Homme

Vocals Mark Lanegan & PJ Harvey

Organ Bukka Allen

Background Vocals Ian Moore

Electronic Drums Jim Vincent

Drums

Keni Richards & Josh Homme

Guitar

David Catching

Release Date

August 10, 2004

Track listing

  1. “Hit the City”
  2. “Mud Punk Skag” (exclusive b-side)
  3. “Mirrored” (exclusive b-side)

Personnel

  • Mark Lanegan – vocals, guitar on 6
  • PJ Harvey – vocals on 2, 9
  • Chris Goss – guitar on 1, 5, piano on 5, vocals on 5, choir vocal on 7
  • Tracey Chisholm – tape manipulation on 1, 4, drum machines on 3, 10
  • Molly McGuire – bass on 1, 10, background vocals on 4
  • Aldo Struyf – feedback on 1, synthesizer on 4, 5, 7, 9, 10, 13, piano on 5, organ on 5, 10, tape manipulation on 7
  • David Catching – organ on 1, guitar on 2, 3, 4, 10, lead guitar on 4, 5, 10, 15
  • Wendy Rae Fowler – piano on 1, vocals on 3, 6, background vocals on 4, choir vocal on 7
  • Joshua Homme – guitar on 4, 9, bass on 2, 4, 5, drums on 2, 3, 4, 5, lead guitar on 3, 9
  • Keni Richards – drums on 2
  • Jim Vincent – electronic drums on 2
  • Mike Johnson – lead guitar on 2
  • Ian Moore – background vocals on 2
  • Bukka Allen – organ on 2
  • Alain Johannes – lead guitar on 4, guitars on 11, 12, 13, 14, bass on 11, 12, 13, 14, drums on 11, 12, 13, 14, electronic drums on 11, 14 strings on 11, synthesizer on 11, background vocals on 12, keyboards on 12, 13, organ on 14
  • Natasha Shneider – background vocals on 4
  • Brett Netson – background vocals on 4
  • Greg Dulli – background vocals on 4
  • Nick Oliveri – background vocals on 4, bass on 7, choir vocal on 7
  • Jonathan Russo – bass on 4
  • Izzy Stradlin – vocals on 7
  • Duff McKagan – vocals on 7
  • Troy Van Leeuwen – piano on 7, guitar on 7, 9
  • Joey Castillo – drums on 7
  • John Kastner – guitar on 8, 15, background vocals on 8
  • Eddie Nappi – bass on 8
  • Dimitri Coats – lead guitar on 8, 15, drums on 8, 15, piano on 8
  • Mathias Schneeburger – guitar on 8, background vocals on 8, piano on 15
  • Melanie Campbell – bass on 15

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。