【The Struts / Could Have Been Me】 和訳 Don’t Regret! Do What You Want! 好きにやりなはれ!

見て直ぐわかる人がいる。

「あー、この人、こんな感じが好きなんじゃないかなあ」とか

「こんな感じになりたいのかなぁ」って、秒で感じ取れちゃうタイプの人。

今日は、そんな素直な人の唄。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランドのダービーシャー、ダービィで結成されたロックバンド、The Struts ザ・ストラッツ (2009- )。

 

スポンサーリンク

VocalのLuke Spiller とGuitarの Adam Slack が出会ったことにより、バンドが開始。メンバーチェンジありつつ、2009年には現在のBass の Jed Elliottと、Drumの Gethin Daviesが加入し、現在の形になった。

本人達は、気づいているか分からないが、もう見ていてわかる!

どんなバンドに影響されて来たのか、どんなバンドが好きなのか?

彼らは真似はしてない。

いかにも真似してるだけってバンドいるでしょ?アレじゃないの。

既にオリジナルになってしまっている。

その上で彼らのルーツが理解できてしまうサウンドなのだから、面白いでしょう?

The Strutsがどんなバンドで、どの様な世界観を持つバンドなのか?

についてはLyraの和訳の後に又お話ししましょう!

今日のLyraの選曲はThe Strutsの1st Album『Everybody Wants』から、【Could Have Been Me】。

Sex,Drug,Rock’n’Rollまんまのパーティ三昧なミュージックビデオとは、裏腹に、歌詞は凄く真面目な唄ざんすよ!

( Click to amazon ↓ ↓) 1st Studio Album “Everybody Wants” ( Import album) クリックしてアマゾンへ↓↓

 

The Struts are an English rock band from Derby, Derbyshire, England.

The band consists of vocalist Luke Spiller, guitarist Adam Slack, bassist Jed Elliott, and drummer Gethin Davies. Formed in 2009, the original lineup was composed of Spiller, Slack, bassist Jamie Binns and drummer Rafe Thomas.

The band’s influences include Queen,

The Darkness , 

The Rolling Stones

Aerosmith, Def Leppard,

The Killers,  The Smiths,

Oasis,

The Libertines

The Strokese,  and My Chemical Romance.

The Struts have been described as “unabashedly over the top retro-fetishist classic rock” and “glamorous and dangerous”.

スポンサーリンク

=Could Have Been Me? =

[Verse 1]
Don’t wanna live as an untold story
Rather go out in a blaze of glory
I can’t hear you, I don’t fear you
I’ll live now cause the bad die last
Dodging bullets with your broken past
I can’t hear you, I don’t fear you now

[Refrain]
Wrapped in your regret
What a waste of blood and sweat
Oh oh oh

[Chorus]
I wanna taste love and pain
Wanna feel pride and shame
I don’t wanna take my time
Don’t wanna waste one line
I wanna live better days
Never look back and say
Could have been me
It could have been me
Yeah

 

[Verse 2]
Don’t wanna live as an unsung melody
I’d rather listen to the silence telling me
I can’t hear you, I won’t fear you
Don’t wanna wake up on a Monday morning
The thought of work is getting my skin crawling
I can’t fear you, I don’t hear you now

[Refrain]
Wrapped in your regret
What a waste of blood and sweat
Oh oh oh
[Chorus]
I wanna taste love and pain
Wanna feel pride and shame
I don’t wanna take my time
Don’t wanna waste one line
I wanna live better days
Never look back and say
Could have been me
It could have been me
Yeah
Hey
I wanna taste love and pain
Wanna feel pride and shame
Don’t wanna take my time
No
Don’t wanna waste one line
Hey Hey
Wanna live better days
Just better
Never look back and say
Could have been me
It could have been me
It could have been me
It could have been me
I wanna taste love and pain
Wanna feel pride and shame
I don’t wanna take my time
Don’t wanna waste one line
I wanna live better days
Never look back and say
Could have been me
It could have been me
It could have been me
It could have been me
Yeah
Hey
I wanna taste love and pain
Wanna feel pride and shame
Don’t wanna take my time
No
Don’t wanna waste one line
Hey Hey
Wanna live better days
Just better
Never look back and say
Could have been me

 

語られない物語みたいな生き方は、したくないぜ

むしろ輝く栄光へと出て行きたい

お前の戯言は俺には聞こえねェし、お前なんてちっとも怖くねェ

俺は今生きているんだ、だってさ、お前の挫折した過去の弾丸をひらりとかわした悪人だからだよ

お前の戯言は俺には聞こえねェし、お前なんてちっとも怖くねェ

 

お前の血と汗で出来てるゴミみたいな後悔を覆い隠しとけって

おー、おー、おー

 

俺は愛と痛みを味わい尽くしてぇ

俺は自尊心と羞恥心を感じてぇんだ

だからって手間は、かけたくねぇよ

廃棄ラインに乗っかるのはゴメンだ

より良い生活って奴を送りたいわけ

決して過去を振り返って言いたくねェんだ

あの時、こうしてれば

あの時、こうしてれば

ってな

 

俺は歌われないメロディみたいな生き方をしたくねェ

むしろ、俺に語りかけて来る沈黙に耳を傾ける方がマシさ

お前の戯言は俺には聞こえねェし、お前なんてちっとも怖くねェ

月曜の朝には起きたくねェ

作品への期待が肌の中を這い上がって行く

お前の戯言は俺には聞こえねェし、お前なんてちっとも怖くねェ

 

お前の血と汗で出来てるゴミみたいな後悔を覆い隠しとけよ

オー、オー、オー

スポンサーリンク

 

俺は愛と痛みを味わい尽くしてぇ

俺は自尊心と羞恥心を感じてぇんだ

だからって手間は、かけたくねぇよ

嫌だよ

廃棄ラインに乗っかるのはゴメンだ

より良い生活って奴を送りたいわけ

決して後ろを見るなよ、言ってみろよ

俺はやられてんのか?

俺はやられちまったのか?

マジか?

おいったら

 

 

俺は愛と痛みを味わい尽くしてぇ

俺は自尊心と羞恥心を感じてぇんだ

だからって手間は、かけたくねぇよ

廃棄ラインに乗っかるのはゴメンだ

ヘイ、ヘイ

より良い生活って奴を送りたいわけ

ただマシなら良いのさ

決して過去を振り返って、言いたくねェんだ

あの時、こうしていれば

あの時、こうしていれば俺は、

あの時、こうしていれば俺は、

あの時、こうしていれば俺は

 

俺は愛と痛みを味わい尽くしてぇ

俺は自尊心と羞恥心を感じてぇんだ

だからって手間は、かけたくねぇよ

廃棄ラインに乗っかるのはゴメンだ

より良い生活って奴を送りたいわけ

決して過去を振り返って言いたくねェんだよ

あの時、こうしていれば

あの時、こうしていれば俺は

あの時、こうしていれば俺は

あの時、こうしていれば俺は

ってね

 

おいったら、

俺は愛と痛みを味わい尽くしてぇ

俺は自尊心と羞恥心を感じてぇんだ

だからって手間は、かけたくねぇよ

嫌だよ

廃棄ラインに乗っかるのはゴメンだ

ヘイ、ヘイ

より良い生活って奴を送りたいわけ

ただマシなら良いのさ

決して過去を振り返って言いたくねェんだよ

あの時、こうしていればってね

 

Translator:Lyra Sky 和訳

このミュージックビデオ!

ロードに出ているロッカー達の乱痴気騒ぎの翌朝みたいで、ベタすぎて笑えちゃう。

今時こんな自堕落は、やらないんじゃないかしら。

グルーピーと一緒に目を覚まし、二日酔いの奴もいたりして、メンバーそれぞれが起きてホテルのロビーに集まり、車に乗って行く先は、ゲリラライブの場所。

ロンドンの街中と、Sex Pistolsや多くのミュージシャンが行って来た船上ライブをするThe Struts。

彼らがプレイする【Could Have Been Me】は、夢を追い続けている人間の叫びだ。

名もない人生を送るよりは、名声を手に入れたい、と叫び

歌われない歌を歌うよりは沈黙を聴いている方がマシ、と叫ぶのは、

若者がビッグな夢を語っているからだ。

夢を追い続けるというのは「歴史に名前を刻みたい」というのと同じ価値観だろう。

夢の大小の違いはあれど、人はやりたいことがあるならば、高い目標を掲げて突き進むべきだとLyraは考えていて夢多き人々を応援したい。

だが、世間とは冷たいもの。

大体は、親切心からやめた方が良い、というし、多くは辛辣な人々で「夢なんて」と馬鹿にするだろう。

だから、この歌詞の中で主人公は、「お前の戯言なんか聞こえねェ、お前なんか怖くね」と息巻く。

本当は他人の意見は聞こえているし、恐れてもいるのだ。

それが証拠に、「より良い人生を送りたいんだ」とサビで歌っていたのが、「昨日よりマシなら良いんだよ」と小さな日常の希望に変化しているでしょう?

だから、この曲【Could Have Been Me】は、多くの人々は、楽しいミュージックビデオで騙されちゃうだろうけれど、実際は、どデカイ夢を語りつつも、小さな幸せで良いから幸せになりた人間の叫びなのだ。

 

愛と痛み、

自尊心=プライドと羞恥心を味わいたい

と言うのは普通のこと。

どでかい事でもなんでもない。

ただ、生きていたいだけなんだよ。

生きているなら、素直に感じていきたい。

ただ、それだけの思いだ。

でも、その方がリアルじゃない?

誰でもそうでしょう

後悔して生きていきたくないもの。

ね?

スポンサーリンク

The Strutsを見ているとVocalが、チョイ出っ歯なせいかLyraは前にブログで和訳したQueen クィーンを思い出す。

歌い方も、手の広げ方もフレディ・マーキュリーを思い出してしまう。とてもポップな歌声だ。

顔はMy Chemical Romanceに似てない?

勿論、バンド全体のイメージは、Psychdelic つまり、おサイケだった時代のThe Rolling Stones  やAerosmithだし、

曲調は、盛り上がり方が The Darkness に近いし、

ギターの音は、Lyraが好きな前に和訳紹介したThe Killers や

The Strokesの様にソリッドで、カリカリしていて、

そして歌詞の感じは、すこしOasisみたいに強気でいる。

真似してるって言ってる訳ではない。

The Strutsは、マネ云々ではなく、既に自分達自身のサウンドになってしまっているのだ。

好きな物をタダ作品にしてるだけ。

ただそれだけだ。

 

( Click to amazon ↓↓) 1st Studio Album “Everybody Wants”[Japanese Version] 日本盤 : クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

自分達のサウンドを作り出しているだけ、、、The Strutsは。

その姿勢に揺るぎはない。

ただ、それが本当のRock 好きには分かってしまうだけ、、、

どんなロックが、どんなバンドが好きで生きて来たか、感じ取ってしまうだけだ、

それは、まるで素直な人間を見ている様だ。

無邪気に笑って、

率直に意見し、

真っ直ぐに楽しむ。

そんな素直な人間を、誰が嫌いになると言うのだろうか?

皆、魅了されてしまう。

The Strutsは、そんなバンドだ。

素直な人間のように、好きな音を出している、というストレートなバンドなのだ。

だから、歌詞が聞くものに刺さってくるのだ。

この【Could Have Been Me】は、The Struts の願望だろう。

そして、Bandの生き方でもあるのだ。

 

素直に感じていきたい、

後悔しないように生きたい。

 

それは、誰しもが望む生き方。

皆の望みを自分の事のように歌うバンドは、皆のハートを掴む。

きっとThe Strutsは、多くのロックファンのハートを掴むだろう。

一人一人のハートを掴んで行き、いずれ、世界中のハートを掴むに違いない。

ビッグバンドの出来上がりだ!

その時は、この【Could Have Been Me】の歌詞を思い出しちゃおう。

「やっぱり」

そう、貴方は、呟くだろう。

期待通りに成長した、Big ビッグになった The Strutsに、笑いながらそう、呟く日も近い。

スポンサーリンク

= The Struts =

 

Background information
Origin Derby, Derbyshire, England
Genres
  • Glam rock
  • alternative rock
  • hard rock
Years active 2009–present
Labels
  • Interscope
  • Polydor
  • Virgin
  • EMI
Website thestruts.com
Members
  • Luke Spiller
  • Adam Slack
  • Jed Elliott
  • Gethin Davies
Past members
  • Jamie Binns
  • Rafe Thomas

 

Formation and early years

Luke Spiller performing in 2012

Singer-songwriter Luke Spiller was raised in Bristol in a Christian family. His exposure to music was mainly limited to gospel music, until the age of seven, when he discovered Michael Jackson’s Off the Wall. Inspired by Jackson, his first aspirations were to be a contemporary dancer, but by the age of 11, he was listening to Led Zeppelin, Queen, AC/DC, and Leonard Cohen, and in addition to pretending to be Jackson in front of a mirror, he was imitating Bon Scott and Freddie Mercury. He began playing in bands as a teenager, only starting to sing at age 16.

In 2009, Spiller, then living in Clevedon, met Derby-based guitarist/songwriter Adam Slack, who had also been playing with bands since his teens. At the time, each of their bands were “coming apart,” and Slack and Spiller quickly connected musically. Spiller moved to Derby, where he and Slack lived, wrote, and recorded together for nearly three years. They recruited mutual friends Jamie Binns and Rafe Thomas to play bass and drums. In 2012, Binns and Thomas were replaced with bassist Jed Elliott and drummer Gethin Davies.

Co-founders Adam Slack (left) and Luke Spiller (right) performing at Rock im Park 2016

The band chose the name The Struts based on an offhand comment made at a rehearsal. Spiller said in a 2015 interview, “I was just moving around and somebody was like, ‘you strut around a lot.’ From then on, we knew we had a great name. We couldn’t believe it hadn’t been taken.”

The band played frequently throughout the UK. They soon developed a following, and released their first single “I Just Know” in June 2012. Signed by Future Records, they were transferred to Virgin EMI after Future’s demise and subsequently put out a four-track EP titled Kiss This.

The Struts toured extensively in England and France, and in 2014 performed for 80,000 people as the opener for The Rolling Stones in Paris. That summer, they did a 24-date tour, which included a gig at the Isle of Wight Festival. Spiller wore clothing designed for him by Zandra Rhodes, who formerly dressed Freddie Mercury. The production of Rhodes’ clothing for Spiller was later featured on the BBC documentary Oh You Pretty Things: The Story of Music and Fashion.

As The Struts reputation as a live band grew, their audience increased, and their shows were frequently sold-out. Spiller’s talent as a frontman was often noted by the press and reviews described him as “a force of nature” and as a “physical, mesmerising entertainer… vocally strong, expressive and blessed with excellent range”. Spiller’s looks and stage presence led Roger Goodgroves of Get To The Front to describe him as “the musical love child of Freddie Mercury and Mick Jagger”.

Mike Oldfield recruited Spiller to sing on his 2014 album Man on the Rocks. “He did a much better job of sounding like a rock star than me,” Oldfield said.

The Struts first television performance was on Vintage TV’s ‘Live Sessions,’ where they appeared alongside established acts including Toyah, Nik Kershaw and Judie Tzuke. The show was recorded in January 2014 at the Bedford in Balham and aired on 20 March.The band played two tracks, ‘Kiss This’ and ‘Could Have Been Me’.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪