Halsey / Without Me 和訳 解説 Don’t You Know The Pain? リアーナでもなく セレーナでもないのに

恋は盲目って分かってる。

ドツボにハマった人間しか分からない、のっぴきならない関係や痛みがある。

経験した事がない人には一生わからない傷。

ただね、それをジャンルにはして欲しくないの。

経験なんてしない方が良いに決まってる傷。

それをブランド化しないで欲しいの。

痛いの知らないくせに、、、。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ニュージャージー州エディソン出身の女性シンガーソングライターであり、最近は女優業もやっている Ashley Nicolette Frangipane アシュリー・ニコレット・フランジパーネ(1994年9月29日 – )。

Harlsey [ˈhɔːl.zi] ホールジー の芸名で知られている、今売れっ子のシンガーだ。

ちなみに由来は、ブルックリン区のニューヨーク市地下鉄ホールジー・ストリート駅と本名のAshleyのアナグラムだ。

スポンサーリンク

Harlseyは、2014年にアストラルワークスとレコード契約を結び、EP「Room 93」をでデビュー。

2015年デビュースタジオ・アルバム「Badlands 」リリースしBillboard 200で初登場2位を記録、アメリカレコード協会(RIAA)よりプラチナ認定を受けると言う快挙を成し遂げたシンガーソングライターでもある。

今日Lyraが和訳する曲は、2nd Albumリリースから久々に、2018年10月4日にリリースしたシングル【Without Me】。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) released in 2018. Single “Without Me” [Explicit] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓


2018年秋からジワジワとチャートを上がって来て、今2019年に華々しく1位になるんじゃないか?とLyraがまた予想している曲だよ。

先日紹介したPanic! At The Disco パニック!アット・ザ・ディスコの【High Hopes】も Lyra の予想通りつい最近No.1になったでしょ!

Lyraの予想当たるって言ったでしょ、マジなんだって!

それに Lyraが応援するアーティストは必ず売れるんだよ。

(逆に売れそうなのに応援しないとダメになるし「この人終わるよ」予想も当たるの〜怖っ)

某有名占い師らのお墨付きPowerをLyraが持ってるから。

だから、この【Without Me】は1位になるだろうね。

好きか嫌いかだと歌詞は、、、。

詳しい解説は Lyraの和訳の後にお話ししましょう!

 

“Without Me” is a song by American singer Halsey, released as a single on October 4, 2018, through Capitol Records. It was written by Halsey, Delacey, and Amy Allen; while being produced by Louis Bell. It interpolates “Cry Me a River”, with Justin Timberlake, Timbaland and Scott Storch credited as co-writers. The track became Halsey’s first number-one song as a lead artist on the US Billboard Hot 100, and her second overall, following “Closer” with The Chainsmokers in 2016.

スポンサーリンク

= Without Me =

[Verse 1]
Found you when your heart was broke
I filled your cup until it overflowed
Took it so far to keep you close (Keep you close)
I was afraid to leave you on your own

[Pre-Chorus]
I said I’d catch you if you fall (Fall)
And if they laugh, then fuck ‘em all (All)
And then I got you off your knees
Put you right back on your feet
Just so you could take advantage of me

[Chorus]
Tell me, how’s it feel sittin’ up there?
Feelin’ so high, but too far away to hold me
You know I’m the one who put you up there
Name in the sky, does it ever get lonely?
Thinking you could live without me
Thinking you could live without me
Baby, I’m the one who put you up there
I don’t know why (Yeah, I don’t know why)
Thinking you could live without me
Live without me
Baby, I’m the one who put you up there
I don’t know why (I don’t know why, yeah, yeah)

[Verse 2]
Gave love ‘bout a hundred tries (Hundred tries)
Just running from the demons in your mind
Then I took yours and made ‘em mine (Mine)
I didn’t notice ‘cause my love was blind

 

[Pre-Chorus]
Said I’d catch you if you fall (Fall)
And if they laugh, then fuck ‘em all (All)
And then I got you off your knees
Put you right back on your feet
Just so you could take advantage of me

 

[Chorus]
Tell me, how’s it feel sittin’ up there?
Feelin’ so high but too far away to hold me
You know I’m the one who put you up there
Name in the sky, does it ever get lonely?
Thinking you could live without me
Thinking you could live without me
Baby, I’m the one who put you up there
I don’t know why (Yeah, I don’t know why)
Thinking you could live without me
Live without me
Baby, I’m the one who put you up there
I don’t know why, yeah

 

[Bridge]
You don’t have to say just what you did (What you did)
I already know (I know)
I had to go and find out from them (Oh-woah)
So tell me, how’s it feel? (Oh-woah)[Chorus]
Tell me, how’s it feel sittin’ up there?
Feelin’ so high, but too far away to hold me
You know I’m the one who put you up there
Name in the sky, does it ever get lonely?
Thinking you could live without me
Thinking you could live without me
Baby, I’m the one who put you up there
I don’t know why (Yeah, I don’t know why)

 

胸が張り裂けボロボロの貴方を見つけた
私は、溢れてしまうくらい傷ついた貴方を満たしてあげたわ
貴方の側にずっといてあげるには限度があったのに (ずっと貴方の側にいてあげた)
貴方を1人にしておくのが怖かったのよ

 

「貴方が落ち込んだ時には私が救ってあげる」と、前に言ったでしょ? (落ち込む)
周りの奴らが笑っても、そんなクソは気にしないわ
そうして、私は貴方を膝まづかせた
私が、貴方自身が正しく歩けるようにしてあげたのよ
だから、それで良い、私に漬け込んで利用すれば良いのよ

 

私に話してよ、
そこにきちんと座っている気持ちはどんな風なの?
ハイな気分でしょうね、でも、私を抱きしめるには余りにも遠すぎるわ
わかってるでしょ、
私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間だってこと
空に名前を掲げ、その代償に未だかつてない孤独を手に入れたあなたって?
私なしで貴方は生きていけるのかな
私なしで貴方は生きていけるのかな
ベイビー、私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間なのよ
何でなのよ?(全く、何でなの?)
私なしで貴方は生きていけるのかな
私なしで生きてよ
ベイビー、私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間なのよ
何でなのよ? (何でなの?全く、嫌よ)

 

100回くらい貴方に愛を捧げたわ(100回もやったわ)
貴方の心の中の悪魔から私は逃げて来たけれど、
貴方から私は得て、自分のものにしてしまった (自分のものに)
私はそれには気がつかなかったのよ、だって、愛は盲目でしょ

 

「貴方が落ち込んだ時には私が救ってあげる」と、前に言ったでしょ? (落ち込む)
周りの奴らが笑っても、そんなクソは気にしないわ
そうして、私は貴方を膝まづかせた
私が、貴方自身が正しく歩けるようにしてあげたのよ
だから、それで良い、私に漬け込んで利用すれば良いのよ

 

私に話してよ、
そこにきちんと座っている気持ちはどんな風なの?
ハイな気分でしょうね、でも、私を抱きしめるには余りにも遠すぎるわ
わかってるでしょ、
私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間だってこと
空に名前を掲げ、その代償に未だかつてない孤独を手に入れたあなたって?
私なしで貴方は生きていけるのかな
私なしで貴方は生きていけるのかな
ベイビー、私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間なのよ
何でなのよ?(全く、何でなの?)
私なしで貴方は生きていけるのかな
私なしで生きてよ
ベイビー、私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間なのよ
何でなのよ? 全く

 

貴方がしてしまったことを話す必要はない
(貴方がしてしまったこと)
だって、私は既に知ってるんだから(知ってるの)
私は行かなきゃいけなかったし、それから全部見つけ出したわ (まあ、どうどう)

 

だから、私に話してよ、どんな気持ち?(まあ、どうどう)
私に話してよ、
そこにきちんと座っている気持ちはどんな風なの?
ハイな気分でしょうね、でも、私を抱きしめるには余りにも遠すぎるわ
わかってるでしょ、
私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間だってこと
空に名前を掲げ、その代償に未だかつてない孤独を手に入れたあなたって?
私なしで貴方は生きていけるのかな
私なしで貴方は生きていけるのかな
ベイビー、私が貴方をそこまで立ち直らせた唯一の人間なのよ
何でなのよ?(全く、何でなの?)
Songwriters: Ashley Frangipane, Brittary Amaradio, Amy Allen, Louis Bell, Justin Timberlake, Timothy Mosley, Scott Storch
Translator: Lyra Sky 和訳

Halseyは可愛い。

髪の毛が青いロングヘアーだった頃からLyraは Halseyが可愛くて好き。

髪の毛をバッサリ切ってブロンドに染めてから、より人気が出てチャート常連組になった気もしなくもないが、Halsey の見た目のワイルドさと大人な関係の歌詞とは真逆な子供っぽい歌い方が受けているんだと思う。

そして、何よりもHalseyを売り出そうとしているソングライター陣よね、やっぱり、この人達の存在はデカイ。

最近の売りてるラブソングの歌詞には、大体、この曲の作詞家が関わっているの。

ソングライターの中に、あのJustin Timberlake が入っているのがLyraにはうなづけるポイント。

自分の曲もヒットさせてグラミー賞受賞して、他人に曲を書いてはビッグヒットさせてしまうんだからね。

やっぱJustin 凄いわ。

そんな才能あるクリエイター達に「曲を書いてあげたい」って思わせるHalseyも凄いってことよね。

少し甘ちゃんな感じはしちゃうんだけど。

スポンサーリンク

2014年 デビューから、スタジオ・アルバム「Badlands」で初登場2位になりプラチナ認定を受けた後、

2016年 The Chainsmokersの「Closer クローサー」でゲストボーカルをして、アメリカとイギリスや他国別チャートでNo.1に輝いたHalsey

2017年、2枚目のスタジオ・アルバム「Hopeless Fountain Kingdom 」で、初のアルバムチャート首位を獲得。

(click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Hopeless Fountain Kingdom” [Delux Edition] (CD) クリックしてアマゾンへ↓↓

エレクトロポップ、シンセポップアーティストとして人気と知名度を上げて来たHalseyだが、音楽的には両親の影響を受けて来たのが大きい。
Halseyの父は、Notorious B.I.G. ノトーリアス・B.I.G.、Slick Rick スリック・リック、Bone Thugs-N-Harmoney ボーン・サグズン・ハーモニー、2Pac 2パックなどヒップホップ系で、母親が好んでいたのは、The Cure ザ・キュアー、Alanis Morissette アラニス・モリセット、Nirvana ニルヴァーナでその両方を聴いて育ったと言う。
彼女自身が好んで聴いて来たのは、Panic! At The Discoで、「自分の人生を変えたバンド」だと言うし、
他にLongirlandのロックバンド Brandnew や、Taking Back Sunday のvocal Adam Razala 、Kanye West, The Weekend, Amy Winehouseなどをあげているが、ブラックカルチャーとEmo Bandがミックスしたこの趣味は、Lyraには丸わかり、、、
だって今のLyraの趣味だし、グランジを通って来てその時期のブラックミュージックも聴いていたら、このテイストのアーティストが好きになってしまうもの。
イギリスに住んでいたらブラック率は少しだけ低くなり代わりにOasisやChemical Brothersなどが入って来ると思う。
HalseyはニュージャージーにいてNYで遊んで来たんだならば、アメリカのこの系統になる。
Justinもそうだし、自らそのミュージックシーンの中で育って来たならば、Halsey好みの音楽を作れる、簡単に。

今、和訳した【Without Me】が売れているのもわかる。

今まで聴いてきたアメリカンヒットチャートを主としたミュージックシーンの良い所を集めて、ヒップホップを経由させた流行りのエレクトロポップにしてるんだもの。

売れないわけがないじゃない?

(click to amazon ↓ ↓ ) Released in 2018 Single “Without Me” [Explicit] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

【Without Me】は失恋ソングの部類に入るだろう。

ミュージックビデオは、女の方から手に負えない、救いようのないジャンキーの彼氏を捨てているが、歌詞の方はと言うと主人公の女性は、まだダメ男に未練がありそうな感じ。

落ちぶれていたダメ男が可哀想で、「ずっと貴方の側にいてあげて私が貴方を立ち直らせたのよ」と語り、

ダメ男が一人で立ち直っかのように振る舞い、感謝していないようだから「貴方は私なしで生きて行けるのかしら?」と、怒りと落胆の両方の気持ちを歌っている歌詞だ。

これ実際にHalseyが去年の夏まで付き合っていたラッパーの彼氏 G- Eazy の事を歌っているに違いない。

ファンの間では有名な話。

付き合っていた当時から、いちゃついていた2人の姿がパパラッチされていたのもあり、ファンじゃなくてもゴシップ好きには知られていた。

2018年の夏に破局して、この【Without Me】がリリースされ、ビッグヒットするなんて、、、

Selenaのあの曲、Lyraが和訳したビッグヒットしたあの曲みたいなヒット方式だとLyraには思えてならないわ。

Halsey自身も名前は出しはしないが、「私自身、HalseyではなくてAshleyとしてのプライベート自分を歌った曲なのよ」と語っているし、事実この作詞の名前は今までのHalsey名義ではなく、始めて本名の Ashley  Nicolette Frangipane 名義になっているの。

気合いを入れてマジ話を持って来たのも、Selenaみたいだし、

ミュージックビデオはダメ男のジャンキー彼氏との恋愛を題材にしたRihannaの【We Found Love】ソックリだとLyraは感じてしまって、

「アレレ?HalseyとRihannaは違う人間であって同じ恋愛じゃないのに、ダメ男= ジャンキー男にしてシャワー浴びるいつものパターンで良いのか?」と呆れてしまったの。

Halseyも好きだし、Rihannaはモーット好きだから、、、ちょっぴり悲しいわけ。

同じカテゴリーに嵌めようとしてるからスタッフや制作側の商売魂が見えちゃって悲しいの。

才能ある人たちなのに、失恋ソングだからとダメ男の歌にしたら、男はジャンキーにしてビデオは2人では目を外すパターンにしよう、て安易だと感じた。

たしかにG-Eazyはジャンキーだけど、似たビデオにする必要はない。

丸っ切り似てるもの。

違いは、歌詞だけよ。

Rihannaの方は2人共ジャンキーで2人で落ちぶれて退っ引きならない沼にハマって行くダメな2人の地獄の愛の歌。

かたや Halseyは、女はマトモなんけど彼氏がダメ人間でドツボにハマっている(ジャンキー)のを彼女自身が愛を与えて更生させたのに、彼氏は自分で立ち直った風だから頭にきてる歌、

と言う違いがあるのに、ミュージックビデオは全く同じテイストだからおかしいのよ。

取り扱い不注意だわ。

結局、売れた路線にしたがるのよね、会社とか業界は。

でも、恋愛ってそうじゃないでしょう。

サウンドが似てしまうのは仕方ないとして同じカテゴリーに嵌めたがるのが嫌だな。

恋愛、普通にしてたら普通の人間は通らない変な世界を描きたいのは分かるけど、同じビデオは作る必要ない。

恋愛した人間が違うのだから、違った風にしたら?

体温下げたいのはわかるわよ、アレしてるから、、、。

でも、同じ撮影方法を毎回毎回しなくて良いよ、と言う話をしたいわけ。

マジな恋愛していないな、作った人!

って言うか、もしかしたら「Rihannaみたいに売れるビデオを作ってくれ!同じよう感じにな!」と上から無理矢理言われて作ったのかもしれないね。だったら、可哀想だけど。

恋愛話になると、つい力が入ってしまった(笑)。

だって、人間それぞれ顔が違うように恋愛の仕方は違うでしょう?

それなのに、ダメな恋愛を同じジャンキーネタに安易にするのが嫌なの。

知らない人は、ジャンキー当たり前、思うじゃない。

異常なのよ、あの世界は。

それを同じカテゴリーにはめるのが嫌。

ジャンルにしてるよね、ダメ人間ジャンルにしようとしてる。

違うわ。

あんな世界、一緒にしちゃだめ。

ただ、真面目な恋愛と言う点は同じ。

どちらも本気で相手を愛しているのよ、女の子は。

ダメ男はどうだか知らない(笑)。だって、これ女の子側の気持ちを歌っているからね。

それも、リアルな気持ち。

愛してる。

盲目的に。

こんな気持ち、ドツボにハマった人間しか分からない。

のっぴきならない関係や痛みを経験したものにだけわかる痛みなの。

経験した事がない人には一生わからない傷。

経験なんてしない方が良いに決まってる傷。

それをブランド化しないで欲しいの。

痛いの知らないくせに、、、。

 

スポンサーリンク

Many people have speculated the song and music video are about ex-boyfriend, G-Eazy, as they had recently split not long before the release of the music video. Although, Halsey disputed those rumors after posting the reasoning behind the song on Instagram. She explained that this song is about several different relationships that she has either experienced or observed, and that the song is a reminder that “you shouldn’t allow others to take advantage of you”.

he song premiered on Zane Lowe’s “World Record” on Beats 1 Radio, and was followed by an interview with the artist about “Without Me”.

In that interview, Halsey stated that the song was not going to be part of a future album, and described it as a “stand-alone record.” She then explained that it was the first time writing a song as Ashley and not as Halsey, and added that here it’s not protected by a character like in her previous works, Badlands and hopeless fountain kingdom, which were both conceptual records.

During a performance in London on September 23, 2018, Halsey teased visuals for “Without Me” before announcing it would be released on October 4. The song premiered on Zane Lowe’s World Record radio show on Beats 1, and was followed by an interview about the song. It is her first solo song since her 2017 album, Hopeless Fountain Kingdom.

= Halsey =

Ashley Nicolette Frangipane (/ˌfrænəˈpɑːni/born September 29, 1994), known professionally as Halsey (/ˈhɔːlzi/), is an American singer, songwriter, and actress. Musically talented from a young age, she began songwriting at seventeen. She later went on to gain recognition from self-released music on social media platforms, and in 2014 she was signed by Astralwerks. Soon after she released her debut EP,  Room 93 (2014), and toured with larger acts to promote it.

Her debut studio album Badlands (2015) was released in August 2015, and peaked at number two on the US Billboard 200. It reached over one billion streams on Spotify and was certified platinum in the US. It spawned four platinum tracks and four gold tracks, additionally, a few songs from Badlandsachieved minor chart and advertisement success. To promote the album, she embarked on her debut headlining world tour. She followed with her second studio album Hopeless Fountain Kingdom (2017), which consisted of more “radio friendly” music than her prior releases. It peaked at number one on the US Billboard 200, and was preceded by the release of “Now or Never”, which debuted at number 17 on the Billboard Hot 100 and became Halsey’s first solo track to earn multi-platinum status. The album also generated “Bad at Love”, which became her first top-five entry on the Billboard hot 100 as a solo artist. Additionally, she embarked on a second headlining world tour to promote the album. In 2018, Halsey released “Without Me”, which became her first number-one single on the Billboard Hot 100 as a solo artist.

Outside of her solo music, Halsey’s collaborations for “The Feeling”, “Closer”, “Him & I”, and “Eastside”have all earned top-twenty entries on the BillboardHot 100. “Closer”, which Halsey also cowrote, notably topped charts in major music markets and won a number of accolades.

Halsey is noted for her distinctive singing voice. Her music focuses on her personal experiences and telling a story. Her awards and nominations include a Grammy nomination and four Billboard Music Awards. Outside of her career, Halsey has been involved in social activism, including suicide prevention awareness, and sexual assault victim advocacy.

Personal life and struggles

Since the beginning of Halsey’s career, she has been open about her struggles with bipolar disorder. According to Halsey, she was diagnosed with this mental disorder at the age of seventeen. When Halsey was seventeen she attempted to commit suicide, which is what led to her diagnosis and a seventeen day admission to a psychiatric hospital. It was not long after her suicide attempt that Halsey began having success in the music industry. She has stated that singing and performing has helped her manage the symptoms she experiences from having bipolar disorder. Despite the struggles Halsey has faced as a result of this mood disorder, she has said that she embraces being bipolar because it makes her “really empathetic”. In 2015, speaking of her success she stated “I’m just this fucked-up stoner kid who made it.”

As Halsey’s career has progressed, she has also been open about her struggles with endometriosis, a disorder that causes moderate to severe chronic pelvic pain and heavy, painful menstruation. Halsey accredits a miscarriage she experienced in 2015 to her endometriosis. Halsey revealed this information to the public when she appeared on the talk show The Doctors in April 2018. Only hours after Halsey realized she was having a miscarriage she went on stage to perform during a tour because she did not want to hurt her career by missing a performance. As a result of the miscarriage, Halsey plans on freezing some of her eggs. 

In 2018, Halsey spoke out about her endometriosis and the pain it causes at the Blossom Ball, which is run by the Endometriosis Foundation of America. At the Blossom Ball, she stated that, “Sometimes I’m bloated, I’m on an I.V., I’m sick, I’m on medicine, and I’m backstage, terrified that I’m going to bleed through my clothes in the middle of my show.” She told people who attended this event that she wanted to speak out because the media often portrays her as having perfect physical health despite her struggle with endometriosis. In January 2017, Halsey underwent surgery in an attempt to lessen the pain caused by the disorder. Halsey has not disclosed what type of surgery she underwent. 

Credits and personnel

Credits adapted from Tidal.

  • Halsey – vocals
  • Louis Bell – production, record engineering, programming
  • Serban Ghenea – mixing
  • John Hanes – mixing assistance
  • Chris Gehringer – mastering engineering

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪